KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.08.20

京成バスでは各車両に対して4桁の英字または数字を漏れなく付しており、これを車両番号(社番)として各車両の管理に使用している。今回はこの車両番号について、その付番の法則などを簡単にまとめてみた。なお、基礎知識などという偉そうなタイトルとなっているものの、多分に筆者の日頃の観測に基づいているので、間違っているところなどがありましたらご指摘いただければ幸いです。

X62322.jpg

京成バス 3331号車&8155号車
2016.10.8/幕張メッセ

▲京成バスの三菱ふそうエアロスター3331号車といすゞエルガ8155号車。これらの番号は何をもってして付けられているのだろうか

前述のように、​京成バスの車両番号は英字あるいは数字を用いた4桁のものを使用している。一般の路線車両や高速車両はもちろんのこと、貸切・特定輸送用の車両まで全ての車両にそれぞれ1つの番号が与えられており、番号の重複はない。まずは各桁が表す意味を見てみよう。各桁が表す意味は以下のとおりになっている。

  • ​千位は所属する営業所を表す1)。1:奥戸営業所、2:市川営業所、3:松戸営業所、4:新都心営業所、5:千葉営業所、8:金町営業所、0:習志野出張所、E:江戸川営業所、H:新習志野高速営業所、N:長沼営業所。
  • ​百位はシャーシのメーカーを表す。1・2:いすゞ、3・6:三菱ふそう、4・5:日野(トヨタを含む)、7:日産ディーゼル(日産を含む)。
  • ​十位と一位は車両の導入順に付けられる番号。

京成バスの4桁の車両番号は、基本的にはこの法則に従っている。​例えば、市川営業所に所属するいすゞ製車両であれば、車両の導入順で、2100、2101、・・・、2199、2200、2201、・・・というふうに番号が付されていく。ただし、ナンバープレートの数字と同様に末尾が42、49となる場合、その番号は飛ばされて欠番になる。車両の導入が進んで2299まで達した場合、番号は2100に若返り、再びカウントが始まる。2300に及んでしまうとそれは三菱ふそう製車両の番号になってしまうし、新しい2100号車が登場する頃には先代の2100号車は除籍になっていることがほぼ確実に見込まれるためである2)。数字は有限なので、番号が空いていれば同じ番号が何度も使用されることがある。

​車両番号は車両の内外に掲示してある。車外においては車体側面の前方と後方のそれぞれ2ヶ所、合わせて4ヶ所に番号が記されているほか、近年になってさらに前面と後面にも1ヶ所ずつ番号が掲示されるようになって、計6ヶ所に4桁の番号が見られる。高速車両では、これらに加えてバスジャックへの対応の観点から屋根上にも番号を大きく掲示している。

​千位に所属営業所を表す数字または英字が組み込まれており、車両番号によりその車両が所属する営業所が一目で分かるのが特徴である。しかし、このことはある車両が他の営業所に転属した際、車両番号が必ず変更されるということを意味する。例えば、前述の市川営業所のいすゞ製車両が千葉営業所に転属した場合、この車両には5100あるいは5200番台の番号が新しく付けられる。市川営業所から千葉営業所に転属する場合、ナンバープレートも習志野ナンバーから千葉ナンバーに変わるので、外部の人間からしたら車両の動向を注意深く見ていないと転属した車両を見失うことになってしまう。中には営業所をたらい回しにされ、除籍になるまでに6つも7つも番号をもらった車両も存在する3)

ただし、車両の転属に伴う車両番号の変更ついては、転属後の営業所で番号が重複しない範囲内において、営業所を示す千位の文字のみを変えて対応ということも行なわれており(例:金町営業所8128→長沼営業所N128)、この場合は車両の動きが読み取りやすい。また、車両を短期的に他の営業所に貸し出す場合は、車両番号の変更を省略することがある。

X66265.jpg

京成バス 0486号車の車両番号
2017.7.29/**

▲習志野出張所0486号車の車両番号。千位の0の部分だけ修正されており、転属車であることがわかる。この車両は元新都心営業所船橋営業所(当時)の4486号車である(よく見ると元の番号が透けている)

