KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.08.26

ポルトからコインブラと回って、いったんリスボンへ帰還。以前の記事でポルト=サン・ベント駅を取り上げたが、今回はリスボンを代表してリスボン=オリエンテ駅を紹介しよう。

X60622.jpg

リスボン=オリエンテ駅 外観
2016.2.13/**

▲ダイナミックなデザインのリスボン=オリエンテ駅

オリエンテ駅は比較的新しい駅で、開業は1998年。同年に開催されたリスボン万博に合わせて開業した駅だが、リスボンにおける鉄道の新しい玄関口としてつくられた駅となっているようで、リスボンに乗入れる全ての特急列車が停車、市内中心部や空港へ向かう地下鉄も接続するほかバスターミナルも併設しており、オリエンテ駅はリスボンの一大交通ターミナルを形成している。将来的には隣国スペインからの高速鉄道がオリエンテ駅に乗入れるようになるんだとかで、現在はやや閑散として少し持て余し気味な4面8線の広い駅構内も、高速鉄道が発着するようになればよりターミナル駅らしいにぎわいを見せることになろう。

もとよりリスボンの新しいターミナル駅としてつくられたこともあって、駅舎のデザインには相当の力が入っており、駅そのものにシンボル性を持たせた設計となっている。何と言ってもまず目に入るのは軽やかなデザインのホーム上屋。駅の設計は構造家のサンティアゴ・カラトラバで、氏の得意とする構造の美しさと繊細なデザインが融合したホーム上屋は間違いなくこの駅のシンボルとなっている。一方、ホームの下のコンコースはダイナミックなデザインの高架橋に覆われており、マッシブなコンクリートがむき出しの空間はホームのそれとは実に対照的。駅全体を植物に例えるならば、それはまるで土の中にしっかりと張っている根のようである。利用者がコンコースからホームに上がるという行動が、いわば土の中から芽生える植物というストーリーとなっているわけだ。

X60618.jpg

リスボン=オリエンテ駅 ホーム
2016.2.13/**

▲上屋のデザインが美しいオリエンテ駅のホーム。ガラスブロックが多用されているのも特徴的
X60655.jpg

リスボン=オリエンテ駅 コンコース
2016.2.13/**

▲ホームとは対照的なコンコースの大空間
X60607.jpg

リスボン=オリエンテ駅 コンコース
2016.2.13/**

▲高架橋を支えるコンクリートの隙間を通路が巡っている

◆ ◆ ◆

たまたま夜のオリエンテ駅も訪れたが、ナトリウムランプでやわらかく照らされた空間にうっとり。特徴的なホーム上屋を強調するかのようなライティングが美しい。建築と言えば昼間に見に行くことが多いけれども、こういった夜の建築もまた乙なものである。

X60524.jpg

リスボン=オリエンテ駅 ホーム
2016.2.12/**

▲夜のリスボン=オリエンテ駅。ナトリウムランプによるライティングが美しい

関連記事

ポルトガル周遊の記 8 - リスボン首都圏の近郊列車

せっかくポルトガルまで来たのだから、ヨーロッパ大陸最西端のロカ岬にレッツラゴ〜〜(死語) ってなわけで、ヨーロッパ大陸最西端のロカ岬へ。ヨーロッパ大陸最西端っていうと果てしなく壮大なイメージだが...

ポルトガル周遊の記 8 - リスボン首都圏の近郊列車
ポルトガル周遊の記 6 - コインブラのトロリーバス

ポルトガルの中部の都市、コインブラをブラブラ・・・(ぉ ポルトガルの中部に位置する都市、コインブラ。丘の上にあるコインブラ大学を中心に発展し、ポルトガル中央部を代表する都市である。コインブラ大学...

ポルトガル周遊の記 6 - コインブラのトロリーバス
ポルトガル周遊の記 5 - 特急「インテル・シダーデス」

ポルトガルその5。再びポルトガル鉄道(CP)の話題に戻って、特急「インテル・シダーデス」(Intercidades)をば。インテル・シダーデスという名称だが、インテルはinterのポルトガル語...

ポルトガル周遊の記 5 - 特急「インテル・シダーデス」
ポルトガル周遊の記 4 - ポルト市電

ポルトガルその4はポルトを走る路面電車、ポルト市電をご紹介。ポルトもかつては市内を路面電車がくまなく走る都市だったようだが、やはりモータリゼーションの波を受けて路線バスへの置換えが進み...

ポルトガル周遊の記 4 - ポルト市電
ポルトガル周遊の記 3 - ポルトメトロのトラム・トレイン

ポルトガルその3はポルトの都市交通、ポルトメトロ(Metro de Porto)をば。ポルトメトロは2004年に開業したポルトの交通システムである。メトロという名前ではあるが、日本語でいう...

ポルトガル周遊の記 3 - ポルトメトロのトラム・トレイン

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

海外の鉄道駅施設