KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.09.21

平日1620Hはかつて平日に走っていた快速三崎口行である。

D15523.jpg

京急新1000形 1025編成
2012.8.22/四ツ木

▲快速三崎口行として走る新1000形。一見すると代走のように思えるが、当時のダイヤではこれが所定であった
  • [平日]1620H 快速三崎口
  • 始発:高 砂1655 → 終着:三崎口1902
  • ダイヤ:2010.7.17改正
  • 備考:押上から特急

成田スカイアクセス線の開業に伴う2010年7月ダイヤ改正で登場した列車である。京成本線から都営浅草線に直通する快速は、夕方くらいに以降のラッシュ時間帯の運行に備えて高砂にて車両交換的に列車が分断されているものがあるが、1620Hはそのうちの1本。1574K快速高砂行の接続を受ける格好で設定された1620Hは三崎口行とされ、平日夕方に1本だけ快速三崎口行が走ることになった。

成田スカイアクセス線の開業においては、それまで日中時間帯に走っていた羽田空港〜佐倉の運行系統が羽田空港〜(成田スカイアクセス線経由)〜成田空港にシフト。それまで京成本線を快速として走っていた京急車は、佐倉発着の列車が京急線の羽田空港に直通していたからこそ見られるものであったので、これが消滅するということは京急車の快速も同時に見納めになるものと思われた。ところが、ダイヤ改正に先立って発売された京成時刻表をペラペラとめくっていくと、高砂始発の列車として2本(1620Hと1530H西馬込行)、北総線からの直通列車で高砂で種別変更を行なうものが1本(2270H羽田空港行)、合わせて3本の京急車の快速が記載されていたのであった。引き続き、京急車の快速が見られることになろうとは! 快速は基本的に京成本線直通の種別だが、京成本線を走らない列車ならば、京急車の快速が見られる可能性があるということを示してくれたのである。

そしてこの列車の最大のポイントは、高砂から西側を走るということ。つまり、これまでの京成本線を走る快速と違って停車駅予報装置が必要ないため、600形および新1000形10次車(1121以降の編成)の縛りはなく、1500形や新1000形アルミ車も充当することができた。それまで1500形や新1000形アルミ車の快速は基本的には代走でのみ見られるものであったが、それが日常的に走るようになった。

余談ながら京成時刻表の2010年7月ダイヤ改正号では、当列車は「特急」三崎口行として掲載されていた。ついに京成線内を走る特急三崎口行ktkrとテンション爆上げ↑↑になったのだが、これはただの誤植であった。なお、1620Hは2011年9月の京急線ダイヤ改正に伴う京成線ダイヤの一部訂補で列車番号が1650Hに変更されている(冒頭の写真は2012年のものなので、運行番号が51Hになっている)。

1620Hは1530H、2270Hともども2012年10月ダイヤ改正で消滅、京急車の快速はいったん見納めになった。その後、2013年10月ダイヤ修正で快速西馬込行がいったん復活するも再び消滅。そして、2015年12月ダイヤ修正を迎える。このダイヤ修正にて、大方の想像の範疇を超えて西馬込〜佐倉を走る京急車の快速が爆誕してしまったのご存知のとおりかと思う。

関連記事

四直珍列車研究 94 - 平日 2324・土休日 2320

さて、まもなくダイヤ改正が行なわれる。ということで、恒例ながらダイヤ改正で消えてしまう珍列車を取り上げてみよう。平日2324レ・土休日2320レ、成田空港始発の京成津田沼行である。京成本線...

四直珍列車研究 94 - 平日 2324・土休日 2320
四直珍列車研究 92 - 平日 1011K

アクセス運用では唯一の快速特急。京成電鉄では、2014年11月ダイヤ改正で日中時間帯における高砂発着の押上線普通列車の一部の快速特急への格上げを実施。40分毎に運転されるエアポート快特〜...

四直珍列車研究 92 - 平日 1011K
四直珍列車研究 91 - 平日 1516H・1526H

平日1516Hと1526Hはかつて運転されていたアクセス特急三崎口行である。2010年7月の成田スカイアクセス線開業に伴うダイヤ改正で登場したアクセス特急。その開業前、はたしてどんなダイヤに...

四直珍列車研究 91 - 平日 1516H・1526H
四直珍列車研究 90 - 土休日 600K

土休日の早朝に見られる京成3050形の珍列車。土休日600Kは、京成車による普通羽田空港行である。2014年11月ダイヤ改正で登場した列車で、現行ダイヤにおいて京成車が京急線内を普通列車として...

四直珍列車研究 90 - 土休日 600K
四直珍列車研究 89 - 平日 2035Nb・2129N

1年待って登場した北総線の下り北総特急。平日2035Nbと2129Nは北総車による特急印旛日本医大行である。北総鉄道では2015年12月ダイヤ改正で4本の下り北総特急を新設し、夜間における輸送の...

四直珍列車研究 89 - 平日 2035Nb・2129N

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

京急珍列車