​​百位については、上記のシャーシメーカーにより割り当てられている数字以外で0と8、9があるが、これらについてはシャーシのメーカーに関係なく貸切・特定輸送用の車両に与えられていることが多い。ここらへんのことを含めて、付番における細かな裁量は各営業所に委ねられているようで、付番の"くせ"は各営業所でまちまち。以下では、その細かいところを含めた各営業所の付番事情を見ていこう。

奥戸営業所(1)
  • ​2003年までいすゞ製の高速車両に1000番台を与えていた。1091まで達したところで2006年導入の車両より1201〜を付番。
  • ​台東区コミュニティバス用の中型車に1101〜を付番。
江戸川営業所(E)
  • ​貸切車両にE000番台を与えている。
  • ​E100・E200番台は1996年にE199まで付番された後、1998年導入の車両でE100にリセット。その後、2003年にE127からE250に番号が一気に飛んだ後、2008年にE299に達してE150からカウント。
  • ​大型車両と中型車両に関係なく番号を付けてきていたが、2013年ごろより新車で導入したいすゞ製の中型車両にE010番台を割り当てるようになった。
  • 他所からの転属車に対してE200番台(いすゞ製)およびE500番台(日野製)を割り当て。
  • 2017年に導入したシャトル☆セブン専用車(いすゞ製)にE701〜を付番。
金町営業所(8)
  • 2007年の新車で8193まで達した後、その次の車両から8101〜を付番。
  • ​8100番台を新車で導入した車両に、8200番台を他所からの転属車に対して割り当て。
松戸営業所(3)
  • ​3100番台は今のところすべて他所からの転属車。
  • ​2016年に新車で導入されたいすゞ製車両に3201〜を付番。
  • ​三菱製車両については新車で導入した車両に3300番台を、他所からの転属車あるいは特定輸送用の車両に3600番台を割り当て。
市川営業所(2)
  • ​新車の導入順で付番した2100・2200番台とは別に、他所からの転属車に対して2100番台を割り当てており、転属してきた順で2101〜を付番している。
  • ​2013年の新車で2299に達して、2014年の新車で2100から再カウント。2016年に2118まで達したところで転属車の2100番台と番号が重複しそうになったので、2200まで番号を飛ばして2200〜を付番している。
  • 市川市コミュニティバス用の小型車両に2401〜を付番。
  • ​貸切・特定輸送用の車両に2900番台を割り当て。
新都心営業所(4)
  • ​2012年に船橋営業所茜浜車庫を移転ならびに格上げした格好の営業所で、2012年末に閉所になった船橋営業所が使用していた千位の4をそのまま引き継いだ。
  • ​4000番台は貸切・特定輸送用の車両に与えられていた(現在、該当する車両なし)。
  • ​4400・4500番台は船橋営業所時代に空き番号に余裕がなくなったため、2003年の途中から一時的に4850番台を使用していたことがある。4413の次の車両より4850〜を付番し、2005年の新車で4894まで達した後、2006年の新車より4414から再カウント。
  • ​4515から新都心営業所として導入された車両である。
  • ​通常の4400・4500番台とは別に、2016年より導入された小型車に対して4400〜を付番している。
  • ​1998年に導入されたボルボの連節バスに4811〜を付番していた(全車除籍済)。
  • ​2010年に導入されたメルセデス・ベンツの連節バスに4821〜を付番している。
  • ​4444は欠番。
X66034.jpg

