KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.01.29

まだまだ頑張る京急2000形。

D26903.jpg

京急2000形 2051編成
2016.6.18/生 麦

▲エアポート急行として走る京急2000形
D11809.jpg

京急2000形 2061編成
2011.9.24/糀 谷

▲横浜方面のエアポート急行は京急蒲田で進行方向が変わるのが特徴となっている。そのような列車を10分に1本も走らせるあたりが京急らしさの1つ

​早いもので、京急2000形に3ドア、ロングシートの車両が現れてからもうすぐ20年が経とうとしている。2000形の登場が1982〜87年、3ドア化+ロングシート化改造が1998〜2000年のことなので、改造後の姿の方が長いという車両も増えてきた。後継の2100形にその役目を譲り、京急のフラッグシップトレインから縁の下の力持ち的存在への転向であったが、2000形にとってこの格下げ改造はいささか不運だったようにも思える。

特に8両編成である。京急において8両編成の3ドア車両というのは都営線への直通運用が中心であり、2000形のように都営線に直通できないことはおのずと活躍の幅を狭めざるを得ない。特に2002年10月ダイヤ改正で日中時間帯のA快特が泉岳寺発着になると、泉岳寺に入線できない2000形は日中時間帯に入れる運用がないという異常とも言える事態が生じていた。もっとも2ドア時代に京急線内を走りまくった2000形にとってはそれくらいがちょうどいいとも言えなくはないが、やはり日の当たる時間帯に車庫で並んでいる姿はなんとなく残念なものがあった。

​そんな2000形の事態が好転するのは2010年のこと。2010年5月ダイヤ改正で羽田空港〜新逗子間に横浜方面のエアポート急行が新設され、これが京急線内で完結する運用であることから日中時間帯を走る2000形が再び見られるようになった。エアポート急行は2012年10月ダイヤ改正で増発され、現在は日によって異なるものの概ね2〜3編成の2000形が他の車両に混ざってエアポート急行として走る。2000形については元特急車ということで今でも特急や快特として走る姿の人気が根強いように思われるが、3ドアだし・・・側面の白帯は細いし・・・ってなことを考えると、エアポート急行あたりが第一線を退いた2000形にとっては最も似合ってるポジションなんじゃないかなと思う。そんなこともあって私としてはエアポート急行として走る2000形がお気に入り。エアポート急行が日中時間帯に走れなかった2000形のために設けられた種別なんじゃないかとすら思ってしまうのである。

X53421.jpg

京急2000形 2011編成&2051編成
2015.2.8/京急川崎

▲リバイバルカラーになっている2011編成ももちろん混ざって走る

​さて、2000形については既報のとおり昨年10月に4両編成が全廃、8両編成にも既に廃車が発生している。今年度は新1000形26両の新造が予定され、これに8両編成が2本含まれていることから、ますます2000形の淘汰が進むことが予想される。一方、2051編成と2061編成が昨年の春ごろに相次いで検査を通っており、リバイバルカラーとなっている2011編成も当初の運行予定を大幅に超えた上に現在検査入場中(しかもリバイバルカラーのまま出場予定)ということで、明るい話題も出てきている。2000形にとっては明暗が分かれる格好だが、もうしばらくは頑張る姿が見られそうだ。

関連記事

京急2000形2011編成 5年目のリバイバルカラー

祝・京急2000形2011編成のリバイバルカラーの運行継続。2013年1月よりリバイバルカラーとして走っている2011編成だが、当初の予定を大幅に延長して運転を行なっている。2011編成の...

京急2000形2011編成 5年目のリバイバルカラー
京急2000形 大師線を走る

京急2000形2451編成、最後のご奉公。10月9日および10日の両日、京急2000形で最後の4両編成となっている2451編成が大師線の運用に入った。2000形が大師線を走るのはこれが4度目の...

京急2000形 大師線を走る
京急2000形2011編成 リバイバルカラーに

1月22日、京急ファインテック久里浜事業所で検査を行なっていた京急2000形2011編成が出場し、試運転を行なった。同編成は今回の入場で塗装が登場時の塗分けとなっており、リバイバルカラーでの...

京急2000形2011編成 リバイバルカラーに
京急線 2010年5月16日ダイヤ改正 「エアポート急行」登場

"D"の意思を受け継ぐもの・・・ 出出しが某海賊漫画のようになってしまったが、5月16日の京急線ダイヤ改正でエアポート急行が新設された。1999年7月ダイヤ改正で京急蒲田以南から急行が消滅した時...

京急線 2010年5月16日ダイヤ改正 「エアポート急行」登場

最新記事

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更
2021年 四直界隈10大ニュース

2021年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2021年四直界隈10大ニュース」と題して2021年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2021年 四直界隈10大ニュース