KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.06.23

京急新1000形1800番台、運用範囲を拡大中。

D26978.jpg

京急新1000形 1801編成
2016.6.25/新鎌ヶ谷

▲アクセス特急として京成成田スカイアクセス線を走る京急新1000形1800番台
X61735.jpg

京急新1000形 1801編成
2016.6.19/小室〜千葉ニュータウン中央

▲千葉ニュータウン区間を快走する

3月上旬に営業運転を開始した京急新1000形1800番台だが、6月中旬よりいよいよ都営浅草線や京成線、北総線への直通運転に入っている。営業運転開始以来4両編成として動いていた1801編成と1805編成は、5月末よりデハ1804+デハ1805の連結部分に貫通幌を取り付けて8両編成の扱いとして運転を開始、同月27日には8両貫通編成でないと入線できない泉岳寺に初入線を果たした。

しばらく泉岳寺までの運転が続いた後、6月16日には67H運行に充当して京成線の高砂まで直通し、都営浅草線と京成線に初入線。同19日には77H運行に充当して成田スカイアクセス線経由で成田空港まで入った。さらに21日には33H運行で北総線への運用にも初充当して印西牧の原まで1往復、28日には2015年12月ダイヤ改正で復活した京急車の京成本線直通運用81H運行に入り、京成本線の宗吾参道まで、加えて都営浅草線の西馬込まで走った。

D26993.jpg

京急新1000形 1801編成
2016.6.28/ユーカリが丘〜うすい

▲28日には京成本線に直通する81H運行にも充当

新1000形1800番台は貫通形の新1000形ということで、これまでの新1000形とは乗務員室内の構成が明らかに異なっているが、特に教習用として貸し出されることもなくぶっつけ本番での直通開始となった。もっとも、ステンレス車の直通開始の時もいきなり乗り入れてきたので、見た目は変わってもやはり所詮は新1000形ということなのだろうと思われる。

アクセス運用や京成本線直通の運用にも充当してきていることから、8両編成の時の扱いは京成線内の停車駅予報装置を装備している600形および新1000形1121編成以降に準じているものとみられる。京成線方面はいかんせんここ十数年3000形とそのなかまたちばかりが増えている状態なので、新1000形の亜種とはいえ新顔の車両が入ってくるのはウレシイところだ。

関連記事

京急新1000形 16次車マイナーチェンジ車両

京急電鉄では2002年より新1000形を導入しているが、このほど仕様を一部変更したマイナーチェンジ車両が2016年11月より走っている。この新1000形マイナーチェンジ車両について、特徴などを...

京急新1000形 16次車マイナーチェンジ車両
京急新1000形1800番台 登場

京急電鉄では2002年より新1000形を導入しているが、このほど車両デザインを一部変更した1800番台が登場した。3月4日より4両編成2本が営業運転に入っている。1800番台の最大の特徴は貫通形...

京急新1000形1800番台 登場
京急新1000形「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」登場

京急線に「幸せの黄色い電車」が現る。京急電鉄では、5月1日より新1000形1065編成を黄色に塗装した「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」の運行を開始した。同社の発表によれば...

京急新1000形「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」登場
京急新1000形6両編成 登場

京急では2002年より新1000形を導入しているが、このほど新1000形としては初めてとなる6両編成が登場した。1301編成が4月25日より、1307編成が5月2日より運用に入っている。京急に...

京急新1000形6両編成 登場
京急新1000形1073編成 直通運用へ

ついにこの日がやってきた?! ・・・と言っていいのかはよく分からないが、昨年度末の営業運転開始以来長らく線内のみの運用で大事に(?)扱われてきた京急新1000形ステンレス車、1073編成が本日は...

京急新1000形1073編成 直通運用へ

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京急タグはありません