京成バス 4824号車
2017.7.2/千葉市花見川区幕張本郷

▲新都心営業所に所属するメルセデス・ベンツの連節バス。4821から付番され、4835までの15台が在籍している。ナンバープレートも車両番号に合わせた希望ナンバーを取得しており、京成バスのフラッグシップらしい存在である。
新都心営業所習志野出張所(0)
  • ​2012年に新設された出張所。組織的には新都心営業所の傘下であるが、営業所を示す千位の文字として新都心営業所とは別の0という数字が新しく与えられた。
  • ​船橋営業所の閉所に伴い開設された出張所ということで、発足当時は船橋営業所花輪車庫から移管した車両が多数を占めた。これらの車両は一律に千位の4を0に書き換えて対応。
  • ​新都心営業所の項でも記したように、船橋営業所時代に4850番台の車両がいたため、習志野出張所においても0850番台の車両が存在する。
  • ​0515から習志野出張所として導入された車両である。
  • ​田喜野井線用のワゴン車に0050番台を割り当て。
  • ​貸切・特定輸送用の車両の一部に0800番台を割り当て。
新習志野高速営業所(H)
  • ​2012年に新設された営業所。船橋営業所に同居していた高速貸切センターを茜浜車庫に移転した格好の営業所で、同センターが使用していた千位の7とHを引き継いだ。
  • ​三菱ふそうの新車についてはH600番台が付番されており、H300番台は全て他所からの転属車。
  • ​日野の車両はH500番台を使用している。
  • ​奥戸営業所からの多数の車両が転属してきている。これらは千位の1をHにしただけとなっており、したがってH000番台とH200番台が存在する。
  • ​貸切・特定用車両については7000番台を使用していたが、2014年にシャーシのメーカーを問わず全てH700番台に改番し、新しくH701〜を付番。これにより、京成バスから7000番台の車両が消滅。
長沼営業所(N)
  • ​高速車両にN801〜を付番。
  • ​瑞穂の杜線専用車にN030番台を、み春野線専用車にN050番台を割り当てていた(現在、該当する車両なし)。
千葉営業所(5)
  • ​三菱ふそうの車両については高速車両に5300番台を、一般車両に5600番台を割り当て。
  • ​1)このほか成東営業所に6を、佐倉営業所にSを割り当てていたが、それぞれちばフラワーバス、ちばグリーンバスとして分社化して消滅(ただし、ちばフラワーバスでは引き続き6000番台の番号を使用している)。7は高速貸切センター→新習志野高速営業所の一部車両に使用されていたが、こちらは現在使われていない(新習志野高速営業所の項を参照)。
  • 2)新車で導入された車両が概ね12年程度で除籍になるのに対し、車両番号が一回りするのに25〜30年かかるため。
  • ​3)一例として、2003年に船橋営業所の4861号車として導入された車両(日野KL-HR1JKEE)がある。この4861号車は高速貸切センター(当時)に転属して7861になった後、2009年にいったんグループ子会社のちばシティバスに移籍してC183に。同年、3407として京成バスに復籍するとその後は4498→E501→N560と各営業所を渡り歩き、2015年に除籍。現在は関東鉄道の9406号車として走っている。営業所をいくつも抱える京成バスでは少なからず車両の転属があるとはいえ、ここまでいろんな営業所を転々とした例は珍しい。

関連記事

ちばレインボーバス307号車 京成トランジットバスカラーのエルガミオ

京成トランジットバスだと思ったでしょう? ちばレインボーバスだよー。ちばレインボーバス307号車は、京成トランジットバス塗装をまとういすゞエルガミオである。​もとは印西市に本社を置く北総交通と...

ちばレインボーバス307号車 京成トランジットバスカラーのエルガミオ
京成バスH504号車 リフト付き高速バスの実証実験

京成バスH504号者は、新習志野高速営業所に所属するリフト付きの高速バス車両である。一見すると普通の高速バス車両のようだが、乗降側の窓割りが一般的な車両と異なっていることが外観上の特徴である...

京成バスH504号車 リフト付き高速バスの実証実験
千葉内陸バス 系統番号の使用開始

千葉内陸バスに系統番号がお目見え。千葉内陸バスでは、3月16日より全路線にて系統番号の使用が開始された。新しく設定された系統番号は「アルファベット(大文字)+数字(2桁)」という組合せが採用...

千葉内陸バス 系統番号の使用開始
京成バスシステムの新カラー

京成バスシステムの路線車両に小変化。2月上旬より、京成バスシステムに新カラーの車両がお目見えしている。京成バスの子会社である京成バスシステムでは、一般路線用の車両については青と白と赤という...

京成バスシステムの新カラー
京成バスN130号車 千葉中央バスカラーの京成バス

千葉中央バスだと思ったでしょう? 京成バスだよー。京成バスほどの大きな事業者ともなれば変な車両の1台や2台が在籍しているものと思うのだが、これはまさしく変な1台。長沼(営)に所属するN130号車...

京成バスN130号車 千葉中央バスカラーの京成バス

京成バスタグはありません