KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.01.30

臨時シティライナー「成田山開運号」を今年も運転。

D29432.jpg

京成AE形 AE7編成
2018.1.8/大佐倉〜酒々井

▲昨年に引き続き「成田山開運号」として運転された2018年始の臨時シティライナー

京成電鉄では、成田山への多客に対応して1月の土休日ダイヤ実施日に臨時シティライナーの運転を行なった。1月に運転される臨時シティライナーはAE形での運転となった昨年より「成田山開運号」という愛称が付けられているが、今年も昨年と同じく「成田山開運号」として運転された。その「成田山開運号」だが、運転方は昨年とほぼほぼ同じ。ヘッドマークも同じであれば、毎週末の運転日にヘッドマークを貼ったり剥がしたりするのも同じ。というわけで、細かいことは昨年の記事を参照してちょうだいなということでお茶濁し(おい)・・・。

それぞれの運転日における使用編成は以下の通り。

  • 1/1(終夜臨):AE5編成
  • 1/1〜3:AE7編成
  • 1/6〜8:AE2編成
  • 1/13、14:AE7編成
  • 1/20、21:AE7編成
  • 1/27、28:AE7編成

逆に変わったものといえば、号数と列車番号。昨年の臨時シティライナーが81号/82号であったのに対し、今年は数字が+10されて91/92号になった(終夜臨は変更なし)。列車番号については、以前の記事でご紹介したように東成田→成田の回送列車が15AE50a、成田からの上りシティライナーが15AE50bというふうになっていたが、昨年10月のダイヤ改正により東成田から通しで15AE50に再び変更された模様である1)

AE形での運転となり、今年で2年目となった臨時シティライナー「成田山開運号」。隈取のヘッドマークも実にキマっているので、京成線の新しい正月の風物詩として来年以降の運転も期待したいものである。

  • 1)上野駅のホームに掲示してある業務用時刻表の記載による。

関連記事

京成AE形「ありがとう2500万人」ヘッドマーク

祝、2500万人。京成電鉄では、11月上旬よりAE形AE5編成に「ありがとう2500万人」ヘッドマークの掲出を行なっている。2010年7月の成田スカイアクセス線開業に合わせた新型スカイライナーの...

京成AE形「ありがとう2500万人」ヘッドマーク
京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転

"開運号"が「成田山開運号」として復活! 京成電鉄では、成田山への多客に対応して1月の土休日ダイヤ実施日に臨時のシティライナーの運転を行っている。シティライナーは2015年12月ダイヤ修正に...

京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転
臨時シティライナー運転(2016年)

京成電鉄では、成田山への多客に対応して1月の土休日ダイヤ実施日に臨時のシティライナーの運転を行なっている。1月中の臨時シティライナーの運転は2011年より毎年恒例のものとなっているが、2015年...

臨時シティライナー運転(2016年)
四直珍列車研究 81 - 土休日 15AE50a

翌5日のダイヤ修正にて、ついに定期運行が取り止めとなる特急「シティライナー」。ダイヤ修正直前に恒例としている消える珍列車は、そのシティライナー・・・ではなく、シティライナーに付随して...

四直珍列車研究 81 - 土休日 15AE50a
京成AE100形 特急「シティライナー」に乗る

12月5日のダイヤ修正にてついに定期運行が取り止められることとなった特急「シティライナー」。9月のある日に乗る機会があったので、その時の様子などを適当に記してみる。今回乗車したのは...

京成AE100形 特急「シティライナー」に乗る

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化