KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.03.17

1年待って登場した北総線の下り北総特急。

X63583.jpg

北総9000形 9018編成
2017.1.17/東松戸

▲下りの北総特急として走る9000形
  • [平日]2035Nb 特急印旛日本医大行
  • 始発:西馬込2047 → 終着:印旛日本医大2203
  • ダイヤ:2016.11.19修正
  • 備考:
  • [平日]2129N 特急印旛日本医大行
  • 始発:羽田空港国内線ターミナル2128 → 終着:印旛日本医大2300
  • ダイヤ:2016.11.19修正
  • 備考:品川までエアポート急行

​平日2035Nbと2129Nは北総車による特急印旛日本医大行である。北総鉄道では2015年12月ダイヤ改正で4本の下り北総特急を新設し、夜間における輸送の改善を実施した。もともとこの時間帯には急行が運転されていたが、これをそのまま特急に格上げするのではなく、京成のアクセス特急を補完する格好で特急として運転する列車を新しく割り当てたところ、当選したのはなんとまあ都営車3本、京急車1本。自分のところの優等列車のはずなのに北総車の下り特急の実現はいったん見送りとなってしまった。その後、2016年11月ダイヤ修正で北総車と都営車のいくつかの運用が持ち替えられ、これに伴って都営車で運転していた3本の下り北総特急のうち2本が北総車の担当に変更。1年待つことにはなったが、このたびめでたく北総車の下り特急が見られるようになった。

​また、​2本が設定されている北総車の下り北総特急のうち、2129Nは京急線の羽田空港始発なので、特急になるのは品川からということになる。このため、泉岳寺〜品川というわずか1駅間ではあるものの京急線内で北総車の特急が久々に見られるようになった。北総車が京急線内を特急として走るのは、2003年7月ダイヤ改正で羽田空港を発着する列車が特急から急行に格下げされて以来、14年ぶりのことになる。

​北総車は9000番台の千葉ニュータウン鉄道所有車両も含めて基本的には共通運用になっているので、引退間近となっている9000形による特急印旛日本医大行も写真の通り見ることができた。9000形の下り北総特急はわずか5ヶ月ほどという短命なものになるが、引退直前になってこのような列車が定期運用で登場したのは9000形にとっては幸せなことなのであろう。もっとも9000形は高砂から小室まで無停車の通勤特急やらアクセス特急と停車駅が同じ快速などといった春になると出現するめちゃくちゃな列車で下り方面へ快走・・・もとい爆走したこともあったので、それに比べたら単なる特急印旛日本医大行なんて屁でもありませ〜んといった感じではあるのだが。

関連記事

四直珍列車研究 90 - 土休日 600K

土休日の早朝に見られる京成3050形の珍列車。土休日600Kは、京成車による普通羽田空港行である。2014年11月ダイヤ改正で登場した列車で、現行ダイヤにおいて京成車が京急線内を普通列車として...

四直珍列車研究 90 - 土休日 600K
四直珍列車研究 88 - 平日 1811T

約10年ぶりに復活した都営車の成田空港行。平日1811Tレは都営車による快速特急成田空港行である。2016年11月ダイヤ修正で登場したもので、もともと京成車で運転したものをそのまま都営車に...

四直珍列車研究 88 - 平日 1811T
四直珍列車研究 87 - 平日 755

ダイヤ修正の前日ということで、ダイヤ修正で消えてしまう珍列車を取り上げてみよう。平日755レは4両編成の普通大和田行である。2014年11月ダイヤ改正で登場した列車で、4両編成の普通大和田行は...

四直珍列車研究 87 - 平日 755
四直珍列車研究 86 - 平日 546T・土休日 530T

違うようで同じ、同じようで違う2本の羽田空港行。北総線上り列車のうち、早朝の2本は京成押上線内で優等運転を行なっているが、そのうちの2本目として運転されていた都営車の羽田空港行である。2010年...

四直珍列車研究 86 - 平日 546T・土休日 530T
四直珍列車研究 85 - 平日 1863H

北総線を特急で走る京急車が登場。平日1863Hは京急車による特急印旛日本医大行である。北総鉄道では2015年12月ダイヤ改正にて夜間における輸送の改善を実施し、20時台から23時台にかけて4本の...

四直珍列車研究 85 - 平日 1863H

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

北総鉄道珍列車