KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.01.21

バンコクのフアランポーン駅。14系・24系客車が留置されているホームにてさらに歩を進めると、なにやら凄い雰囲気の客車がいるではないかっ。

X63031.jpg

タイ国鉄 豪華車両
2016.10.24/**

▲もとJR西日本の14系・24系客車を改造したタイ国鉄の豪華車両。盛大に改造していただいたようで、顔はテールランプと貫通扉くらいしか24系の面影がない

14系・24系を改造した豪華車両である。JR西日本よりタイ国鉄に譲渡された14系・24系客車においては、一部車両が豪華仕様に改造されたという話を薄っすらと聞いていたが、まさかこんなところでお目にかかれるとは。ネット上を検索すると日本人による目撃情報も出てくるが、ここがこの車両の定位置らしい。そこらへんに転がってる普通の客車とはわけが違うのだから、もっとマシな場所に置いておけばいいのに。

車体に書かれているとおり、これらの車両は"SRT PRESTIGE"という名前のようだ。ブルートレインよりも艶っぽくした深い青の塗装、アクセントとして入れられている金色の帯や窓の縁取りからはゴージャス感が漂っている。車内も大幅に改造されているようで、木目調の化粧板をふんだんに用いた内装はまるで高級ホテルような雰囲気1)。豪華列車は4両で構成されており、寝台車や食堂車のほかに会議室のような部屋のある車両もあってVIPの多様な要求に応えている。前回の記事のように車内にお邪魔させていただこうかと思ったが、こちらはさすがに施錠されていて、残念ながら車内を実見することはできなかった。

X63029.jpg

タイ国鉄 豪華車両
2016.10.24/**

▲車体に"SRT PRESTIGE"と書かれており、これがこの豪華車両の愛称のようである
X63023.jpg

タイ国鉄 豪華車両
2016.10.24/**

▲反対側はさらに盛大に改造されており、なんと展望車両に

定期運用はなく、専ら貸切列車として走るということのようである。ただ、稼働実績はそんなにないようで、前出の日本人による目撃というのもほとんどがフアランポーン駅で留置中の姿をとらえたものだった。動いているところが見られたとすればそれはたいへん運の良いことだろうと思うが、はたしていったいどのような層の人がこの列車で旅をするのだろうか。

  • 1)「SRT PRESTIGE」で検索すれば、車内の写真が見られるページが出てくる。

関連記事

タイ バンコク交通見聞 2016年秋 5 - タイ国鉄の14系・24系

ところ変わってフアランポーン駅である。今回はホテルがフアランポーン駅の近くだったもんで、これ幸いにと駅の様子をちょくちょくと見に行くことができた。前回の記事にてバンスー新ターミナルをご紹介したが...

タイ バンコク交通見聞 2016年秋 5 - タイ国鉄の14系・24系
タイ バンコク交通見聞 2016年秋 4 - 建設中のバンスー新ターミナル駅

MRTパープルラインを1往復し、シャトルバスでバンスー駅に戻ってきた。そのついでにタイ国鉄のバンスー駅を少しばかり観察。タイ国鉄のバンスー駅は、巨大な車庫や貨物駅も併設するタイ国鉄の要所のひとつ...

タイ バンコク交通見聞 2016年秋 4 - 建設中のバンスー新ターミナル駅
タイ バンコク交通見聞 2016年秋 3 - MRTパープルラインに乗る その2

昨年の秋に訪れたバンコクで開通したばかりのMRTパープルラインに乗ってきてみたので、そこらへんのことをレポートしたいと思う。後編。パープルラインのバンコク側の今のところの起点となっている...

タイ バンコク交通見聞 2016年秋 3 - MRTパープルラインに乗る その2
タイ バンコク交通見聞 2016年秋 2 - MRTパープルラインに乗る

昨年の秋に訪れたバンコクで開通したばかりのMRTパープルラインに乗ってきてみたので、そこらへんのことをレポートしたいと思う。2016年8月6日に開通したパープルラインは、MRTとしては...

タイ バンコク交通見聞 2016年秋 2 - MRTパープルラインに乗る
タイ バンコク交通見聞 2016年秋 1 - バンコク都バス モーチット2車庫

ちょうど1年前のことになってしまったのだが、タイに行ってきましたよっ。バンコクを中心にブラついてきたので、例によって備忘録的にあれこれ記していきたいと思う。さて、今回はバスネタから。前回の...

タイ バンコク交通見聞 2016年秋 1 - バンコク都バス モーチット2車庫

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化