KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.11.19

京急本線において日中時間帯に品川~京急蒲田間を走る通称"蒲田ローカル"。運行開始から5年を記念して、蒲田ローカルがどういった運行をしているのかを見てみよう(今さら)。後編。(前編はこちら

D16519.jpg

京急600形 656編成
2012.11.21/京急川崎

▲京急川崎、品川方の引上線で待機中の蒲田ローカル回送車。下り本線よりこの引上線に直接入線するのが特徴のひとつ

さて、品川~京急蒲田間を走る蒲田ローカルだが、ご存知京急蒲田は2層高架式の要塞駅なので、品川方面から京急蒲田に到着した列車は当駅で折返すことができない。京急蒲田からは種別を回送へと変え、京急蒲田からは種別を回送へと変え、多摩川を越えた先の京急川崎まで走って折返しを行なっている。蒲田ローカルは実際には品川~京急川崎間を走っている。

京急蒲田2番線に到着した蒲田ローカルは、客扱いを終えた後、種別を回送に変更して待機。SH快特と横浜方面エアポート急行、浦賀行普通車をそれぞれ1本ずつやり過ごし、普通車の後追いで京急川崎に向けて発車する。

京急川崎では品川方の引上線を使って折返しを行なうが、この折返し方法が実に京急らしい。本線を下ってきた回送車は引上線に直接進入し、再び待機。京急川崎駅における下り本線から引上線への渡り線は2002年のD特急1)運行開始に伴い設置されたものだが、これを活用する格好になっている。その後、上りA快特の発車を見届けて引上線から6番線に入線、すかさず折返して京急蒲田まで回送として走る。

X61225.jpg

京急1500形 1525編成
2016.3.10/京急川崎

▲品川方の引上線から6番線に進入する蒲田ローカルの回送車。ここで品川方面に向きを転じるが、ホームの中ほどまで入線せずに4両分だけ入ったところで停止。そのままマッハで折返していく

京急蒲田は2階の切り欠きホーム5番線に入線するが、到着後すぐに客扱いを開始しない。後からやってくる普通車が先発するのでしばらく回送として待機し、その普通車が発車したタイミングを見計らってドアを開ける。京急蒲田はSH快特の後追いで発車。

下り列車の京急蒲田到着から京急蒲田の上りホームまで戻ってくるまでを文章に起こしてみたものの、とてもややこしくて面倒くさい方法ということがお分かりいただけよう。この間に約35分もかかっており、仮に京急蒲田で折返しできたならば3本の編成で回せるところを4本の編成が必要となっている。京急川崎まで走るのなら雑色と六郷土手にも停車して京急川崎発着の普通車として運転したらいいじゃん~と思ってしまいたくなるが、京急川崎における折返し方法などの理由から京急蒲田~京急川崎間は営業運転を行なうことができず、少しばかり非効率な運行系統になっている気がしないでもない。

D27042.jpg

京急1500形 1525編成
2016.7.5/京急蒲田

▲横浜方から蒲田ローカルの始発となる京急蒲田の5番線に入線
X61751.jpg

京急1500形 1525編成
2016.7.5/京急蒲田

▲6番線から先に発車する普通車があるため、そのまま回送状態でしばし待機。がらんどうの京急蒲田5番線

◆ ◆ ◆

そんな蒲田ローカルの今後を少しだけ占ってみよう。

2016年4月、国土交通省の諮問機関である交通政策審議会は、今後の首都圏の鉄道における整備方針についてまとめた「東京圏における今後の都市鉄道のあり方」を国土交通大臣に対して答申した。この答申の中で、京急空港線羽田空港国内線ターミナル駅引上線の新設が国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクトの1項目として挙げられている。品川駅の2面4線化と合わせて、羽田空港を発着する列車の増発を目的としたものである。

羽田空港国内線ターミナル駅に引上線を設けることで、1時間あたりの運行本数を12本から15本にすることができるという。現行ダイヤの日中時間帯においては既に品川方面の快特・エアポート快特と横浜方面のエアポート急行がそれぞれ毎時6本走っており、合わせて1時間あたり12本。引上線が新設されればこれに毎時3本だけ何かを加えられることになるが、それが蒲田ローカルを空港線方向に延長したものとはならないだろうか。

もちろん、多額の費用を投じて作り出した増発分が空港線内の普通車に使われる可能性は低いだろうけど、京急蒲田を通過するエアポート快特の再増発などとバーターで実施すれば、大田区も嫌な顔をしないはず2)?? ともかく、蒲田ローカルを羽田空港方面に振ることができれば、現状で京急川崎まで回送するという無駄を省くことができるし、何より2012年10月ダイヤ改正で京急蒲田での乗換えを強いられるようになった日中時間帯における本線品川方面エアポート急行停車駅~空港線各駅の移動が再び直通になるという恩恵もある。はたして蒲田ローカルが空港ローカルに化ける日は来るだろうか。

  • 1)羽田空港〜新逗子間で運行していた系統。京急川崎〜金沢文庫は品川方面発着の快特に増結。京急川崎の下り場面では、下り本線から引上線に直接入線し、引上線で後続の快特を待避した後、その快特に増結を行なっていた。
  • 2)2010年5月ダイヤ改正でエアポート快特を増やしまくったら大田区にめっちゃ怒られた。

関連記事

京急線 品川〜京急蒲田間の普通列車"蒲田ローカル"を見る

京急本線において日中時間帯に品川~京急蒲田間を走る通称"蒲田ローカル"。運行開始から5年を記念して、蒲田ローカルがどういった運行をしているのかを見てみよう(今さら)。蒲田ローカルは日中時間帯に...

京急線 品川〜京急蒲田間の普通列車
京成線 都営5300形の快速高砂行を追い抜く都営5300形の快速高砂行

あ・・・ありのまま 今 起ったことを話すぜ! 「1番線に都営5300形の快速高砂行が停車していると思ったら、2番線から都営5300形の快速高砂行が追い抜いていった」 な・・・ 何を言ってるのか...

京成線 都営5300形の快速高砂行を追い抜く都営5300形の快速高砂行
芝山鉄道3500形 京成金町線を走る

京成金町線を走る3500形。一見すると何ら変哲のないごく普通の日常のように映るけれども、よく見たら番号が3540だし、車体の側面には緑色のプレートと成田空港の広告がチラチラ見えとるし...

芝山鉄道3500形 京成金町線を走る
京成3600形3668編成 金町線を走る

金町線に還ってきた、我らがアイドル京成3600形3668編成。2016年度末に中間車両の3608-3601が廃車され、4両編成になった3668編成。4両編成になったということで金町線の運用にも...

京成3600形3668編成 金町線を走る
京成押上線 八広駅のパタパタ発車標

2016年現在、京成線で唯一使われている八広駅の反転フラップ式発車標。2001年9月の3番線ホーム使用開始に合わせて設置されたものだが、パタパタと小気味良い音を立てながら表示がめまぐるしく...

京成押上線 八広駅のパタパタ発車標

京急日常