KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.08.02

ポルトガルの中部の都市、コインブラをブラブラ・・・(ぉ

X60137.jpg

SMTUC 55号車
2016.2.11/**

▲コインブラの街を走るトロリーバス

ポルトガルの中部に位置する都市、コインブラ。丘の上にあるコインブラ大学を中心に発展し、ポルトガル中央部を代表する都市である。コインブラ大学は1290年に設立されたというヨーロッパでは有数の古い歴史を持つ大学で、その建築群は世界遺産にも登録されているほどのもの。それにしてもリスボンといいポルトといい、丘の上に都市を築いてしまうのがポルトガル人の性なんだろうか。ジブリ映画『魔女の宅急便』で描かれたような坂の多い街は傍から見るとすごく魅力的に映るが、実際に歩いてみたりするとすごくキツいぞこれ・・・。こういうところで生活するのは大変なんじゃないかと思う。

さて、そんなコインブラの街をふらふらしているとトロリーバスに遭遇。トロリーバスっていうと何となく東欧の乗り物っていうイメージがあったので少し驚いたのだが、後ほど調べてみると西欧のほうでもフツーに走っているみたいなので、これは私の勝手な思い込みだったようだ。トロリーバスは現在2路線(4番、103番)ほど営業運転を行なっており、一般の路線バスに紛れるようにして走っている。

コインブラ市内のバス事業はトロリーバスを含めてSMTUCという市営の事業体によって運営されている。市内にはかつては路面電車も走っていたそうで、トロリーバスは1940年代に路面電車の置換えとして走り始めたものとのこと。そのトロリーバスも路線縮小がなされていく中で、たまたま現在まで生き残ったのが4番と103番の路線ということらしい。

X60245.jpg

SMTUC 53号車
2016.2.11/**

▲Caetanoというポルトガルのメーカーの車両が使われるコインブラのトロリーバス。車両は一般の路線バスと比べてちょっと小ぶりなサイズ

トロリーバスの2路線はいずれの路線もコインブラ駅を発着している。103番の方は駅から丘の上の大学正門前まで連れて行ってくれるので、コインブラを観光するにはちょうどいい路線となっている。トロリーバスは日本じゃめったに乗れないので、こういうところでそういうチャンスに巡りあうのは嬉しいところだ。実際に乗ってみたが、旧市街の狭隘な道路に入って行ったり16世紀に建造された水道橋の下を通ったりして、けっこう面白かった。

車両はCaetanoというポルトガルのメーカーのものが使われている。1984年または1986年製ということで見た目も少し古臭いのだが、まだまだ現役である。1台だけポーランドSolaris製の新型車両が走っているそうだが、残念ながら見かけることができなかった。

◆ ◆ ◆

このほか、一般の路線バスも合わせて掲載しておこう。ポルトガル中央部の主要都市ではあるものの、バスのラインナップは首都リスボンや第2の都市ポルトと比較すると少し古め。少し小さな街に行くと古いバス率が高くなるのは、日本の状況とあまりかわらずという印象である。

X60236.jpg

SMTUC 211号車
2016.2.11/**

▲ちょっと古めのVOLVO製バス。ボディはどこかのコーチビルダーのものと思われるが詳細わからず
X60247.jpg

SMTUC 214号車
2016.2.11/**

▲同じVOLVO製でもこちらはバリアフリー対応のノンステップ車両
X60250.jpg

SMTUC 258号車
2016.2.11/**

▲Mercedes Benz製のCitaroも走る

関連記事

ポルトガル周遊の記 7 - リスボン=オリエンテ駅

ポルトからコインブラと回って、いったんリスボンへ帰還。以前の記事でポルト=サン・ベント駅を取り上げたが、今回はリスボンを代表してリスボン=オリエンテ駅を紹介しよう。オリエンテ駅は比較的新しい駅で...

ポルトガル周遊の記 7 - リスボン=オリエンテ駅
ポルトガル周遊の記 5 - 特急「インテル・シダーデス」

ポルトガルその5。再びポルトガル鉄道(CP)の話題に戻って、特急「インテル・シダーデス」(Intercidades)をば。インテル・シダーデスという名称だが、インテルはinterのポルトガル語...

ポルトガル周遊の記 5 - 特急「インテル・シダーデス」
ポルトガル周遊の記 4 - ポルト市電

ポルトガルその4はポルトを走る路面電車、ポルト市電をご紹介。ポルトもかつては市内を路面電車がくまなく走る都市だったようだが、やはりモータリゼーションの波を受けて路線バスへの置換えが進み...

ポルトガル周遊の記 4 - ポルト市電
ポルトガル周遊の記 3 - ポルトメトロのトラム・トレイン

ポルトガルその3はポルトの都市交通、ポルトメトロ(Metro de Porto)をば。ポルトメトロは2004年に開業したポルトの交通システムである。メトロという名前ではあるが、日本語でいう...

ポルトガル周遊の記 3 - ポルトメトロのトラム・トレイン
ポルトガル周遊の記 2 - ポルト=サン・ベント駅

列車でポルトに到着したなら、まずその足で見ておきたいのはポルト旧市街の中心にあるサン・ベント(São Bento)駅である。1900年に建てられたというその駅舎はガイドブックにも載るほどポルトの...

ポルトガル周遊の記 2 - ポルト=サン・ベント駅

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

海外のバストロリーバス 海外