KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.09.09

山梨方面に用事があったついでに南アルプス市を走る元東洋バスの様子を見てきたので、そのレポートをば。

X62074.jpg

山梨交通 C822号車
2016.8.20/南アルプス市沢登

▲南アルプス市のコミュニティバスとして使用される山梨交通C822号車。ラッピングのおかげで見た目はだいぶ変わったが、特に車内は東洋バス時代の面影を強く残している
X62078.jpg

山梨交通 C822号車
2016.8.20/南アルプス市沢登

▲うしろ側

山梨交通C822号車は、1998年式の日産ディーゼルKC-RN210CSN(富士重工8Eボディ)である。もとは東洋バスに在籍していた小型車両で、2015年10月より運行を開始した南アルプス市コミュニティバス"南ぷすバス"の専用車として山梨交通に導入された。コミュニティバス専用車ということで、外観にはかつてこの地を走っていたという山梨交通の電車(地元では"ボロ電"と呼ばれているそう)を模したラッピングがなされている。

ラッピングのおかげで見た目こそだいぶ変化があるものの、車内に目を向けてみると運賃箱等の電装品が一部交換されているだけで、全体としてはほぼ東洋バス時代のままという印象。東洋バスでは同型の車両が全部で3台在籍していた1)が、C822号車はその3台のうちの習志野22を3198だった車両とのこと。東洋バス在籍時は八千代市公共施設循環バス2)として使用されていたもので、奇しくも再び自治体のコミュニティバスとして走ることとなった。

山梨交通では南アルプス市コミュニティバス専用車としてこのC822号車のほかにC789号車(元京王バス、日デKC-RN210CSN、富士8Eの特注マスク)、C824号車(元国際興業バス、いすゞKK-LR233E1)の2台が在籍しており、バラエティに富んだ布陣でコミュニティバスの全3コースを担当している。各コースには「南ぷすバス北岳らいちょうライン」、「南ぷすバスさくらんぼライン」、「南ぷすバスすももライン」という地域の特色が反映された愛称が付けられているが、3台の専用車のラッピングの中にそれぞれの車両が担当するコース名が入れられているので、各車両がそれぞれのコースの専属で運用されているようだ。C789号車が「すももライン」、C822号車が「さくらんぼライン」、C824号車が「北岳らいちょうライン」の担当となっており、そのおかげで今回のC822号車も難なく再会することができた。

X51870.jpg

東洋バス 3198号車
2015.6.30/八千代台市萱田町

▲東洋バス在籍時の姿。1998年から2014年まで八千代市施設循環バス→八千代市コミュニティバス試行運行の後、末期は同市内小学校のスクールバスとして使用された

(注)上2枚の写真については許可を得て撮影

  • 1)現在は全車両除籍済。
  • 2)2012年9月より八千代市コミュニティバス試行運行。

関連記事

東洋バス 車両情報@2015年12月

東洋バスでは、10月以降に中型ノンステップ車両の新車導入を含めた車両の動きがあったので、年末にまとめてドン。新車導入@2015年9月 9月に新車が4台導入された。導入されたのは三菱ふそう...

東洋バス 車両情報@2015年12月
東洋バス 新車情報@2015年6月

東洋バスでは、6月に中型ノンステップ車両の新車を4台ほど導入したので紹介しよう。今回導入されたのは三菱ふそうエアロミディのノンステップ車両で、型式はTKG-MK27FHといっただろうか。4台が...

東洋バス 新車情報@2015年6月
東洋バス1696号車 メトロ窓のKC-MK系エアロミディ

ボロがまさかの本体復帰。千葉シーサイドバスからメトロ窓の中型車が東洋バスに帰ってきた。登録番号は習志野200か1696で、これは千葉シーサイドバスの千葉200か1744のナンバーを付けていた車...

東洋バス1696号車 メトロ窓のKC-MK系エアロミディ
東洋バス 新型エアロスターMP38が登場

東洋バスにもついに新型エアロスターMP38がやってきましたよっ。2014年6月にマイナーチェンジが発表され、フロントのデザインが一新された新型エアロスター。三菱ふそうのヘヴィユーザーたる東洋バス...

東洋バス 新型エアロスターMP38が登場
東洋バス 新車情報@2014年10月

東洋バスでは、10月に中型ノンステップ車両の新車を3台ほど導入したので掲載してみよう。今回導入された新車は三菱ふそうのエアロミディのノンステップバスで、型式はTKG-MK27FHだろうか。3台が...

東洋バス 新車情報@2014年10月

最新記事

京成3400形3408編成 営業運転終了

京成3400形に初の廃車が発生。京成電鉄では今年度、新型車両となる3100形を2編成導入する予定となっているところだが、3153編成の導入に伴い3400形3408編成がこのほど運用を離脱、廃車に...

京成3400形3408編成 営業運転終了
京成3100形3153編成・3154編成 登場

7月上旬より、京成3100形の2次車にあたる3153編成と3154編成がお目見えしている。京成電鉄では、2020年度の予定として3100形8両編成2本の新造を計画していたが、3153編成と...

京成3100形3153編成・3154編成 登場
京成3600形3688編成 リバイバルカラーに

京成3600形3688編成がリバイバルカラーに! 7月31日、重要部検査のため入場していた3600形3688編成が出場し、宗吾参道〜八千代台にて試運転を行った。同編成は今回の重要部検査にあたり...

京成3600形3688編成 リバイバルカラーに
成田スカイアクセス線10周年 2 - アクセス特急の10年間

祝・成田スカイアクセス線10周年。 成田スカイアクセス線が10周年ということは、開業に伴い新設されたアクセス特急も10周年というわけである。アクセス特急はスカイライナーほどの華やかさはないものの...

成田スカイアクセス線10周年 2 - アクセス特急の10年間
京成3500形 成田スカイアクセス線を走る

京成3500形が成田スカイアクセス線を走る。7月19日、京成3500形が終電後に宗吾参道○→京成高砂→印旛日本医大→空港第2ビル→宗吾参道△という行路で試運転を実施した。試運転の目的は単純に...

京成3500形 成田スカイアクセス線を走る

東洋バスタグはありません