KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.05.02

ポルトガルの首都、リスボンを走るリスボン市電。最後に、28系統の狭隘区間を見に行ってみた。

X60734.jpg

リスボン市電 564
2016.2.13/**

▲アルファマ地区の狭隘区間を行く市電28系統。軌道が「ガントレット」と呼ばれる特殊な形状になっているところにも注目

リスボンを東西に走る28系統はところどころに狭い路地を走る区間が存在している。特に狭いのがアルファマ地区からグラサ地区にかけての区間。小型であるはずの車両ですらいっぱいいっぱいの道幅の通りを抜けていく。リスボン市電の車両が小さいのは、この区間を通り抜けるための大きさだったということがわかる。実際に電車が走って行くところを見たけれど、にわかには信じられない光景・・・。やはり世の中は広し、こんな強烈な区間を行く路面電車があったとは。

通り自体はグラサからアルファマ方向への一方通行で、路面電車のみが逆走を許可されているといった形態になっているようだった。軌道は単線。もちろん一方通行で電車どうし(あるいは電車と一般車両)がお見合いすることがないように、狭隘区間の入口には信号機が設置してあって、電車は交互通行でこの区間を抜けていく。狭隘区間は小半径のカーブも多く、電車は車輪から音をキーキー言わせながら走る。電車の軌道に隣接するように迷路のようなアルファマ地区が広がっているが、この地区を散策していると時おり車輪の甲高い音が聞こえてくる。

X60718.jpg

リスボン市電 581
2016.2.13/**

▲ここらへんが28系統の最狭区間(だと思う)。裏道のような通りを路面電車が抜けていくが、よくもまあこんなところに線路を敷いたものである・・・
X60700.jpg

リスボン市電 車内からの風景
2016.2.13/**

▲上の写真の最狭区間を車内から見た図。人が歩いてきただけでも電車は通れなくなるので、路面電車は慎重に注意深く進んでいく

この区間が開通したのは1930年代ということだが、よくもまあこんな狭いところに線路を敷こうと思ったものである。こんな区間、危なくて真っ先に廃止になりそうなものだが、実はこの狭隘区間こそが28系統が廃止から免れた要因。逆に道が狭すぎて路線バスに転換しようにもできなかったというわけで、ある意味ではリスボン市電を全廃から救った区間でもあるのだ。

◆ ◆ ◆

​しかしこのリスボン市電の28系統に乗っていると、モータリゼーションの中で路面電車がいかに苦境に立たされているかというのを実感する。28系統はおおむね全線で8〜10分間隔での運行となっているが、ある電停で電車を待っていると、20分も30分も電車が来ないことがあったかと思えば突然3台続けてやってくるなんてこともあり、時刻表通りの運行とは程遠い状態であった。特に28系統は一般の道路交通とともに走る併用軌道の区間が長く、さらに上でご紹介したように交互通行による単線区間はさらなる遅延を呼び込むまさしくボトルネックになっている1)。これには観光客の私ですら多少のストレスを感じたのだから、普段使いとしての路面電車だとしたらそれはもう大変なことは想像に難くない。リスボン市電が5つの系統を残して路線バスへ移行したのもなんとなく納得がいってしまうところ。いかに劣悪な環境の中を路面電車が走っていたかというのを推して知るべしである。

X60788.jpg

リスボン市電 564
2016.2.13/**

▲連なって走る市電28系統。1台目の電車が少なくとも10分近く遅れていることを意味する

​とはいえ、現在残っている5つの系統、特に本稿でご紹介した28系統は、繰り返しになるがリスボンの象徴とも言える存在であり、リスボンの宝である。これらの素晴らしい路面電車をこれからも末永く走らせていただくことを願うばかり。私もまた機会があればこの28系統に乗りにリスボンを再訪してやるぞと誓って、ポルトガルを後にしたのであった。

(完)

  • 1)無線でのやりとりがあるものの基本的には西行きと東行きを交互に通過させているようで、交互通行区間の入口で対向電車が来るまで十数分も待たされるといったことも発生していた。

関連記事

ポルトガル周遊の記 番外編 - リスボン市電のすごい配線

狭い街区の中をちょこまかと走るリスボン市電はその配線もすごい! ってことで、Twitterに掲載したらなかなか好評だったので、こちらにも改めて掲載したく思う。ちょっとだけ強引に敷かれたリスボン...

ポルトガル周遊の記 番外編 - リスボン市電のすごい配線
ポルトガル周遊の記 16 - リスボン市電あれこれ(路線篇)

前回の記事につづいてリスボン市電をば。今回は路線についてご紹介しよう。​2017年現在、リスボンで運行されている路面電車は12、15、18、25、28の5系統。系統番号の数字が飛び飛びになって...

ポルトガル周遊の記 16 - リスボン市電あれこれ(路線篇)
ポルトガル周遊の記 15 - リスボン市電あれこれ(車両篇)

ポルトガルの旅もそろそろ終盤である。これまでポルトガルにおける様々な公共交通をご紹介してきたが、満を持して(?)リスボンの路面電車を取り上げる。​リスボン市電の存在を知ったのは、初めて海外に...

ポルトガル周遊の記 15 - リスボン市電あれこれ(車両篇)
ポルトガル周遊の記 14 - リスボンのケーブルカー グロリア線

リスボンを走るケーブルカー、ビッカ線に続いてグロリア線をば。リスボンの中心に位置するレスタウラドーレス広場の脇から、丘の上のバイロ・アルト地区へとあがっていくのがグロリア線のケーブルカーである...

ポルトガル周遊の記 14 - リスボンのケーブルカー グロリア線
ポルトガル周遊の記 13 - リスボンのケーブルカー ビッカ線

リスボンを走るケーブルカー、ビッカ線に乗る。ケーブルカーというと山の中を走っていて、山麓から山の中のある程度のところまで運んでくれる楽ちんな乗りものという印象があるが、リスボンのケーブルカーは...

ポルトガル周遊の記 13 - リスボンのケーブルカー ビッカ線

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

海外の鉄道海外 路面電車