KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.06.28

2017年6月に(株)トミーテックより発売されているTHEバスコレクション第22弾において、東洋バスが名だたる大手事業者に混ざってラインナップに仲間入り。これはめでたい! というわけで、今回はその製品のモデルになった実車をご紹介しよう。

X55931.jpg

東洋バス 1707号車
2015.7.7/八千代市米本

▲模型化された1707号車。今のところ大型の一般路線用としては最も新しい車両である
X56609.jpg

東洋バス 1707号車
2015.8.17/高津団地

▲反対側。広告のところに白い無地のものが挿入されているのが特徴

今回の製品のモデルとなったのは1707号車(習志野200か1707)。新山営業所に所属する新型エアロスターMP38である(QKG-MP38FM)。2015年3月ごろに1706号車と連番で登録された2台のうちの1台で、この2台が東洋バスで初めて導入した新型エアロスターになった。東洋バスではこの2台以降、一般路線用の大型車を新しく導入していないので、今のところ一般路線用の大型車としては最も新しい車両になっている。

新型エアロスターでは事業者ごとにまちまちとなっているフロントバンパーの塗り分けは、東洋バスではヘッドライトの部分も含めて黒色とされ、たいへん引き締まった表情であるように思う。中扉から後方よりの、窓が少し小さくなっている部分も黒く塗装して窓が連続してあるように見せてあり、緑色のスモークガラスの採用と合わせて重厚感のある車両に仕上がっている。

そして特徴的なのが、ステッカー類の少なさ。車体に貼ってあるのは出入口や車いすステッカーといった必要最低限のものだけであり、非常にスッキリとしている。首都圏では今どき珍しいPASMOなどのICカードが使えない事業者ということで、ICカードのステッカーも貼られていない。近隣を走る京成グループのバスが環境にやさしいやら注意喚起やらとにかくいろんなものを貼りまくってるのとは対照的である。広告枠は反対側と後部の2ヶ所に設置されているが、運行開始時よりどういうわけだか謎の白い無地のものが挿入されている。将来的にここに何か広告が入るとしたらせいぜいグループ企業の東洋モータースクールくらいだろうか。

◆ ◆ ◆

製品に印刷されている行先表示は[17]松陰高校・英和高校経由米本団地ということだが、これは東洋バスでは少々レアな行先である。平日の朝に5便、土曜と休日の朝に4便だけ運行されているもので、運行時間帯と経由からおわかりいただけるように両校への通学対応で設定されているものになっている。朝以外は[15]グランド前体育館前経由米本団地として運行されている1)

​んで、このバスコレのように[17]の米本団地行で走る1707号車が実際に見られるかというと、これがなかなか難しい。もとより便数が少ないというのもあるが、前述の平日5便、土休日4便の中には運用の都合で中型車でしか運行できないものも含まれているので、確率的にはかなり低いものとなる。そもそも東洋バスのイメージ2)を考えたならばそれは八千代市内における団地輸送であり、[11]米本団地行や[21]村上団地行などといったもっとわかりやすい行先があるはず。それにもかかわらず、[17]のようなどちらかと言うとマイナーなものが選ばれてしまったのは疑問に思わないでもない。

​とは言うものの、スクール直通バスなどにおいて八千代松陰中学・高校ならびに千葉英和高校の学生を満載して走る同社のバスを見るにつけ、両校の存在は東洋バスにとってはたいへん大きな存在に違いないはず。そんなわけで、製品に印刷された[17]の行先表示は、そんな両校に対するせめてもの恩返しなんじゃないかと勝手に思っておくことにする。

  • 1)八千代台駅からの便は[16]、東京女子医大八千代医療センターからの便は[18]になる。
  • 2)そもそも東洋バス自体が謎の存在すぎて何もイメージできないとか言わないで〜〜

関連記事

千葉シーサイドバス2682号車 三菱ふそうエアロミディS

東洋バスの子会社である千葉シーサイドバス。同社に所属する車両は東洋バスからの移籍車が多数を占めているが、自社で導入した車両もわずかながらに存在する。その中の1台、2682号車を紹介しよう...

千葉シーサイドバス2682号車 三菱ふそうエアロミディS
千葉シーサイドバス 車両一覧

本稿は千葉シーサイドバスに在籍している車両および過去に在籍していた車両を表にまとめたものである。2003年の設立からの全車両を掲載しているつもりである。千葉シーサイドバスではいわゆる社番が...

千葉シーサイドバス 車両一覧
千葉シーサイドバス2891号車 KC-MP系エアロスター

10月上旬に東洋バスと千葉シーサイドバスとで車両の動きがあったので、見てみよう。東洋バスから千葉シーサイドバスへ3台の車両が転属した。転属した3台は次の通り。千葉200か2891 ← 習志野...

千葉シーサイドバス2891号車 KC-MP系エアロスター
東洋バス 車両一覧

東洋バスに在籍している車両および過去に在籍していた車両を表にまとめたものである。車両一覧というからには本来は創業時からの全車両を掲載すべきだが、過去にさかのぼればさかのぼるほどよくわからなく...

東洋バス 車両一覧
山梨交通C822号車 元東洋バスの日デRN

山梨方面に用事があったついでに南アルプス市を走る元東洋バスの様子を見てきたので、そのレポートをば。山梨交通C822号車、1998年式の日産ディーゼルKC-RN210CSN(富士重工8Eボディ)で...

山梨交通C822号車 元東洋バスの日デRN
東洋バス 車両情報@2015年12月

東洋バスでは、10月以降に中型ノンステップ車両の新車導入を含めた車両の動きがあったので、年末にまとめてドン。新車導入@2015年9月 9月に新車が4台導入された。導入されたのは三菱ふそう...

東洋バス 車両情報@2015年12月

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

東洋バスタグはありません