KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.04.27

土休日の早朝に見られる京成3050形の珍列車。

D27152.jpg

京成3050形 3051編成
2016.8.11/糀谷〜大鳥居

▲京急線内を普通羽田空港行として走る京成3050形
  • [土休日]600K 普通羽田空港行
  • 始発:品 川---- → 終着:羽田空港国内線ターミナル641
  • ダイヤ:2014.11.8改正
  • 備考:京急蒲田まで回送

​土休日600Kは、京成車による普通羽田空港行である。2014年11月ダイヤ改正で登場した列車で、現行ダイヤにおいて京成車が京急線内を普通列車として走る唯一の存在。時刻表上では京急蒲田始発のように見えるが、実際には品川始発となっており、京急蒲田まで回送として走る。この回送列車も同じく京急線内を走る京成車ではこの列車のみの設定で、どこかのお菓子のようなまさしく1粒で2度おいしい列車といったところである。列番が示すようにアクセス運用となっている点もポイントで、普段は京急線内をエアポート快特やエアポート急行で走る3050形が同線内を普通列車として走る姿が見られるようになった。

​2014年11月ダイヤ改正では京成車と京急車で一部の運用の交換が実施され、高砂4時48分発の羽田空港行に始まる、従来は京急車87Hが担当していた高砂〜羽田空港〜品川〜羽田空港〜高砂の部分が京成車の運用に置き換えられた。この際、高砂を8時31分に出庫していた01Kの出庫時間を3時間半ほど早めて充てることにしたので、これが丸々01Kの運用の一部になった。京急線内品川〜羽田空港間を回送〜普通で走るというこれまであまり見られなかった動きをする京成車が登場したのは、元が京急車の運用だったためである。また、品川を回送列車として発車することから同駅の3番線に入線するというのも特徴で、京成車の品川駅3番線折返しが設定されるのは初めてのこと。現行ダイヤでは品川駅3番線に京急車以外が入線する唯一の機会になっている。

D27307.jpg

京成3050形 3056編成
2016.9.11/品 川

▲品川駅の3番線で発車を待つ京成3050形。ここで折返す京成車は初めての設定

​1粒で2度おいしいというと聞こえはいいが、追いかける方は実に大変。途中で追い抜ける列車ならいいものの、この600Kはそういうわけにはいかず、朝っぱらから2度も京急方面に出かけることとなった。我ながら酔狂である・・・。

関連記事

四直珍列車研究 89 - 平日 2035Nb・2129N

1年待って登場した北総線の下り北総特急。平日2035Nbと2129Nは北総車による特急印旛日本医大行である。北総鉄道では2015年12月ダイヤ改正で4本の下り北総特急を新設し、夜間における輸送の...

四直珍列車研究 89 - 平日 2035Nb・2129N
四直珍列車研究 88 - 平日 1811T

約10年ぶりに復活した都営車の成田空港行。平日1811Tは都営車による快速特急成田空港行である。2016年11月ダイヤ修正で登場したもので、もともと京成車で運転したものをそのまま都営車に...

四直珍列車研究 88 - 平日 1811T
四直珍列車研究 87 - 平日 755

ダイヤ修正の前日ということで、ダイヤ修正で消えてしまう珍列車を取り上げてみよう。平日755レは4両編成の普通大和田行である。2014年11月ダイヤ改正で登場した列車で、4両編成の普通大和田行は...

四直珍列車研究 87 - 平日 755
四直珍列車研究 86 - 平日 546T・土休日 530T

違うようで同じ、同じようで違う2本の羽田空港行。北総線上り列車のうち、早朝の2本は京成押上線内で優等運転を行なっているが、そのうちの2本目として運転されていた都営車の羽田空港行である。2010年...

四直珍列車研究 86 - 平日 546T・土休日 530T
四直珍列車研究 85 - 平日 1863H

北総線を特急で走る京急車が登場。平日1863Hは京急車による特急印旛日本医大行である。北総鉄道では2015年12月ダイヤ改正にて夜間における輸送の改善を実施し、20時台から23時台にかけて4本の...

四直珍列車研究 85 - 平日 1863H