KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.09.30

ちょうど1年前のことになってしまったのだが、タイに行ってきましたよっ。バンコクを中心にブラついてきたので、例によって備忘録的にあれこれ記していきたいと思う。

X62782.jpg

バンコクのバス
2016.10.22/Mo Chit 2

▲モーチット2車庫で待機中のバンコク都バス(BMTA)の面々。手前に停まっているシャトルバスはプミポン国王追悼のため都内各所〜王宮前広場にて運行されていたもの

さて、今回はバスネタから。前回のバンコク訪問では戦勝記念塔のロータリーで適当なスポッティングに勤しんだけど、今回は2回目のバンコクで多少の慣れもある1)し、何なら車庫へ行ってしまえ〜ってことで車庫を訪れてみた。とは言え、いきなり純粋な車庫に突撃する度胸はないので、バスターミナルを併設したところを選んでバンコク都バス(BMTA)のモーチット2車庫というところへ。チャトチャックの週末マーケットを見て回った後、BTSモーチット駅からバイタクを捕まえてレッツラゴ〜(死語)

前述のようにモーチット2車庫はバスターミナルを併設した車庫になっている。バスターミナルとしてのモーチット2はガイドブックなどで北バスターミナルとして案内されることもあるようだが、バンコク都バスのモーチット2は長距離バスや都市間バスが発着する北バスターミナルの南側に接する格好で別に設けられているバスターミナルなので注意が必要(要するにこれらは少し別の場所ということ)。モーチット2を発着するバンコク都バスの路線は、3、5、9、16、77、96、104、122、136、138、145、170、509、517、529、536、547、A1(2017年10月現在、民間委託路線を含む)。

以下にモーチット2車庫で撮影した写真を羅列する。

X62783.jpg

バンコクのバス
2016.10.22/Mo Chit 2

▲バンコク版エアロスターこと三菱ふそう製の赤バス。最近になってリニューアル車も登場しているようで、まだまだ現役
X62801.jpg

バンコクのバス
2016.10.22/Mo Chit 2

▲いすゞ製の赤バス。車種ごとにまとめて留置するのがここの車庫の流儀のようであった
X62774.jpg

バンコクのバス
2016.10.22/Mo Chit 2

▲前扉の4枚折戸が特徴のいすゞ製ユーロ2バス。近年、バンコク都バスでは車内で利用できる無料Wi-Fiの導入が進んでおり、対応車にはその旨を示すステッカーが貼ってある
X62738.jpg

バンコクのバス
2016.10.22/Mo Chit 2

▲日野のユーロ2バス。エアポート・レイル・リンク(ARL)のフアマーク駅を経由してサムットプラーカーン方面へ向かう145番
X62787.jpg

バンコクのバス
2016.10.22/Mo Chit 2

▲韓国・大宇バス製のユーロ2バスは廃車が進んでおり、車庫の片隅に廃車体が並べられていた
X62741.jpg

モーチット2バスターミナル のりば
2016.10.22/**

▲モーチット2バスのりばの様子。バスはのりばに頭から突っ込んでバックで発車していくというスタイル
X62815.jpg

バンコクのバス
2016.10.22/**

▲帰りはバスで脱出するも渋滞にはまって無事死亡(さっさと降りてBTSに逃げました)
  • 1)などとイキっていると痛い目に遭うのである。この後、バスの中に財布を忘れるという大失態をしてしまうのであった(奇跡的に財布は無事に戻ったけど生きた心地はせず。反省)。

関連記事

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 6 - バンコクのバスあれこれ2

バンコクの交通見聞、前回に引き続き戦勝記念塔の大ロータリーにて撮影したバンコクのバスをご紹介。直営エアコンバス(ユーロ2バス) BMTA直営のエアコンバスである。1998年から2000年代初頭に...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 6 - バンコクのバスあれこれ2
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 5 - バンコクのバスあれこれ

というわけで、バンコクでも適当にバスを撮ってみた。帰りの飛行機までの時間調整を兼ねてバンコクの交通における要所の1つ、戦勝記念塔(Victory Monument)の大ロータリーに行ってみた...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 5 - バンコクのバスあれこれ
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 4 - バンコクの路線バスに乗る

というわけで、バンコクの路線バスに乗ってみよう。バンコクで最初に乗ったのは48番のバスであった。48番は、スクンヴィット通りからBTS2線が交わるサイアム駅を経由して、観光地として定番の...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 4 - バンコクの路線バスに乗る
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情

バンコクの交通事情、その3はバスである。バンコクのバスはいかにも前時代的である。前回まで取り上げた軌道系の交通が比較的新しいということもあってとても使いやすいのとは対照的。車両はボロく...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 3 - バンコク路線バス事情
タイ 灼熱のバンコク交通見聞 2 - BTSスカイトレイン走行音篇

バンコクその2。BTSの走行音と、BTS以外の軌道系交通の紹介をば。BTSには2種類の車両が走っているのは前回の記事でご紹介したが、上の2つがSIEMENS製の車両、下の2つが中国製の車両の...

タイ 灼熱のバンコク交通見聞 2 - BTSスカイトレイン走行音篇

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

海外のバス海外