KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2017.12.01

MRTパープルラインを1往復し、シャトルバスでバンスー駅に戻ってきた。そのついでにタイ国鉄のバンスー駅を少しばかり観察。

X63106.jpg

タイ国鉄 バンスー・ジャンクション駅
2016.10.24/**

▲タイ国鉄のバンスー駅。北本線と南本線の分岐点ということで正式にはバンスー・ジャンクション駅といい、駅名標にもそう書いてある
X63107.jpg

タイ国鉄 バンスー・ジャンクション駅
2016.10.24/**

▲バンスー駅のホームの様子。人々は自由に行き来しているし、ホームに原付は置いてあるし、なんていうかいろいろ自由すぎ!

タイ国鉄のバンスー駅は、巨大な車庫や貨物駅も併設するタイ国鉄の要所のひとつ。北本線と南本線の分岐駅でもあることから正式にはバンスー・ジャンクション駅という。より正確には北本線の当駅をバンスー・ジャンクション1駅、南本線の当駅をバンスー・ジャンクション2駅として2つの駅がひとつになっている格好らしく、南北に長い駅構内の中で北本線が南側を南本線が北側をそれぞれ使用しているという状況になっている。

駅構内は屋台が出ていたりしてなんだか散らかっているあたりがいかにもタイの主要駅という雰囲気。駅前のロータリーとの境界はあるようでなかったりして、人々は駅構内に自由に出入りしている。だが、このバンスー駅こそが将来のバンコクの交通ネットワークのカギを握る超重要ポイントなのだ。

X63104.jpg

建設中のバンスー新ターミナル駅
2016.10.24/**

▲建設中のバンスー新ターミナル駅。見るからに超巨大要塞駅になりそうな雰囲気

タイ国鉄ではこのバンスー駅をバンコクの新しい中央駅とすべく、駅の東側でバンスー新ターミナル駅の建設を進めている。駅のホームよりそちら側に目をやると、確かに建設中の超巨大コンクリート建造物が。見るからにどエライ規模だ。タイ国鉄によれば、最終的には2層高架式、計12面24線という超巨大ターミナルになるんだそうである。おいおい、京急蒲田要塞っていうレベルじゃねぇぞ!

バンスーの新ターミナル駅には、これも現在建設中のタイ国鉄ライトレッドライン、ダークレッドラインの新しい都市鉄道が乗入れるほか、長距離列車についても当駅がバンコクの起終点になるということのようである。この新ターミナル駅がいつ完成するかは不透明ながら、完成した暁には周辺の雰囲気も一変することになろう。当駅の近隣には北バスターミナルがあるほか、将来的にはスワンナプーム空港方面に向かう空港鉄道(ARL)も当駅まで延伸するというから、バンコクにおける一大交通ジャンクションになることは間違いなさそうである。

裏を返せば、現在のバンコクの中央駅たるフアランポーン駅が、近い将来に中央駅の地位を譲るということでもある。バンコクにおける鉄道シーンも一変しそうなバンスー新ターミナル駅、これによって失われてしまう風景や光景も多そうだが、バンコクの発展には必要なものだろうから、部外者としては推移をただただ見守るだけである。

◆ ◆ ◆

X63062.jpg

MRTA System Route Map
2016.10.24/**

▲おまけ:MRTパープルラインの駅になぜだか掲出されているバンコク首都圏の鉄道計画路線図。中央付近の赤い線が集中しているあたりがバンスー駅。それにしてもものすごく壮大な計画に見えるけど、発展目覚ましいバンコクのことだから意外とあっという間にできてしまうのだろう・・・

関連記事

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2018年)

あけましておめでとうございます。2018年もよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、元日から15日まで2018年の干支ヘッドマーク掲出を行なった。今年の干支は「戌」。犬を鏡餅のようにデザイン...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2018年)
タイ バンコク交通見聞 2016年秋 5 - タイ国鉄の14系・24系

ところ変わってフアランポーン駅である。今回はホテルがフアランポーン駅の近くだったもんで、これ幸いにと駅の様子をちょくちょくと見に行くことができた。前回の記事にてバンスー新ターミナルをご紹介したが...

タイ バンコク交通見聞 2016年秋 5 - タイ国鉄の14系・24系
タイ バンコク交通見聞 2016年秋 3 - MRTパープルラインに乗る その2

昨年の秋に訪れたバンコクで開通したばかりのMRTパープルラインに乗ってきてみたので、そこらへんのことをレポートしたいと思う。後編。パープルラインのバンコク側の今のところの起点となっている...

タイ バンコク交通見聞 2016年秋 3 - MRTパープルラインに乗る その2
タイ バンコク交通見聞 2016年秋 2 - MRTパープルラインに乗る

昨年の秋に訪れたバンコクで開通したばかりのMRTパープルラインに乗ってきてみたので、そこらへんのことをレポートしたいと思う。2016年8月6日に開通したパープルラインは、MRTとしては...

タイ バンコク交通見聞 2016年秋 2 - MRTパープルラインに乗る
タイ バンコク交通見聞 2016年秋 1 - バンコク都バス モーチット2車庫

ちょうど1年前のことになってしまったのだが、タイに行ってきましたよっ。バンコクを中心にブラついてきたので、例によって備忘録的にあれこれ記していきたいと思う。さて、今回はバスネタから。前回の...

タイ バンコク交通見聞 2016年秋 1 - バンコク都バス モーチット2車庫

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

海外の鉄道海外 駅施設