KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.05.27

ポルトガルその3はポルトの都市交通、ポルトメトロ(Metro de Porto)をば。

X59927.jpg

ポルトメトロ
2016.2.10/Jardim do Morro〜General Torres

▲一見すると路面電車のようなポルトメトロ。ボンバルディア製のユーロトラムという低床車両が使われている

ポルトメトロは2004年に開業したポルトの交通システムである。メトロという名前ではあるが、日本語でいうところの地下鉄というよりライトレールといったような感じ。ポルトの中心部のごくわずかな区間だけ地下を走るほかは、ほとんど地上を走る。各駅とも比較的簡素なつくりで改札は設けられておらず、地上区間では路面電車のようにして走る区間もあるので、車両も路面電車タイプの低床車両(LRV)が使用されている。ポルトはポルトガル第2の都市ともいえど人口は26万程度でさほど大きくないので、フル規格の地下鉄のようなガッチリとしたものではなく、都市の規模に見合った交通システムと言える。

ポルトメトロで興味深いのは、隣接の都市まで直通している点。都市としてのポルトだけではなく、ポルト都市圏の交通システムとして機能している。こういったメトロと言えば、都市内で完結した路線網となっている場合が多いが、ポルトメトロはポルト都市圏の都市間輸送としての役割も果たしているというわけ。運行系統はA〜Eの5つだが、特にB系統はポルトから30km先のポボア・デ・バルジン(Póvoa de Varzim)という都市まで比較的長い距離を走る。都市間の郊外部で専用軌道による高速運転を行なうことから、通常の路面電車タイプの車両に加えてトラム・トラインという路面電車と通常の鉄道車両を足して割ったようなものが使用されており、車両としても輸送形態に合わせたものが採用されているのも面白い。

X60105.jpg

ポルトメトロ
2016.2.11/Casa da Música

▲ボンバルディア製のFlexity Swiftというシリーズのトラム・トレイン。確かにちょっと速そう
X59913.jpg

ポルトメトロ2016.2.10/São Bento〜Jardim do Morro

▲ドウロ川に架かるドン・ルイス1世橋を行くポルトメトロ

ポルトメトロのハイライトは、何と言ってもドン・ルイス1世橋であろう。1886年に完成したドン・ルイス1世橋はドウロ川沿いの傾斜地に広がる旧市街とともにポルトの風景を作り出しており、今やポルトを象徴する橋である。ドン・ルイス1世橋はアーチのたもとにも桁の架かる2層の橋となっているが、その上層部をポルトメトロが走っている。もともとは自動車用だったものをポルトメトロの軌道に転用1)したとのこと。公共交通であるポルトメトロをポルトの象徴であるドン・ルイス1世橋に通すという意味はとても大きいように思われる。ドン・ルイス1世橋とともに写るポルトの風景にはポルトメトロも走っており、古い街並みの中にある新しい動脈としてポルトメトロが写る。ちなみに軌道が走る上層部は歩行者用通路にもなっており、歩行者と公共交通が共存するトランジットモール的な空間になっている。ドン・ルイス1世橋から見るポルトの街並みは絶景なので、高所恐怖症でなければ最高のお散歩コースになることは間違いない。

X60093.jpg

ポルトメトロ カサ・デ・ムジカ駅
2016.2.11/**

▲天井からの採光が特徴的なカサ・デ・ムジカ駅のホーム。低床車両のため線路との距離が近い
X60096.jpg

ポルトメトロ 案内板
2016.2.11/**

▲情報がコンパクトにまとめられた駅の案内板
  • 1)道路交通は少し上流に新しく架けた橋で迂回するようにしている。

関連記事

ポルトガル周遊の記 6 - コインブラのトロリーバス

ポルトガルの中部の都市、コインブラをブラブラ・・・(ぉ ポルトガルの中部に位置する都市、コインブラ。丘の上にあるコインブラ大学を中心に発展し、ポルトガル中央部を代表する都市である。コインブラ大学...

ポルトガル周遊の記 6 - コインブラのトロリーバス
ポルトガル周遊の記 5 - 特急「インテル・シダーデス」

ポルトガルその5。再びポルトガル鉄道(CP)の話題に戻って、特急「インテル・シダーデス」(Intercidades)をば。インテル・シダーデスという名称だが、インテルはinterのポルトガル語...

ポルトガル周遊の記 5 - 特急「インテル・シダーデス」
ポルトガル周遊の記 4 - ポルト市電

ポルトガルその4はポルトを走る路面電車、ポルト市電をご紹介。ポルトもかつては市内を路面電車がくまなく走る都市だったようだが、やはりモータリゼーションの波を受けて路線バスへの置換えが進み...

ポルトガル周遊の記 4 - ポルト市電
ポルトガル周遊の記 2 - ポルト=サン・ベント駅

列車でポルトに到着したなら、まずその足で見ておきたいのはポルト旧市街の中心にあるサン・ベント(São Bento)駅である。1900年に建てられたというその駅舎はガイドブックにも載るほどポルトの...

ポルトガル周遊の記 2 - ポルト=サン・ベント駅
ポルトガル周遊の記 1 - 特急「アルファ・ペンドゥラール」

2月の上旬にポルトガルに行ってきましたよっ。周遊ってほどではないけれど、ポルトガルの首都リスボンから入ってポルト→コインブラ→リスボン→シントラ(ロカ岬)→リスボンという具合にポルトガル国内を...

ポルトガル周遊の記 1 - 特急「アルファ・ペンドゥラール」

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

海外の鉄道海外