KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.11.23

祝・新鎌ヶ谷駅付近の下り線高架化!

D29370.jpg

新京成8800形 8813編成
2017.11.22/**

▲高架化された下り線を走る新京成8800形。京成成田スカイアクセス線・北総線と並走する格好になる。奥に見える駅は北初富。車両の塗装もジェントルピンクになり、イモっぽいイメージからの飛躍を遂げている(?)
X68353.jpg

新京成線 高架区間の眺め
2017.11.22/**

▲高架化された区間を先頭車両より眺める。見える駅は新鎌ヶ谷だが、新鎌ヶ谷の北初富方に渡り線が設置されており、高架化が完成した暁には新鎌ヶ谷で折返し運転ができるようになる見込み

千葉県が主体となり新京成電鉄、鎌ヶ谷市と連携して進められている新京成線くぬぎ山〜鎌ヶ谷大仏間の連続立体交差事業について、10月21日の始発列車より下り線が切り替えられ、高架化が実施された。合わせて、この区間に存在する北初富、新鎌ヶ谷、初富の3駅も下り線の新ホームの供用が開始されている。遅ればせながらこれら高架新ホームの様子をようやく見に行ったので、いくつか写真を掲載しよう。

北初富駅
X68350.jpg

北初富駅 ホーム
2017.11.22/**

▲高架化した3駅の中では唯一の相対式ホームとなる北初富。上り線側も躯体工事を終えており、高架化完成時の姿がイメージできる状態

高架の新ホームは3駅の中では唯一の相対式。上下線が同時に施工されており、ホーム階については上り線側も躯体工事を終えて上屋もかけられた状態である。くぬぎ山方から走ってきた列車は北総線の高架をくぐった後、勾配を駆け上がって北初富駅に到着する。この勾配の関係で、駅そのものが新鎌ヶ谷方に約150mほど移動することになった。

高架化工事では当駅付近の用地取得が特に遅れて事業全体の足を引っ張っていた格好であったが、2014年2月に仮駅に移転すると工事は大きく進んで、今回ようやく下り線が高架化されるに至った。

新鎌ヶ谷駅
X68358.jpg

新鎌ヶ谷駅 ホーム
2017.11.22/**

▲島式ホームの新鎌ヶ谷駅新ホーム。写真の右側に成田スカイアクセス線・北総線の駅があるが、立派な壁があって駅のホームから互いの列車はほとんど見ることができない
X68366.jpg

新鎌ヶ谷駅 ホーム
2017.11.22/**

▲振り返って初富方を見る。駅の躯体自体は8両分あるが、6両編成が停まらない位置は柵で仕切られており、その部分については床の仕上げも省略されている。上屋も骨組みだけが構築されている状態。高架線は初富駅へと続いていくが、この区間の大カーブは相変わらずで、45km/hの制限で急カーブを通過していく

新鎌ヶ谷はもとは相対式ホームの駅であったが、高架化で島式ホームとされた。北初富と同じく上下線の同時施工で、上り線側もほぼほぼできあがった状態とみられるが、仮囲いで仕切られておりその様子をうかがうことができない。特筆すべきは北初富方に渡り線が設けられていることで、これに伴い連動駅化されている。既に下り線の北初富方には出発信号機が準備されており、非常時や花火等の多客対応で当駅折返しの列車の運転を想定しているものとみられる。

また、高架の新ホームは各駅とも8両編成の長さで作られている。これは単純に高架線が新京成の全列車6両編成化(2014年9月)以前の設計のため。したがって、各駅とも2両分のスペースがハナから無用の長物になってしまっており、その部分は柵で仕切られて立入りができないようになっている。新京成線の高架化にあたっては各駅ホームの端より高架線を走ってくる新京成の電車を綺麗に撮れるのではと期待されたが、おかげさまで趣味者にとってはいささか悲しい結果になってしまった。

初富駅
X68392.jpg

初富駅 ホーム
2017.11.22/**

▲新鎌ヶ谷と同じく島式ホームの初富駅。ここはまだ下り線側しかできあがっていない

島式ホームである。高架化は新鎌ヶ谷〜初富の途中から下り線のみの施工となっており、当駅もできあがっているのは下り線の部分だけ。上り高架線は地上下り仮線を撤去した後、これから施工ということになる。

仮線方式による高架化において片側の線が高架化されれば後は早いもので、新京成電鉄によれば上り線の高架化は2019年度の予定とのことである。その後、地上に残存した仮線の撤去ならびに関連する側道等の整備を行なって、2024年度に事業そのものが完了の予定。

◆ ◆ ◆

X68340.jpg

新京成線 初富駅付近の枕木
2017.11.22/**

▲おまけ:初富駅付近では橋桁が斜めに入っているところがあってそれと干渉しないように枕木が設置されていることから、枕木が踊っているように見えてちょっとおもしろい

関連記事

新京成線 ふなっしーな三咲駅「みさっきー駅」

新京成線の三咲駅、ふなっしーに乗っ取られる。新京成電鉄では、新京成線の開業70周年と船橋市の非公認ゆるキャラふなっしーの地上降臨5周年を記念したコラボレーション企画を実施している。7月1日より...

新京成線 ふなっしーな三咲駅「みさっきー駅」
京成押上線 曳舟駅付近の高架化完了

祝・曳舟駅付近の高架化完了! 京成電鉄と東京都、墨田区で進められている京成押上線押上〜八広間の連続立体交差事業において、8月22日より下り高架線の使用が開始された。これにより、2013年8月に...

京成押上線 曳舟駅付近の高架化完了
新京成電鉄 新CI&新デザイン駅名標

急にどうした、新京成。それは5月末のことであったが、新京成電鉄は「『シンボルマーク』と『スローガン』が新しくなります」というプレスリリースを出した。新津田沼〜京成津田沼間のくねくね線形を...

新京成電鉄 新CI&新デザイン駅名標
京成押上線 曳舟駅付近の上り線高架化

祝・曳舟駅上り線高架化! 京成電鉄と東京都、墨田区で進められている京成押上線押上〜八広間の連続立体交差化工事において、8月24日より上り高架線の使用が開始された。高架化区間に存在する曳舟駅も...

京成押上線 曳舟駅付近の上り線高架化
祝・船橋駅下り線高架化

船橋付近の下り線が高架化されて早1ヶ月。先週土曜のことであるが、ようやく下り線が高架化された後の船橋駅の様子を見に行くことができた。思えばずーっと工事していた。高架を走る総武線や東武線とは違って...

祝・船橋駅下り線高架化

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

新京成電鉄駅施設