KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.03.11

京急2100形2133編成"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"に異変。

X68939.jpg

京急2100形 2133編成
2018.3.7/京急鶴見

▲何か物足りない2133編成の"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"。ロゴがない
D29701.jpg

京急2100形 2133編成
2018.3.7/杉 田

▲ロゴ無し状態で走る2133編成の"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"

2100形2133編成の"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"がロゴ無し状態で走っている。1月下旬より重要部検査(+SR無線設置工事)のため京急ファインテック久里浜事業所に入場していた2133編成は、21日に実施された試運転の後、無事に出場。試運転の時点でロゴ無し状態であったが、それ自体は珍しいことではなく、いつものように営業運転復帰前にロゴ類の整備を行なうものと思われたところ、そのままロゴ無し状態で営業運転に入ってしまったということである。

"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"がロゴ無し状態で営業運転を行なうのは、2014年1月の606編成以来2例目となる。この時の606編成は10日ほどでロゴ類が復活したが、今回の2133編成はどうなるだろうか。

関連記事

京急2100形「けいきゅん号」

祝・京急創立120周年。京急電鉄では、10月1日より2100形「けいきゅん号」の運転を行なっている。同社の創立120周年に合わせたラッピング電車となっており、前面には創立120周年を記念して...

京急2100形「けいきゅん号」
京急2100形 「台鉄☓京急 友好鉄道協定締結1周年記念」ラッピング電車

台湾風の2100形が登場! 京急電鉄では、2月下旬より2100形2133編成"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"を使用した「台鉄☓京急 友好鉄道協定締結1周年記念」ラッピング電車を...

京急2100形 「台鉄☓京急 友好鉄道協定締結1周年記念」ラッピング電車
京急600形 ロゴ無しKEIKYU BLUE SKY TRAIN

京急600形606編成"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"に異変。全般検査を終え、1月9日に試運転を行なった606編成"KEIKYU BLUE SKY TRAIN"だが、12日からの...

京急600形 ロゴ無しKEIKYU BLUE SKY TRAIN
京急600形「ワンワールド アライアンス号」(2012年)

昨年に続き、今年も606編成の「ワンワールド アライアンス号」が走っている。昨年は京急電鉄との共同企画の一環としてのラッピング電車であったが、今年は関連各社のどこからも公式発表がないことから...

京急600形「ワンワールド アライアンス号」(2012年)
京急600形「ワンワールド アライアンス号」

京急600形606編成、車体更新後初めてのラッピング電車である。KEIKYU BLUE SKY TRAINの606編成が8月1日より「ワンワールド アライアンス号」として走っている。同日より...

京急600形「ワンワールド アライアンス号」

最新記事

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現

新京成8800形に新たな形態が出現。新京成8800形で2016年度より進められている車体のリニューアル工事について、異変が生じている。8800形のリニューアル工事は、VVVFインバーター装置の...

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現
京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示

京成3400形に残る「北総・公団線」表記。京成高砂から東松戸、新鎌ヶ谷を抜けて千葉ニュータウンに至る北総線は、かつて北総・公団線と言っていた。千葉ニュータウン内の鉄道整備において、諸々の事情から...

京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示
京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク

パンダが日本に来てから半世紀。京成電鉄では、10月下旬から12月末まで3000形に「パンダ来日50周年記念」ヘッドマークの掲出を行った。1972年10月に日本で初めてジャイアントパンダ「カンカン...

京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク
新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の新年ヘッドマークの掲出を行っている。今年で15年目となるヘッドマークの干支は「卯」。新年...

新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)
京成3500形 走り続けて50周年

走り続けて半世紀。京成電鉄における最古参の車両として走る3500形。そんな3500形は2022年12月、めでたくデビュー50周年を迎えた。1972年12月26日に竣工(入籍)した3504編成...

京成3500形 走り続けて50周年