KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.05.05

列車でポルトに到着したなら、まずその足で見ておきたいのはポルト旧市街の中心にあるサン・ベント(São Bento)駅である。1900年に建てられたというその駅舎はガイドブックにも載るほどポルトの見どころのひとつで、ここは鉄道好きとして見逃すわけにはいかぬ。

X59771.jpg

ポルト=サン・ベント駅 外観
2016.2.10/**

▲重厚感のあるポルト=サン・ベント駅の外観

外観は重厚感あふれるもので、それももちろん素晴らしいが、特に素晴らしいのは中の空間。壁面がアズレージョと呼ばれるポルトガル伝統のタイルで装飾された空間が広がっている。アズレージョはポルトガルではごく一般的に用いられている建築装飾で、ポルトガルの街を歩いていると小さなものから大きなものまで、簡単なものから豪華絢爛なものまで本当に多種多様なものを見かけることができるが、ここサン・ベント駅ほどの規模と風格を持ったアズレージョは数多くない。サン・ベント駅のアズレージョはジョルジュ・コラソという画家によって1930年に制作されたものだそうで、ポルトガルの歴史が描かれたものになっているんだとか。約2万枚ものタイルによる装飾はまさに圧巻で、ほかのヨーロッパの古い駅では感じられない独特の雰囲気を作り出している。

X59715.jpg

ポルト=サン・ベント駅 駅舎の内部の空間
2016.2.10/**

▲サン・ベント駅、駅舎の内部の空間
X59718.jpg

ポルト=サン・ベント駅 駅舎の内部の空間
2016.2.10/**

▲壁一面に装飾されたアズレージョのタイル

かつてはポルトの中心駅であったであろうその佇まいだが、アルファ・ペンドゥラールやインテル・シダーデスなどの長距離列車はこのサン・ベント駅ではなく、ひとつ隣のポルト=カンパニャン(Campanhã)駅を発着している。サン・ベント駅はルートとしてもポルトガルを南北に縦貫する本線上から外れたいわゆる盲腸線上の終端駅で、ポルトにおける鉄道の玄関口は既にカンパニャン駅に譲っているといった感じ。サン・ベント駅はというと現在はポルト都市圏を走る近郊列車のターミナルとなっていて、この駅を発着するのは主にSiemens製の電車である。ポルトメトロと接続していることもあってこの駅は通勤としての利用が多く、ラッシュ時には大量の通勤客が電車から吐き出されて、駅舎に流れてくる。古い駅舎がまだまだ現役であるという様子を垣間見ることができる。それにしてもこの空間を毎日利用できるなんてそんな贅沢なこともあるまい。うらましいのぅ。

ホームはヨーロッパの終端駅らしくいわゆるくし形の配置で、5面8線。ホームの終端側に駅舎があるという格好。ホームの先はすぐにトンネルとなっており、ポルトがいかに起伏の激しい地形かということがよくわかる。トンネルを抜ければまもなくカンパニャン駅で、この駅間の所要は約5〜6分といった程度。カンパニャン駅発着のアルファ・ペンドゥラールまたはインテル・シダーデスの乗車券ならばその乗車券でカンパニャン駅〜サン・ベント駅間の普通列車にも乗車可能なので、ぜひともこの駅を見学するだけではなく"利用"したいものだ。鉄道の旅に彩りを添えてくれることは間違いなし。

X59725.jpg

ポルト=サン・ベント駅 ホーム
2016.2.10/**

▲くし形のターミナルに列車が並んでいる
X59687.jpg

ポルトガル鉄道3400形電車
2016.2.10/Porto Campanhã

▲ポルト都市圏の近郊列車、Siemens製の3400形電車
X59968.jpg

ポルトガル鉄道3400形電車 車内の様子
2016.2.10/**

▲近郊列車の車内。2+2配置のクロスシートだが、広軌ということもあって横に広い

関連記事

ポルトガル周遊の記 6 - コインブラのトロリーバス

ポルトガルの中部の都市、コインブラをブラブラ・・・(ぉ ポルトガルの中部に位置する都市、コインブラ。丘の上にあるコインブラ大学を中心に発展し、ポルトガル中央部を代表する都市である。コインブラ大学...

ポルトガル周遊の記 6 - コインブラのトロリーバス
ポルトガル周遊の記 5 - 特急「インテル・シダーデス」

ポルトガルその5。再びポルトガル鉄道(CP)の話題に戻って、特急「インテル・シダーデス」(Intercidades)をば。インテル・シダーデスという名称だが、インテルはinterのポルトガル語...

ポルトガル周遊の記 5 - 特急「インテル・シダーデス」
ポルトガル周遊の記 4 - ポルト市電

ポルトガルその4はポルトを走る路面電車、ポルト市電をご紹介。ポルトもかつては市内を路面電車がくまなく走る都市だったようだが、やはりモータリゼーションの波を受けて路線バスへの置換えが進み...

ポルトガル周遊の記 4 - ポルト市電
ポルトガル周遊の記 3 - ポルトメトロのトラム・トレイン

ポルトガルその3はポルトの都市交通、ポルトメトロ(Metro de Porto)をば。ポルトメトロは2004年に開業したポルトの交通システムである。メトロという名前ではあるが、日本語でいう...

ポルトガル周遊の記 3 - ポルトメトロのトラム・トレイン
ポルトガル周遊の記 1 - 特急「アルファ・ペンドゥラール」

2月の上旬にポルトガルに行ってきましたよっ。周遊ってほどではないけれど、ポルトガルの首都リスボンから入ってポルト→コインブラ→リスボン→シントラ(ロカ岬)→リスボンという具合にポルトガル国内を...

ポルトガル周遊の記 1 - 特急「アルファ・ペンドゥラール」

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

海外の鉄道海外 駅施設