KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.07.07

​新京成に非公認なあいつがやってきた。

D28552.jpg

新京成8800形 8816編成
2017.7.5/稲毛〜みどり台

▲「ふなっしートレイン」ラッピング電車として走る8816編成。前面にはヘッドマークも掲出

​​新京成電鉄では、7月1日よりラッピング電車「ふなっしートレイン」の運転を行なっている。新京成線の開業70周年と船橋市の非公認ゆるキャラふなっしーの地上降臨5周年を記念したコラボレーション企画となっており、ラッピング電車のほかにもスタンプラリーや企画乗車券、駅の装飾などを実施する。新京成はこれまでにもプロ野球チームの千葉ロッテマリーンズやプロバスケットボールチームの千葉ジェッツふなばしなど沿線のさまざまな企業や団体とコラボレーションしているが、沿線随一の人気を誇る非公認ゆるキャラが満を持しての登場となった。

​「ふなっしートレイン」のラッピング電車になったのは8800形8816編成。車体側面にふなっしーと愉快な仲間たちがこれでもかというくらいに貼り付けられており、とても楽しい電車に仕上がっている。思わず梨汁がブシャーしてしまいそうなインパクトの強さだ(意味不明)。ラッピングは先頭車両と中間車両の2パターンが基本となっているようである。以下に写真を掲載する。

X66021.jpg

新京成8800形 モハ8816-6
2017.7.2/**

▲モハ8816-6
X66022.jpg

新京成8800形 モハ8816-5
2017.7.2/**

▲モハ8816-5
X66023.jpg

新京成8800形 モハ8816-4
2017.7.2/**

▲モハ8816-4
X66024.jpg

新京成8800形 モハ8816-3
2017.7.2/**

▲モハ8816-3
X66025.jpg

新京成8800形 モハ8816-2
2017.7.2/**

▲モハ8816-2
X66026.jpg

新京成8800形 モハ8816-1
2017.7.2/**

▲モハ8816-1

​「ふなっしートレイン」の運行予定は新京成電鉄の公式Webサイトから確認できる。運行初日となった1日はくぬぎ山5時28分発京成津田沼行より運用に入っているが、くぬぎ山車両基地からの"出待ち"は新京成電車の追っかけ組よりふなっしーの追っかけ組のほうが多かったらしい。合わせて発売されている「乗りトク!ふなっしートレイン運行記念おでかけきっぷ」の売れ行きも好調のようで、ふなっしーのいまだ衰えぬ人気の強さを見せつけられている。

運行は9月末までを予定。

関連記事

船橋新京成バス ふなっしーのバス停標識を探せ!

新京成電鉄とふなっしーのコラボレーション企画、こんどは船橋新京成バスのバス停にふなっしーが登場。新京成電鉄では、新京成線の開業70周年と船橋市の非公認ゆるキャラふなっしーの地上降臨5周年を...

船橋新京成バス ふなっしーのバス停標識を探せ!
新京成線 ふなっしーな三咲駅「みさっきー駅」

新京成線の三咲駅、ふなっしーに乗っ取られる。新京成電鉄では、新京成線の開業70周年と船橋市の非公認ゆるキャラふなっしーの地上降臨5周年を記念したコラボレーション企画を実施している。7月1日より...

新京成線 ふなっしーな三咲駅「みさっきー駅」
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2017年)

あけましておめでとうございます。2017年もよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、元日より毎年恒例の干支ヘッドマーク掲出を行なっている。同社の干支ヘッドマークは2009年から実施されている...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2017年)
新京成電鉄 創立&開業70周年記念「今昔ギャラリートレイン」運転

祝、創立&開業70周年。新京成電鉄では、2016年10月18日に創立70周年を、2017年12月27日には開業70周年をそれぞれ迎えることから、これを記念したギャラリー電車「今昔ギャラリー...

新京成電鉄 創立&開業70周年記念「今昔ギャラリートレイン」運転
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2016年)

あけましておめでとうございます。2016年もよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、元日より2016年の干支ヘッドマーク掲出を行なっている。2009年から実施されている毎年恒例のヘッドマークと...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2016年)

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化