KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.03.15

​国鉄型車両を訪ねて、その23はJR北海道のキハ183系をば。

D04992.jpg

JR北海道キハ183系 国鉄色リバイバルカラー
2009.11.21/伊香牛

▲2009年11月に運転された団体臨時列車「ありがとう30周年183系国鉄色号」

今年もJR各社のダイヤ改正の時期がやってきた。JRのダイヤ改正においては、どれそれの車両や列車が新しく走り始めるだの引退するだの、大きな動きが発生するまさに一大イベント。春のダイヤ改正は例年12月中に発表されるが、その時点からそわそわされる方も多いのではないかと思われる。

JR北海道では、キハ183系のいわゆるスラントノーズといわれる先頭形状の車両が引退するとのこと。これに便乗して以前に撮影したキハ183系の国鉄特急色リバイバルカラーの写真を出してみようと思う。

2009年11月に運転された団体臨時列車「ありがとう30周年183系国鉄色号」である。列車名にある30周年とは、キハ183系が登場してから30周年という意味で、これを記念した列車となっていた。使用されたのは、当時国鉄色のリバイバルカラーとなっていたキハ183-2+キハ182-2+キハ182-1+キハ183-1の4両編成であった。

・・・とまあ、これだけならこの頃流行っていたリバイバルカラーの車両を使用したありがちなイベント列車のように見えるが、「ありがとう30周年183系国鉄色号」が凄いのはその行程。3日間をかけて北海道を1周してしまおうという壮大なものであった。以下にその行程を記す。

  • 11月21日:旭川→遠軽→北見→網走→北浜→知床斜里→川湯温泉→摩周→釧路
  • 11月22日:釧路→池田→帯広→新得→追分→苫小牧→東室蘭→長万部→函館
  • 11月23日:函館→長万部→倶知安→小樽→札幌→岩見沢→滝川→深川→旭川

いやはや、凄い行程である。一生分のキハ183系という感じである。3日間の走行距離は、営業キロで1400km弱にも及ぶ。北海道はでっかいどうなのだ。

さらに、キハ183系の節目を祝う列車らしく、各区間ごとに異なる愛称幕を掲出しての運転となった。これは以下のとおり。

  • 旭川→遠軽:おおとり
  • 遠軽→網走:オホーツク
  • 網走→釧路:北海道鉄道百景スタンプラリー1)
  • 釧路→帯広:おおぞら
  • 帯広→新得:とかち
  • 新得→苫小牧:まりも
  • 苫小牧→函館:北斗
  • 函館→長万部:ミッドナイト
  • 長万部→旭川:北海
D05026.jpg

JR北海道キハ183系 国鉄色リバイバルカラー
2009.11.22/新得〜十勝清水

▲「とかち」の愛称幕を掲出して根室本線を走るキハ183系

そして私はというと、この時たまたま北海道に行く用事があったので、ついでに撮影できるじゃん〜ってことで、追っかけ・・・るはずが、ダイヤがよくわからなかった2)こともあって、撮影できたのは3発のみ。今ならもう少し上手いことやっていると思うが、あのころは若かった(たぶん)・・・。しかし、結果的にキハ183系の国鉄色リバイバルカラー編成はこの団臨が最後の営業運転になってしまったようなので、撮影できただけでも御の字・・・ということにしておこう。

◆ ◆ ◆

さて、JR北海道についてはその窮状が報道等によって伝えられるところである。車両や設備は老朽化すれども、満足に更新できない状況が続いているという。2009年で30周年だったキハ183系もこの記事を掲載した時点で39年目となっているが、経年車両の引退を車両の新造だけでなく列車の減便を合わせて実施して行なっていることからして、切実さが伝わってくる。

このような状況では、こういったイベント列車の運転もしづらかろうと思う。実に不幸なことである。外野の人間にはその推移を見守ることしかできないが、せめてフワフワした状況にある北海道の鉄路の方向性だけでも、早いところ定まってくれればと願う。元気なJR北海道が帰ってきてほしい。

  • 1)2001年か2002年くらいに運転された団臨用の幕だったかと思う。
  • 2)頼りのダイヤ情報誌の団臨ダイヤ情報欄もこの列車に限って時刻が非掲載であった。

関連記事

国鉄型車両を訪ねて 24 - JR西日本381系 臨時特急「まほろば」

JR西日本では秋の行楽シーズンにおける臨時列車として、特急「まほろば」を新大阪〜奈良にておおさか東線・大和路線経由で運転している。2019年3月に全線開業したおおさか東線を走る初めての特急列車...

