KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.09.21

せっかくポルトガルまで来たのだから、ヨーロッパ大陸最西端のロカ岬にレッツラゴ〜〜(死語)

X60589.jpg

ポルトガル鉄道 2300形電車
2016.2.13/Lisboa-Oriente

▲リスボン首都圏の近郊列車で主力として走る2300形・2400形電車

ってなわけで、ヨーロッパ大陸最西端のロカ岬へ。ヨーロッパ大陸最西端っていうと果てしなく壮大なイメージだが、リスボンから電車とバスを乗り継いで約1時間半といったところにあるお手軽観光地。単純に行って帰ってくるだけならば半日コースといったところで、リスボンの観光に飽きてちょっと遠出したいな〜ってときにちょうどいいところだと思う。リスボンからロカ岬への行き方は大きく2通り。ロカ岬へ向かう路線バスがシントラ〜ロカ岬〜カスカイスというふうに走っているので、リスボンからまずシントラに向かうかカスカイスに向かうか、である。シントラとカスカイスはそれぞれシントラ線、カスカイス線というポルトガル鉄道の路線の終点なので、どっちのルートで向かっても分かりやすい。

シントラあるいはカスカイスまで乗るのは、ポルトガル鉄道がリスボン首都圏で運行している近郊列車である。リスボン首都圏の近郊列車はリスボンとその周辺都市をネットワークしており、2016年現在7つの系統が走っている1)。行先にはSを冠する系統番号も表示されており、さしずめS-bahnのポルトガル版といったところ。運行頻度は運行系統によりけりだが、12分間隔から30分間隔となっている。シントラへ向かう系統はリスボン=ロシオ発S4系統とリスボン=オリエンテ発S3系統の2つがあるが、前者は30分間隔、後者は20分間隔である。カスカイスへ向かうカスカイス線は日中時間帯20分間隔、ラッシュ時間帯12分間隔2)。早朝と深夜に出入庫のための区間列車がごくわずかにあるほかはどの運行系統も規則正しく走っており、ここらへんは日本の鉄道よりもキッチリカッチリしているように感じる。

リスボン首都圏の近郊列車で主力となっているのは、2300形・2400形電車。1992年から使われている、片側3扉の通勤形車両である。4両編成が1ユニットとなっており、4両編成単独または4両編成を2本つなげた8両編成で運用されている。制御装置等の電装品はドイツSiemens製のようだった。それにしても扉は両開きの引戸だし、コルゲートを腰に巻いたステンレス製の車体はどことなく日本の鉄道車両にそっくり。台湾を走っている日本製の通勤形車両よりも似ている。クーラーがやけに小さいことやパンタグラフの形が違うなどの差異はあるものの、親近感が湧いてくる。それで気づいたが、ポルトガル鉄道は他のヨーロッパの鉄道よりもホームの高さが少し高いようで、それが車体の規格に大きく影響を与えているのだろう。

X60591.jpg

ポルトガル鉄道 2300形電車
2016.2.13/Lisboa-Oriente

▲2300形・2400形の中間車両、クーラーがやや小ぶりではあるものの3扉のステンレス製車体には日本の鉄道車両を感じずにはいられない。パンタグラフは新京成8900形のようなY字型のシングルアーム式
X60577.jpg

ポルトガル鉄道 2300形電車
2016.2.13/Lisboa-Oriente

▲先頭車両どうしの連結部分。連結器は電連付きの密着連結器を使用しているようであった。運転席横に安全確認のためのサイドミラーが付いているのが特徴的
X59434.jpg

ポルトガル鉄道 3150形・3250形電車
2016.2.9/Belém〜Algés

▲カスカイス線を走る3150形・3250形電車
X59448.jpg

ポルトガル鉄道 3150形・3250形電車
2016.2.9/Lisboa-Cais do Sodré

▲リスボン=カイス・ド・ソドレ駅に集う3150形・3250形電車。カスカイス線はラッシュ時間帯と日中時間帯とで列車本数に極端な差があるため、このような光景が見られる

なおカスカイス線だけは、同線が他の運行系統と接しない独立した線区3)であるためか、3150形・3250形という写真のような少し古っぽい車両が使われている。3両編成のユニットと4両編成のユニットをつないだ7両編成で走っているようだった。このほか、JR東日本215系のようなダブルデッカーの電車も見かけたが、ちらっと見えただけなので詳細はよくわからず。

  • 1)これに加えて、4月25日橋を経由してリスボンとセトゥバルを結ぶ路線をFertagusというオープンアクセスオペレーター(日本でいうと第2種鉄道事業者に相当する民間の鉄道事業者)が走らせている。
  • 2)カスカイス線のラッシュ時間帯は、途中のオエイラスまでの区間各停と終点カスカイスまで区間快速の2系統がそれぞれ12分間隔で走る。
  • 3)車両の検査工場への出入場のため、線路だけは非電化でつながっている。

関連記事

ポルトガル周遊の記 9 - リスボン首都圏の近郊列車に乗る

ってなわけで、ヨーロッパ大陸最西端のロカ岬にレッツラゴ〜〜(死語) 前回の記事でご紹介したように、ロカ岬への行き方は2通り。ロカ岬へ向かう路線バスの都合上、シントラを経由するかカスカイスを...

ポルトガル周遊の記 9 - リスボン首都圏の近郊列車に乗る
ポルトガル周遊の記 7 - リスボン=オリエンテ駅

ポルトからコインブラと回って、いったんリスボンへ帰還。以前の記事でポルト=サン・ベント駅を取り上げたが、今回はリスボンを代表してリスボン=オリエンテ駅を紹介しよう。オリエンテ駅は比較的新しい駅で...

ポルトガル周遊の記 7 - リスボン=オリエンテ駅
ポルトガル周遊の記 6 - コインブラのトロリーバス

ポルトガルの中部の都市、コインブラをブラブラ・・・(ぉ ポルトガルの中部に位置する都市、コインブラ。丘の上にあるコインブラ大学を中心に発展し、ポルトガル中央部を代表する都市である。コインブラ大学...

ポルトガル周遊の記 6 - コインブラのトロリーバス
ポルトガル周遊の記 5 - 特急「インテル・シダーデス」

ポルトガルその5。再びポルトガル鉄道(CP)の話題に戻って、特急「インテル・シダーデス」(Intercidades)をば。インテル・シダーデスという名称だが、インテルはinterのポルトガル語...

ポルトガル周遊の記 5 - 特急「インテル・シダーデス」
ポルトガル周遊の記 4 - ポルト市電

ポルトガルその4はポルトを走る路面電車、ポルト市電をご紹介。ポルトもかつては市内を路面電車がくまなく走る都市だったようだが、やはりモータリゼーションの波を受けて路線バスへの置換えが進み...

ポルトガル周遊の記 4 - ポルト市電

最新記事

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更
2021年 四直界隈10大ニュース

2021年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2021年四直界隈10大ニュース」と題して2021年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2021年 四直界隈10大ニュース

海外の鉄道海外