KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.02.26

さようなら、京成3500形未更新車。

D28082.jpg

京成3500形 3588編成
2017.2.26/町屋〜千住大橋

▲「卒業」と書かれたヘッドマークを掲出して走る3588編成
D28103.jpg

京成3500形 3588編成
2017.2.26/船橋競馬場〜谷津

▲走り慣れた京成本線を下る

2月25、26日、3500形未更新車のさよなら運転にあたる「さよなら3500形未更新車記念ツアー」が催行された。3500形の未更新車として最後の1編成となっていた3588編成の引退に合わせて企画されたもので、昨年に実施されたAE100形のさよなら運転と同じく京成トラベルツアーの団体専用列車として運転された。この列車の運転にあたっては3588号車に「感謝」、3585号車に「卒業」と書かれたヘッドマークを掲出。これらは3500形未更新車が種別板を使用する最後の車両ということで種別板の位置にそれぞれ掲出され、未更新車のラストランに華を添えている。

さよなら運転は、これもAE100形の時と同じように当日のお楽しみという格好でミステリーツアーとされ、その行路は上野始発宗吾車両基地着とだけ発表されたほかは詳細が伏せられていたが、実際には次のようであった。

  • ​25日:宗吾参道→(回送)→上野→柴又→押上→ちはら台→京成津田沼→宗吾参道
  • 26日:宗吾参道→(回送)→上野→柴又→押上→東成田(留置線)→成田→成田空港(アクセス特急専用ホーム)→宗吾参道

​運用番号は両日ともS39として設定され、Thank youとかけてここにも感謝の意味が込められたものになっていた。

D27948.jpg

京成3500形 3588編成
2017.2.25/立石〜青砥

▲3588号車は「感謝」を掲出。まもなく本格的に高架化工事が動き出そうとしている押上線立石付近を走る
D28000.jpg

京成3500形 3588編成
2017.2.25/稲毛〜みどり台

▲最後の千葉・千原線への入線

​臨時列車は臨時シティライナー用の不定期スジを活用する形で宗吾参道から上野まで回送され、ツアー参加者を乗せて上野を9時2分に出発。その後は柴又、押上へと走り、25日はちはら台、26日は東成田と成田空港までそれぞれ入線して宗吾参道へ入庫という行路となった。特筆すべきは金町線柴又への入線。日中時間帯の金町線は2本の編成が行き来しているので単線区間で常に在線のある柴又〜金町への入線こそ叶わなかったが、2本の編成が高砂と金町にいる隙をついて柴又まで乱入する格好で金町線入線が実現した。高砂の地上ホーム〜柴又における営業運転は、2010年7月の金町線分離以降で初めてのことである。柴又での折返し運転も通常では行なわれていない。このほか、26日の運転では東成田は留置線側で、成田空港はアクセス特急専用ホームである1番線でそれぞれ折返しをした。25日の運転における千葉・千原線入線とあわせて、成田スカイアクセス線を除くほぼ京成全線を走り回った今回のさよなら運転は、4両編成の通勤型車両である3500形未更新車の最後にふさわしい行路だったように思う。

​3500未更新車はこれにて「卒業」となるが、3500形には卒業できなかった更新車が56両在籍している。3500形は更新工事が途中で中止されたばっかりに車齢の若い車両が先に淘汰される結果となったが、3500形としては更新車が今後も走るので、こちらの方の活躍も見守っていきたいところである。

関連記事

京成グループ 車両の動き(2016年度)

年度末ということで、京成グループにおける2016年度の車両の動きをまとめてみよう。今年度の新造車両は3000形8両編成2本(3033編成、3035編成)、6両編成1本(3034編成)の計26両...

京成グループ 車両の動き(2016年度)
京成3500形未更新車 成田空港に現る

京成3500形未更新車、約9年半ぶりに成田空港へ。12月14日、概ね2ヶ月に1回運転される動揺測定S73運行に3500形3588編成が充当した。動揺測定については、既報のとおり3300形の引退...

京成3500形未更新車 成田空港に現る
京成3500形3576編成 営業運転終了

長い間おつかれさまでした。3000形3032編成の導入により、3500形3576編成が廃車となった。最後の営業運転は7日のB51→51運行であった。15日現在、3576編成は宗吾車両基地にて...

京成3500形3576編成 営業運転終了
京成3500形3592編成・3596編成 営業運転終了

長い間おつかれさん。3000形3031編成の導入により、3500形の未更新車4連2本が廃車となった。廃車となったのは3592編成と3596編成で、3592編成は2月15日のB53→53運行...

京成3500形3592編成・3596編成 営業運転終了
京成3500形未更新車 都営浅草線を走る

11月14日に開催された「都営フェスタ2015 in 浅草線」。京成からはAE100形と3500形未更新車が展示されたが、3500未更新車が都営浅草線を走る機会はもうあまりないだろうということで...

京成3500形未更新車 都営浅草線を走る

最新記事

新型車両 京急新1000形1890番台デュアルシート車を考察する

京急電鉄では、2020年度に新造を予定してた4両編成2本分について、デュアルシートを装備した新1000形1890番台を新たに導入することを発表した。プレスリリースなどからこの1890番台がどう...

新型車両 京急新1000形1890番台デュアルシート車を考察する
京成3000形「ありがとうシャンシャン」ヘッドマーク

ありがとう、シャンシャン。京成電鉄では、12月より「ありがとうシャンシャン」ヘッドマーク電車を運行している。シャンシャンと言えば上野動物園の人気者のジャイアントパンダだが、中国に返還されることが...

京成3000形「ありがとうシャンシャン」ヘッドマーク
四直珍列車研究 112 - 土休日 20A04

お前、なんで快速なん??? 今回、珍列車としてご紹介するのは、土休日20A04レ快速京成成田行である。2019年10月ダイヤ改正で登場した列車である。快速京成成田行といっても、京成成田は京成線の...

四直珍列車研究 112 - 土休日 20A04
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2021年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行っている。2021年「丑年」のヘッドマークを掲出しているのは...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2021年)
2020年 四直界隈10大ニュース

2020年がまもなく終わろうとしている。というわけで、「2020年四直界隈10大ニュース」と題して2020年に都営浅草線を筆頭とした京成線、京急線、北総線のいわゆる四直界隈で起こったできごとを...

2020年 四直界隈10大ニュース