KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.03.13

京成パンダのドアステッカーにまたまた新しいバージョンが登場。

X63842.jpg

京成線 ドアステッカー(2017年Ver. 車内側)
2017.3.4/**

▲今年度の新造車両から新しく登場したドアステッカー。京成パンダが危険行為を実演するという相変わらずのスタイル
X63843.jpg

京成線 ドアステッカー(2017年Ver. 車外側)
2016.3.4/**

▲日本語と英語に加えて、中国語と韓国語も併記されているのが特徴

​2月ごろより、京成パンダのドアステッカーに新しいバージョンがお目見えしている。京成パンダのドアステッカーは昨年にも北総鉄道で新しいバージョンが作成されていたが、今回はそれとは別の、京成線のオリジナル版として登場。今回の新しいバージョンは、北総鉄道のものと同じように車内側だけでなく車外側にも内容が記載されており、車内側は「ドアにご注意!」、車外側は「かけこみ禁止!」でそれぞれ京成パンダが危険行為を実演するという内容になっている。絵柄が新しくなっているほか、日本語と英語に加えて中国語、韓国語による注意喚起が追加されているのが今回の新しいドアステッカーの特徴である。新しいドアステッカーは今年度の新造車両である3000形3033編成にて初お目見え、その後は同じく今年度の新車である3034編成、3035編成だけでなく既存の車両にも徐々に浸透してきており、このバージョンが今後しばらくのスタンダードとなりそうだ。

​ところで、ドアステッカーに京成パンダが登場したのは2009年のことだが、もともとは京成カードの広告とのバーターで登場したものだったはず。というか、そもそもてめぇ京成カードのキャラクターだろうがよ。ところが今回のバージョンではドアステッカーから京成カードの広告が消え、それどころか両面にわたって京成パンダの独壇場になってしまった。もっともこやつは最近ではLINEのスタンプになったり、グッズとして発売されたマスキングテープが好評だったりするっぽいので、それに対するご褒美とも言える・・・? まもなく登場から10年が経とうとしている京成パンダだが、その勢いはますます増すばかりである。

関連記事

京成パンダ de ドアにご注意! Ver. 2016

京成パンダのドアステッカーに新しいバージョンが登場。京成パンダのドアステッカーに新しいバージョンがお目見えしている。京成車と北総車は共通のドアステッカーを使用しているが、新しいバージョンは今の...

京成パンダ de ドアにご注意! Ver. 2016
京成線の駅名標、続々と更新される

京成線における駅名標を含めた新デザインの案内サインは、2013年8月の上り線高架化で新駅となった曳舟(上りホームのみ)が、同9月に駅のリニューアルに合わせて八幡が新デザインのものとなって以来...

京成線の駅名標、続々と更新される
自立式駅名標、小変化

年度末の予算消化??? 京成線の駅名標が現在のデザインとなったのは1991年の幕張本郷駅開業の頃だと記憶しているのだが(間違っていたらごめんなさい&ご指摘ください)、この時に全部が全部...

自立式駅名標、小変化
京成3000形 3003編成「京成パンダ号」

5月26日より、京成3000形3003編成が京成パンダの車体広告電車として走っている。名づけて「京成パンダ号」。この広告電車、京成電鉄のクレジットカード「Keisei Card」の広告電車...

京成3000形 3003編成「京成パンダ号」
京成パンダ de ドアにご注意!

1月末より、京成車の「ドアにご注意!」ステッカーが一新されはじめている。目に入りやすい場所のものということもあるので気づかれた方も多いと思うが、そこにはキモくてカワイイでお馴染みの(?)京成...

京成パンダ de ドアにご注意!