KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.07.10

ポルトガルその5。再びポルトガル鉄道(CP)の話題に戻って、特急「インテル・シダーデス」(Intercidades)をば。

X60599.jpg

ポルトガル鉄道5600形電気機関車+客車4両
2016.2.13/Lisboa-Oriente

▲Siemens製の5600形電気機関車が牽引する特急「インテル・シダーデス」。ポルトガル鉄道の客車はステンレス製なのが印象的
X60572.jpg

ポルトガル鉄道2240形電車
2016.2.13/Lisboa-Oriente

▲電車タイプのインテル・シダーデスも走る。2240形電車が使われるが、都市間快速列車用からの改造車ということであまり評判は良くないらしい

インテル・シダーデス、インテルはinterのポルトガル語読み、cidadesは同じくポルトガル語でcityという意味なので、要するにポルトガルのインターシティ(IC)である。アルファ・ペンドゥラール(Alfa Pendular)と同じくリスボン〜ポルト間を中心に走る特急列車だが、停車駅がアルファ・ペンドゥラールより多いほか、速度もアルファ・ペンドゥラールの最高速度220km/hほどは出せないので、アルファ・ペンドゥラールを"特急"とするならインテル・シダーデスは"準特急"といった感じ1)。アルファ・ペンドゥラールの走らない支線区間に列車の設定があるのも特徴で、オーストリア鉄道のrailjetに対するICのように、インテル・シダーデスはアルファ・ペンドゥラールを補完する役割を果たしていると言える。

リスボン→ポルトの移動ではアルファ・ペンドゥラールに乗ったので、インテル・シダーデスにも乗ってみようということになった。途中、コインブラという街に寄り道をしてリスボンへ戻るという行程である。リスボン〜ポルト間を走るインテル・シダーデスはいわゆる客車列車となっており、電気機関車が客車を引っ張って走るといういかにもインターシティらしい列車の組成。客車列車は2013年にバルセロナに行った時も翌2014年にバンコクに行った時も乗り逃してるので、ようやく乗ることができた。電車タイプの車両を使用したインテル・シダーデスも走っているようで、それに当たったら嫌だなと思っていたが、電車タイプのものは主に支線方面で使われているとのこと。

客車列車のインテル・シダーデスは概ね機関車+客車4両ないし6両という編成となっており、編成中の1両は必ず1等車、もう1両は1等車とビュッフェの合造車が連結されるという車両の構成。その他は2等車である。バカンスシーズンなどは混雑緩和のため増結することもあるようだ。インターシティのような特急列車だと客室はコンパートメントを想像するが、インテル・シダーデスの客車はアルファ・ペンドゥラールと同じく集団見合式で2+2で4列の座席が並んでいる。(1等車は1+2の3列)。

X60272.jpg

特急「インテル・シダーデス」 客車内の様子
2016.2.11/**

▲客室内の様子。ポルトガル鉄道のコーポレートカラーである緑色にまとめられている
P13510.jpg

ポルトガル鉄道 乗車券

▲チケットはレシートのようなものが発券される

さて、せっかく乗ることができた客車列車のインテル・シダーデスだが、乗った時間帯があまりよくなかった。スケジュールの都合で夜間の乗車だったのだが、どうも窓ガラスが透過率の低い極悪フルスモーク仕様のようで、外の景色が全く見えん! 外の風景を見ようにも窓ガラスには自分の汚い顔が反射して写るのみ。こんなとこまで来てそんなもん見たくないんじゃああ〜〜。日本とは段違いに都市と農村がはっきり分かれているポルトガルで夜の車窓を楽しもうという方が無茶と言われればそうなのだが、夜にだって客車の規則正しいジョイント音が響く中にときどき小さな明かりが窓の外を流れ行くという旅情がそれなりにあるわけで・・・。ということでせっかく客車列車に乗れたのはいいが、おかげさまでだいぶ退屈な移動となってしまった。

  • 1)時刻表等では、アルファ・ペンドゥラールは「AP」、インテル・シダーデスは「IC」と案内される。

関連記事

ポルトガル周遊の記 6 - コインブラのトロリーバス

ポルトガルの中部の都市、コインブラをブラブラ・・・(ぉ ポルトガルの中部に位置する都市、コインブラ。丘の上にあるコインブラ大学を中心に発展し、ポルトガル中央部を代表する都市である。コインブラ大学...

ポルトガル周遊の記 6 - コインブラのトロリーバス
ポルトガル周遊の記 4 - ポルト市電

ポルトガルその4はポルトを走る路面電車、ポルト市電をご紹介。ポルトもかつては市内を路面電車がくまなく走る都市だったようだが、やはりモータリゼーションの波を受けて路線バスへの置換えが進み...

ポルトガル周遊の記 4 - ポルト市電
ポルトガル周遊の記 3 - ポルトメトロのトラム・トレイン

ポルトガルその3はポルトの都市交通、ポルトメトロ(Metro de Porto)をば。ポルトメトロは2004年に開業したポルトの交通システムである。メトロという名前ではあるが、日本語でいう...

ポルトガル周遊の記 3 - ポルトメトロのトラム・トレイン
ポルトガル周遊の記 2 - ポルト=サン・ベント駅

列車でポルトに到着したなら、まずその足で見ておきたいのはポルト旧市街の中心にあるサン・ベント(São Bento)駅である。1900年に建てられたというその駅舎はガイドブックにも載るほどポルトの...

ポルトガル周遊の記 2 - ポルト=サン・ベント駅
ポルトガル周遊の記 1 - 特急「アルファ・ペンドゥラール」

2月の上旬にポルトガルに行ってきましたよっ。周遊ってほどではないけれど、ポルトガルの首都リスボンから入ってポルト→コインブラ→リスボン→シントラ(ロカ岬)→リスボンという具合にポルトガル国内を...

ポルトガル周遊の記 1 - 特急「アルファ・ペンドゥラール」

海外の鉄道海外 電気機関車