KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.01.05

平日2370Hは成田スカイアクセス線上り最終のアクセス特急金沢文庫行である。

X68651.jpg

京急600形 601編成
2017.12.29/新鎌ヶ谷

▲2017年10月ダイヤ改正で登場したアクセス特急金沢文庫行
  • [平日]2370H アクセス特急金沢文庫
  • 始発:成田空港2300 → 終着:金沢文庫100
  • ダイヤ:2017.10.28改正
  • 備考:成田スカイアクセス線経由、押上から特急

2017年10月28日に実施された京成線のダイヤ改正は、成田空港アクセスの需要増に対応して、同空港への更なる利便性向上が盛り込まれたものであった。成田スカイアクセス線においては日中時間帯にスカイライナーが1往復分増発になったほか、上り最終アクセス特急の時刻繰り下げを実施。その結果、平日にアクセス特急金沢文庫行なる列車が登場することになった。2370Hである。

従来は上野行として運転していた上り最終アクセス特急を、時刻繰り下げに伴って金沢文庫行に変更した格好になっている。これは、もともと同時間帯に北総線の列車として運転されていた印西牧の原発普通金沢文庫行(押上から特急)を、成田スカイアクセス線のアクセス特急として成田空港始発ということにしたため。押上から先はダイヤ改正前と同じく特急に種別変更し、金沢文庫を1時ちょうどに到着する"深夜特急"として京急線を下っていく。この列車は成田スカイアクセス線の上り最終アクセス特急であると同時に、京急線下りの最終電車でもあるのだ。

以前の記事でご紹介したように、この"深夜特急"は都営車の運用であった。しかし、成田空港始発のアクセス特急を都営車の運用にはできないし、金沢文庫行では京成車も不可・・・ということで、当列車は順当に京急車の運用になった。ところで、夕方以降のアクセス特急は上野発着となり、日中時間帯に成田スカイアクセス線を走っていた京急車は久里浜方面に帰ってしまう。

そこで、下り最終アクセス特急も合わせて京急車の運用に変更し、その折返しで上り最終アクセス特急になるようにした。この結果、上りも下りも最終のアクセス特急は京急車ということになった。ちなみにこの下り最終アクセス特急は三崎口始発であり、結果的には上り最終アクセス特急の時刻を繰り下げるためにはるばる三崎口から京急車を呼びつける格好になっている。

関連記事

四直珍列車研究 96 - 平日 853

平日853レは4両編成で運転される普通成田行である。たびたび話題にしているように、京成電鉄ではここ数年で4両編成の列車の削減を行なっている。特に2014年11月ダイヤ改正と2016年11月ダイヤ...

四直珍列車研究 96 - 平日 853
四直珍列車研究 94 - 平日 2324・土休日 2320

さて、まもなくダイヤ改正が行なわれる。ということで、恒例ながらダイヤ改正で消えてしまう珍列車を取り上げてみよう。平日2324レ・土休日2320レ、成田空港始発の京成津田沼行である。京成本線...

四直珍列車研究 94 - 平日 2324・土休日 2320
四直珍列車研究 93 - 平日 1620H

平日1620Hはかつて平日に走っていた快速三崎口行である。成田スカイアクセス線開業に伴う2010年7月ダイヤ改正で登場した列車である。京成本線から都営浅草線に直通する快速は、夕方くらいに以降の...

四直珍列車研究 93 - 平日 1620H
四直珍列車研究 92 - 平日 1011K

アクセス運用では唯一の快速特急。京成電鉄では、2014年11月ダイヤ改正で日中時間帯における高砂発着の押上線普通列車の一部の快速特急への格上げを実施。40分毎に運転されるエアポート快特〜...

四直珍列車研究 92 - 平日 1011K
四直珍列車研究 91 - 平日 1516H・1526H

平日1516Hと1526Hはかつて運転されていたアクセス特急三崎口行である。2010年7月の成田スカイアクセス線開業に伴うダイヤ改正で登場したアクセス特急。その開業前、はたしてどんなダイヤに...

四直珍列車研究 91 - 平日 1516H・1526H

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京急珍列車