国鉄型車両を訪ねて 24 - JR西日本381系 臨時特急「まほろば」
国鉄型車両を訪ねて 22 - JR西日本583系 寝台急行「きたぐに」

国鉄型車両を訪ねて、その22は583系による寝台急行「きたぐに」。寝台急行「きたぐに」は、大阪〜新潟を結んでいた夜行列車である。車両は京都総合運転所に所属していた583系の担当で、これは...

国鉄型車両を訪ねて 22 - JR西日本583系 寝台急行「きたぐに」
国鉄型車両を訪ねて 21 - JR西日本24系改「トワイライトエクスプレス」

「トワイライトエクスプレス」は進化する。世の中にはいろいろな列車が走れど、優美さや気品を兼ね備えたものは少ない。JR西日本の寝台特急「トワイライトエクスプレス」はまさにそれらを持ち合わせた列車...

国鉄型車両を訪ねて 21 - JR西日本24系改「トワイライトエクスプレス」
国鉄型車両を訪ねて 20 - JR貨物EF66 27

贅沢な行き掛けの駄賃。時は静岡鉄道A3000形を目当てに静岡を訪れた4月某日。せっかく静岡まで来たのだから何かついでに撮れればいいなあと思っていたところ、貨物列車の目撃情報を調べてみたらあらまあ...

国鉄型車両を訪ねて 20 - JR貨物EF66 27
国鉄型車両を訪ねて 19 - キハ66系国鉄急行色

時には運も必要さ。この時は確か、九州のバスが乗り放題となる「SUNQパス」を使った旅行をしていたんだったかと思うのだが、佐世保からの高速バスを長崎駅で降りた私は、せっかく長崎駅にいるのだから...

国鉄型車両を訪ねて 19 - キハ66系国鉄急行色

最新記事

銚子電気鉄道2020年秋

銚子電気鉄道に乗ってきた。10月のある日曜日、ふと思い立って銚子電鉄に乗ってきたので簡単にレポートしよう。銚子から外川まで6.4kmを結ぶ銚子電鉄。銚子電鉄と言えば、とにかく聞こえてくるのは...

銚子電気鉄道2020年秋
新京成8000形 京成千葉線への乗入れを終了

新京成8000形、京成線への乗入れを終了。2017年6月よりリバイバルカラーとして走っている新京成8000形8512編成だが、9月下旬をもって京成千葉線への乗入れを終了した模様である。既に直通...

新京成8000形 京成千葉線への乗入れを終了
京成線 印旛日本医大始発「臨時ライナー」運転開始

印旛日本医大始発「臨時ライナー」が登場。京成電鉄では、10月1日よりAE形を使用した印旛日本医大始発「臨時ライナー」の運転を開始した。停車駅は印旛日本医大、千葉ニュータウン中央、青砥、日暮里...

京成線 印旛日本医大始発「臨時ライナー」運転開始
京成線 "タマゴくん"の着席ステッカー

私たちの頭上でやさしく微笑む彼らのお話。世の中にはさまざまなキャラクターが溢れているが、京成線におけるキャラクターをひとつご紹介しよう。キャラクターと言っても、現在進行形で調子こいてるパンダや...

京成線
四直珍列車研究 110 - 平日 1608K

京成車の京急久里浜行が初登場。平日1608Kレは、京成車によるアクセス特急京急久里浜行(押上から特急)である。2019年10月ダイヤ改正で登場した列車で、京成車による京急久里浜行が設定されるのは...

四直珍列車研究 110 - 平日 1608K