KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.08.31

1953年2月に廃止となった京成線の寛永寺坂駅。その駅舎が63年の時を経ていよいよ解体へ・・・。

X62031.jpg

京成線 寛永寺駅舎
2016.8.18/**

▲京成線の寛永寺駅舎、解体直前の姿

寛永寺坂駅はかつて博物館動物園1)〜日暮里にあった駅である。1933年12月の上野〜日暮里間開通に伴い開業した駅で、第二次世界大戦に伴う休止期間がありながら1947年8月まで営業を行なっていた。上野から日暮里へ向かうトンネルの出口付近に少しだけ空間が広くなっているところがあるが、そこが寛永寺坂駅のホーム跡である。地上にあった駅舎は駅の廃止の後、比較的すぐに倉庫会社に貸し出されていたようで、これが駅の廃止から63年経った今でも当時の駅舎が残るという奇特な運命を作り出すこととなった。毎日新聞が2月に行なった取材2)によれば、駅舎は内外ともに駅として営業していた当時の姿をよく残しているという。そんな寛永寺坂の駅舎だが、2015年末に倉庫会社が撤退したことをきっかけに、このたび取り壊されることとなった。

ってなわけで、解体の報を耳にしてご様子伺い。なかなか都合が合わなくてようやく見に行けたのはまさに解体工事の開始日の8月18日、どうかなと思ったけれども、何とか間に合って現存している旧寛永寺駅舎の最後の姿をこの目で見ることができた。当日の天気は大荒れ、涙雨・・・というにはちょっと激しすぎる天気の中、写真を何枚か撮って最後の姿を記録。次にここへ来るときはもうその姿を見られないだろうという名残惜しさを振りきって、私はその場を後にしたのだった。

関連記事

京成押上線 八広駅のパタパタ発車標

2016年現在、京成線で唯一使われている八広駅の反転フラップ式発車標。2001年9月の3番線ホーム使用開始に合わせて設置されたものだが、パタパタと小気味良い音を立てながら表示がめまぐるしく...

京成押上線 八広駅のパタパタ発車標
京成押上線 曳舟駅付近の高架化完成

祝・曳舟駅付近の高架化完成! 京成電鉄と東京都、墨田区で進められている京成押上線押上〜八広間の連続立体交差化工事において、8月22日より下り高架線の使用が開始された。これにより、2013年8月に...

京成押上線 曳舟駅付近の高架化完成
京成線の成田空港第3ターミナル対応

4月8日、成田国際空港において格安航空会社(LCC)専用の第3ターミナルが新しく開業した。これに伴い、同空港への輸送を担う京成電鉄では新ターミナル開業に対する各種案内類への対応を実施している...

京成線の成田空港第3ターミナル対応
京成線の駅名標、続々と更新される

京成線における駅名標を含めた新デザインの案内サインは、2013年8月の上り線高架化で新駅となった曳舟(上りホームのみ)が、同9月に駅のリニューアルに合わせて八幡が新デザインのものとなって以来...

京成線の駅名標、続々と更新される
京成押上線 曳舟駅付近の上り線高架化

祝・曳舟駅上り線高架化! 京成電鉄と東京都、墨田区で進められている京成押上線押上〜八広間の連続立体交差化工事において、8月24日より上り高架線の使用が開始された。高架化区間に存在する曳舟駅も...

京成押上線 曳舟駅付近の上り線高架化

京成駅施設