KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.04.21

10年ぶりに「成田屋号」を運転。

D29872.jpg

京成AE形 AE8編成
2018.4.20/菅野〜八幡

▲成田山開基1080年を記念して運転された「成田屋号」

4月20日、京成線上野〜成田間で「成田屋号」が運転された。今年は成田山開基1080年にあたり、これを記念した列車となっている。列車には成田屋を屋号とする市川家の市川海老蔵丈らが乗車し、成田山新勝寺へと向かった。

成田山への足として開業した京成電鉄では、成田山を信仰する市川家のためにたびたび「團十郎号」や「海老蔵号」などの特別な列車を運行している。同様の列車は今回の「成田屋号」で7回目。「成田屋号」の運転は2008年以来10年ぶりで、成田スカイアクセス線が開業してからは初めてのことになる。2008年の「成田屋号」は定期のスカイライナーのいち列車として運転されたが、今回は成田スカイアクセス線が開業によりスカイライナーが成田を経由しなくなっていることから、ツアー形式の団体臨時列車という形での運行となった。

車両はAE8編成が使用されている。AE8編成はS95運行として、午前中は宗吾参道○→上野→成田→宗吾参道△、午後は宗吾参道○→空港第2ビル→上野(成田スカイアクセス線経由)→宗吾参道△というふうに運転された(客扱いはいずれも成田→上野、上野→成田)。このうち、復路の列車のみ成田スカイアクセス線経由で運転されたことが特筆される。宗吾参道から回送されたAE8編成は成田で客扱いの後、空港第2ビルまで走行。同駅で折返して上野方面に向かった。京成本線〜空港第2ビル折返し〜成田スカイアクセス線という経路で営業運転を実施するのは、今回が初めてのことかと思われる。

当日のAE8編成はヘッドマーク掲出のほか、車両の側面にも装飾がなされた。ヘッドマークは成田屋の紋である「三枡」と隈取の歌舞伎役者をデザインしたもので、側面に貼られた装飾も同様のものである。側面の装飾は8両全部に実施した。AE形で過去3回実施されている「ありがとう〇〇万人」の装飾が側面3箇所だったことを考えると、えらい気合の入りよう。AE形のウィンドブルーに映えた真紅のヘッドマークは実にキマっており、当日限定の装飾というのがすごくもったいない!

関連記事

京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2019年)

平成最後の臨時シティライナー「成田山開運号」。京成電鉄では、成田山への多客に対応して1月の土休日ダイヤ実施日に臨時シティライナーの運転を行なった。1月に運転される臨時シティライナーはAE形での...

京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2019年)
京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2018年)

臨時シティライナー「成田山開運号」を今年も運転。京成電鉄では、成田山への多客に対応して1月の土休日ダイヤ実施日に臨時シティライナーの運転を行なっている。1月に運転される臨時シティライナーは...

京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転(2018年)
京成AE形「ありがとう2500万人」ヘッドマーク

祝、2500万人。京成電鉄では、11月上旬よりAE形AE5編成に「ありがとう2500万人」ヘッドマークの掲出を行なっている。2010年7月の成田スカイアクセス線開業に合わせた新型スカイライナーの...

京成AE形「ありがとう2500万人」ヘッドマーク
京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転

"開運号"が「成田山開運号」として復活! 京成電鉄では、成田山への多客に対応して1月の土休日ダイヤ実施日に臨時のシティライナーの運転を行っている。シティライナーは2015年12月ダイヤ修正に...

京成AE形 臨時シティライナー「成田山開運号」運転
臨時シティライナー運転(2016年)

京成電鉄では、成田山への多客に対応して1月の土休日ダイヤ実施日に臨時のシティライナーの運転を行なっている。1月中の臨時シティライナーの運転は2011年より毎年恒例のものとなっているが、2015年...

臨時シティライナー運転(2016年)

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化