KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2016.10.25

10月上旬に東洋バスと千葉シーサイドバスとで車両の動きがあったので、見てみよう。

X62352.jpg

千葉シーサイドバス 2891号車
2016.10.18/千葉駅北口

▲千葉競輪場のファン送迎バスとして走る東洋バス3298号車改め千葉シーサイドバス2891号車
X62358.jpg

千葉シーサイドバス 2891号車
2016.10.18/千葉駅北口

▲うしろ側

東洋バスから千葉シーサイドバスへ3台の車両が転属した。転属した3台は次の通り。

  • 千葉200か2891 ← 習志野22を3298
  • 千葉200か2892 ← 習志野200か566
  • 千葉200か2893 ← 習志野200か672

転属した3台は、いずれも貸切あるいは特定用の車両となっている。この3台のうち、特筆すべきは東洋バス3298号車から千葉シーサイドバス2891号車となった車両で、1999年式の三菱ふそうエアロスターKC-MP317M。そんな東洋バスでも最古参のグループに属している車両が、このほど千葉シーサイドバスに転属することになったのは驚きである。いまや少なくなった「習志野22を」のナンバーを付けていた車両が真新しい千葉ナンバーを掲げて走る姿は実に面白いところ。転属後の初仕事は千葉シーサイドバスが運行を担当している千葉競輪場のファン送迎バスの増発便となり、その収容力を生かしてG1レースの観戦客を輸送した。

このほか、東洋バス672号車が千葉シーサイドバス2893号車として転属したことで、東洋バス本体からエアロミディPA-MK25FJが形式消滅。これにて東洋バスに在籍していたPA-MK25FJは全て千葉シーサイドバスの所属となった。672号車は長らくフルルガーデン八千代の無料送迎バスとして使用されていたが、これの後釜には1344号車(三菱ふそうSKG-MK27FH、2011年式)が充てられている。

  • 東洋バス
  • タグはありません

関連記事

東洋バス 車両一覧

東洋バスに在籍している車両および過去に在籍していた車両を表にまとめたものである。車両一覧というからには本来は創業時からの全車両を掲載すべきだが、過去にさかのぼればさかのぼるほどよくわからなく...

東洋バス 車両一覧
山梨交通C822号車 元東洋バスの日デRN

山梨方面に用事があったついでに南アルプス市を走る元東洋バスの様子を見てきたので、そのレポートをば。山梨交通C822号車、1998年式の日産ディーゼルKC-RN210CSN(富士重工8Eボディ)で...

山梨交通C822号車 元東洋バスの日デRN
東洋バス 車両情報@2015年12月

東洋バスでは、10月以降に中型ノンステップ車両の新車導入を含めた車両の動きがあったので、年末にまとめてドン。新車導入@2015年9月 9月に新車が4台導入された。導入されたのは三菱ふそう...

東洋バス 車両情報@2015年12月
東洋バス 新車情報@2015年6月

東洋バスでは、6月に中型ノンステップ車両の新車を4台ほど導入したので紹介しよう。今回導入されたのは三菱ふそうエアロミディのノンステップ車両で、型式はTKG-MK27FHといっただろうか。4台が...

東洋バス 新車情報@2015年6月
東洋バス1696号車 メトロ窓のKC-MK系エアロミディ

ボロがまさかの本体復帰。千葉シーサイドバスからメトロ窓の中型車が東洋バスに帰ってきた。登録番号は習志野200か1696で、これは千葉シーサイドバスの千葉200か1744のナンバーを付けていた車...

東洋バス1696号車 メトロ窓のKC-MK系エアロミディ

最新記事

京成本線 実籾〜八千代台間の線形改良が完了

京成本線実籾〜八千代台間、実籾カーブの線形改良が完了。京成電鉄が進めている本線実籾〜八千代台間の線形改良工事に大きな動きが生じている。5月19日終電後から翌20日未明にかけて上り線の切り替え工事...

京成本線 実籾〜八千代台間の線形改良が完了
京成線 駅別乗降人員ランキング(2022年度)

2022年度の京成線の駅別乗降人員ランキング! 京成線の全69駅において、どの駅の利用が多いのか少ないのか。京成電鉄が毎年公表しているデータを基に、2022年度の駅別乗降人員をランキング形式で見て...

京成線 駅別乗降人員ランキング(2022年度)
京成電鉄「2023年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも18日に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。2023年度における鉄道事業の...

京成電鉄「2023年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
ちばレインボーバス197号車 リゾートカラーの日野ブルーリボン

リゾートカラーのちばレインボーバスが登場。北総線沿線の印西市に本社を構えるちばレインボーバスは、自社導入の車両のほか、京成バスグループ各社からの経年の移籍車で営業を行っている。同社の移籍車に...

ちばレインボーバス197号車 リゾートカラーの日野ブルーリボン
京成AE形 特別装飾「KENTY SKYLINER(ケンティスカイライナー)」運転(第2期)

お客様がお姫様になっちゃうスカイライナー。第2弾。京成電鉄では、2021年7月より運行を開始したAE形「KENTY SKYLINE(ケンティスカイライナー)」についてリニューアルを実施、2022年...

京成AE形 特別装飾「KENTY SKYLINER(ケンティスカイライナー)」運転(第2期)