KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.09.17

千葉シーサイドバスでは、本社営業所第二車庫(と私が勝手にそう呼んでいる、本社営業所近傍の分車庫)の移転を行なった。

X62099.jpg

千葉シーサイドバス 幕張町5丁目車庫
2016.8.27/**

▲幕張町5丁目に開設した新第二車庫。特定用の大型車を中心に留置を行なっている
X62093.jpg

千葉シーサイドバス 幕張町5丁目車庫
2016.8.27/**

▲手前の道路は地元で"旧道"と通称される通り。奥に詰所らしき建物も見える

新しい車庫は幕張町5丁目、セブンイレブン向原店の2軒隣に開設。元は運送会社の営業所だったところで、居抜きのような格好での転用となっている。近所の方によれば、ここにバスが現れたのは8月24日ごろだそう。広さは大型車が十数台とめられる程度で、もともとの第二車庫がそうだったように、特定用の大型車を中心に留置を行なっている。車庫の奥には運送会社の社屋だったとみられる平屋の建物もあるが、これが何に使われているのか今のところよくわからない(いちおう入口には(株)千葉シーサイドバスと書いてある)。

第二車庫が移転した理由だが、もともとの第二車庫が手狭になったとかではなく、千葉市が主体となって実施している幕張東土地区画整理事業1)の進捗によるものとみられる。同事業においては、第二車庫だけでなく本社営業所および東洋バス本社(JR幕張駅バス停)のあるところも区画整理の対象となっており、将来的にはこれらも移転するものと思われる(一時的な移転を含む)。千葉市によれば、2017年度末にも幕張駅北口の暫定駅前広場を整備する予定2)で、暫定駅前広場の完成予定図を見ると2台分のバス乗降バースが用意されていることから、少なくとも現在のJR幕張駅バス停はそちらに移転する見込み。区画整理は2030年度に事業完了予定で、幕張駅北口の姿は大きく変わることになる。

X55707.jpg

千葉シーサイドバス 第二車庫
2015.6.30/**

▲ありし日の第二車庫。元はガソリンスタンドであった。車両は道路に対して直角にとめられており、手前の道路からバックで入庫していた

関連記事

千葉シーサイドバス路線図 2016年4月1日版

2015年4月の「千葉シーサイドバス路線図 2015年4月18日版」と題する記事に千葉シーサイドバスの路線図を添付していたが、約1年ぶりに改訂版を発行する。千葉シーサイドでは4月1日に各路線の...

千葉シーサイドバス路線図 2016年4月1日版
千葉シーサイドバス路線図 2015年4月18日版

2011年5月の「千葉シーサイドバス 路線一覧110501 +路線図」と題する記事に千葉シーサイドバスの路線図を添付していたが、約4年ぶりに改訂版の路線図を発行する。同社では先ごろ4月18日に...

千葉シーサイドバス路線図 2015年4月18日版
千葉シーサイドバス 路線一覧110501 +路線図

昨年の5月、「千葉シーサイドバス 路線一覧100501 +路線図」と題して記事を掲載したが、その後6月と今年5月にダイヤ改正が実施されており、本稿は改訂版として「千葉シーサイドバス 路線一覧...

千葉シーサイドバス 路線一覧110501 +路線図
千葉シーサイドバス 路線一覧100501 +路線図

昨年の4月、「千葉シーサイドバス 系統番号の全て!」と題して記事を掲載したが、その直後に路線新設・経路変更を含めたダイヤ改正が実施されたため...

千葉シーサイドバス 路線一覧100501 +路線図

東洋バスタグはありません