KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.10.09

ついに京成バスにもフルカラーLEDの波が到達・・・!

X62309.jpg

京成バス E164号車
2016.10.8/幕張メッセ

▲行先表示がフルカラーLEDとなった江戸川営業所のE164号車

10月8日に幕張メッセの屋外展示場において開催された「京成バスお客様感謝フェスティバル」で展示されたE164号車(江戸川(営)所属、シャトル☆セブン専用車)だが、なんと行先表示がフルカラーLEDとなってご登場。京成バスではフルカラーLEDの採用に消極的なのではないかということを先日の記事でお伝えしたようについ最近までの新車では従来のオレンジ色のLEDであったから、これには驚くばかりである。京成バスにおけるフルカラーLEDの行先表示は、立川の方からやってきた笹色の車両なかったことにすると、このE164号車がめでたく第一号1)となった。そして、なんでもこの日のイベントに合わせて行先表示器を換装したとの話である。なかなかやってくれますのぅ。

X62306.jpg

京成バス フルカラーLEDの行先表示(前面)
2016.10.8/**

▲シャトル☆セブンの行先表示あれこれ。フルカラーLEDであることをフル活用し、ほぼ全面にわたって色を配しているのが特徴。小岩駅行の黄色は総武線、亀有駅行の緑色は常磐線を表しているものとみられる
X62326.jpg

京成バス フルカラーLEDの行先表示(前面)
2016.10.8/**

▲一般系統や回送など。一般系統は経由や英字表記でそれぞれ色を変えてメリハリのある表示となっている。写真の[瑞75]は系統番号の部分がピンク色だが、これは系統によって異なる色になるとのこと
X62302.jpg

京成バス フルカラーLEDの行先表示(側面)
2016.10.8/**

▲側面の行先表示器。側面は上部の系統番号や英文を表示する部分だけがフルカラーLEDで、下の経由表示は白色LEDとなっている

前面および後部の行先表示器は全面がフルカラーLEDになっているタイプで、京成バスと同じくオージ製の行先表示器を採用している関東バスや小田急バスが5月頃より使い始めたものと同じ製品とみられる。側面の行先表示器についても関東バスや小田急バスと同様で、経由が5ヶ所表示可能なタイプ。こちらは上部の系統番号などを表示する部分だけがフルカラーLEDで、経由表示は白色のLEDとなっているようだ。今回のイベントでいくつかの表示について確認できたが、シャトル☆セブンはフルカラーLEDということを生かして大胆に色を使った意欲的な表示、一般系統は経由や英字の部分でそれぞれ色を変えてメリハリのある表示となっている。一般系統については上の写真の[瑞75]は系統番号の部分がピンク色だが、これは系統によって異なる色になるとのことである。このほか今回のようなイベント専用の表示も作成されており、これにはフルカラーLEDの表現力を見せつけられた感じ。

フルカラーLEDについては現在認可申請中ということで、フルカラーLEDはこの認可が下り次第実際の運用に投入するようである。フルカラーLEDの行先表示に認可が必要という話題は(趣味の世界では)初出かと思われるが、よく言われるようにバスの行先表示器と交通信号機を見間違えてはいけないので、そこらへんの確認か何かが必要なのだろうと思う2)。それを踏まえると、特にほぼ全面にわたり色の付いているシャトル☆セブンの行先表示はこのままで認可が下りるのかどうかアヤシイ気がしないでもないのだが、果たしてどうなりますやら。

いずれにしてもフルカラーLEDの行先表示の登場は嬉しいところ。早いところ全営業所全車両に普及してもらいたいものである。

X62333.jpg

京成バス E164号車
2016.10.8/幕張メッセ

▲通常ではありえないシャトル☆セブン専用車の新浦安駅行もこういったイベントならでは。なお、このフルカラーLEDが綺麗に写るシャッタースピードは1/160までのよう。1/250だと表示が切れてしまう
  • 1)京成バスグループとしては京成トランジットバスでフルカラーLEDの導入例がある。
  • 2)ただしイベント会場までの回送において回送車や京成バス表示が使われていたようなので、白色のみの表示といった場合には認可はいらないものと推察される。先日の西武バスの貸出運行においても、せっかくのフルカラーLEDなのに白色のみの表示であったのはこのためと思われる。

関連記事

京成バスN130号車 千葉中央バスカラーの京成バス

千葉中央バスだと思ったでしょう? 京成バスだよー。京成バスほどの大きな事業者ともなれば変な車両の1台や2台が在籍しているものと思うのだが、これはまさしく変な1台。長沼(営)に所属するN130号車...

京成バスN130号車 千葉中央バスカラーの京成バス
千葉内陸バス1185号車 京成カラーの富士7Eノンステップ車両

千葉内陸バスに突如やってきた富士7Eボディのノンステップ車両。千葉内陸バスの1185号車である。見ての通り京成カラーをまとった富士重工7Eボディのノンステップ車両で、京成バスからの移籍車両...

千葉内陸バス1185号車 京成カラーの富士7Eノンステップ車両
京成バスA2-875号車 西武バスからの貸出車両

西武バスが幕張の街を走る。千葉ロッテマリーンズのお膝元である幕張を走る京成バスと、グループ企業に西武ライオンズを擁する西武バスでは、プロ野球リーグの「埼玉vs.千葉シリーズ」開催時において、所属...

京成バスA2-875号車 西武バスからの貸出車両
ちばシティバスC429号車 復刻塗装

ちばシティバスでは、2月上旬より復刻塗装の車両を運行している。ちばシティバスの塗装と言えば青系のものだが、1999年のちばシティバス運行開始時にこの復刻塗装車両のようにピンク色の車両が存在して...

ちばシティバスC429号車 復刻塗装
さようなら 京成バス花輪車庫

京成バス花輪車庫、50年以上の歴史に幕を閉じる。京成線に乗っていると、船橋競馬場〜谷津間の海側に見えるバスの車庫、それが京成バス花輪車庫である。このたび京成グループの資産の活用の一環として...

さようなら 京成バス花輪車庫

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

京成バス改造