KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.01.03

京成3000形3003編成に異変。

Z11929.jpg

京成3000形 3003編成
2014.4.20/ユーカリが丘〜うすい

▲上野方ユニットに新型のVVVFインバーターが試験搭載された3003編成

12月下旬より、3000形3003編成が制御装置を新型のVVVFインバーターに交換して運用に入っている。今回は試験搭載ということのようで、交換されたのは3003編成の上野方ユニットにあたる3003-7号車のものだけ。成田方ユニットは従来のままである。3003-7号車に搭載されたのは半導体素子にSiC(炭化ケイ素)を適用した新型のVVVFインバーターとなっており、東洋電機製のVVVFインバーターとしてSiC素子を用いたものは京成以外の鉄道事業者を含めても初めての事例。SiC素子のVVVFインバーターは三菱電機や東芝が先行していたが、東洋電機もここにきてようやく他の電機メーカーに追いついたといった感じである。

X63532.jpg

京成3000形 SiCを適用したVVVFインバーター装置(山側)
2016.12.28/**

▲3003-7号車に搭載された試験用のVVVFインバーター装置(左)とフィルタリアクトル(右)

制御装置が新しくなったということで、走行音にも変化が生じている。さっそく走行音を収録できたので、以下に掲載する。

京成3000形3003-8 海神→西船

京成3000形3003-8 鬼越→八幡

起動時と停車時の非同期の部分の音程が従来の3000形より低くなっているのが特徴。また、VVVFインバーターの交換に合わせてフィルタリアクトルのほかにユニット内の主電動機も全閉型のものに交換されている模様で、高速域のうなり音にも変化があるように感じられる。

新型のVVVFインバーターが搭載された3003編成は、走行機器に変更が生じているということから運用に制限がかけられている。運転台には「3003-7号車VVVF制御装置供試中」とともに「京成線・新京成線内限定運用」と書かれたテプラ1)が貼り付けられており、今のところ都営浅草線と京急線、北総線、芝山鉄道線には入線不可の状態となっているようである。

現在は試験段階となっている新型のVVVFインバーターだが、将来的には3000形の増備車に採用されるのか、はたまた新形式車両の登場の布石なのか、今後の展開がどうなるか楽しみだ。

  • 1)テプラに見られる"新京成線"という文字列が何とも意味深だが、この場合は京成津田沼駅の5番線を指しているものとみられる。京成と新京成は新京成の京成千葉線への片乗入れと見せかけて、実は京成も新京成線にほんの少しだけ直通しているという相互直通だったという事実がうかがえる。

関連記事

新京成8800形 機器更新車が登場

新京成8800形、30年目の進化。昨年10月よりくぬぎ山車両基地に入場していた新京成8800形8803編成、工場でずいぶん長いこと作業していたと思ったら、このほど床下の機器類を一新して出場...

新京成8800形 機器更新車が登場
京成3000形3031・3032編成 登場

2月上旬より、京成3000形の11次車にあたる3031・3032編成がお目見えしている。2015年度の新造車である3031・3032編成だが、久々となる6両編成の新造車となった。6両編成の...

京成3000形3031・3032編成 登場
京成3000形 行先表示LEDシミュレーター

JavaScriptというプログラミング言語の勉強を兼ねて、京成3000形の行先表示LEDを模したシミュレーターを作ってみましたよっ。京成車が表示可能な全ての種別行先を表示することが可能なので...

京成3000形 行先表示LEDシミュレーター
京成3000形3029・3030編成 登場

1月下旬より、京成3000形の10次車にあたる3029、3030編成がお目見えしている。2014年度の新造車となる3029、3030編成だが、3009編成で試用していたとされるUVカットガラスが...

京成3000形3029・3030編成 登場
京成3000形3028編成 登場

2月中旬より、京成3000形の9次車にあたる3028編成がお目見えしている。2013年度唯一の新造車となる3028編成だが、昨年度に導入した3026、3027編成が7号車のみのLED照明だった...

京成3000形3028編成 登場

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更