KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.05.27

都営浅草線の大門〜泉岳寺間の開通からまもなく50年。すなわち、京成電鉄〜東京都交通局〜京急電鉄の3者直通運転が50周年を迎えようとしている。・・・というわけで、今回は京成線〜都営浅草線〜京急線を走り通していたロングランの珍列車を紹介しよう。

C00864.jpg

都営5300形 5307編成
2003.3.19/実籾〜八千代台

▲2002年10月ダイヤ改正で平日に1本だけ設定された快速三崎口行
  • [平日]1400T 快速三崎口
  • 始発:成田空港---- → 終着:三崎口1807
  • ダイヤ:2002.10.12改正
  • 備考:成田まで回送、押上から特急

京成〜都営〜京急のロングラン列車と言えば、2002年10月ダイヤ改正で登場した1647Tが思い出されよう。三崎口始発成田空港行の1647Tは、京急線の端から京成線の端まで141.8kmを走り通す1)という理由だけでダイヤ改正のプレスリリースにも記載されたほどの列車であった。ところが、同改正では実はもう1本、同様に端から端まで走り通す列車が登場していた。それが、本稿で取り上げる1400Tである。しかし、1400Tはプレスリリースに載らなかった。1647Tはプレスリリースに掲載されて、なぜ1400Tは漏れてしまったのか。1400Tがあまりにかわいそうではないか。

その理由は簡単。1400Tは成田空港始発の三崎口行ながら、表向きは成田始発だったためだ。車両の運用としては羽田空港始発エアポート快特成田空港行1201Tの折返し列車なので成田空港始発であることには間違いないのだが、成田空港〜成田間を回送としていたため、市販の時刻表には成田からの時刻しか載らなかった。そのため、プレスリリースで紹介のしようがなかったのである。しかし、実際には確かに成田空港〜三崎口を1本の列車として走り通していた。1647Tが表のロングラン列車なら、この1400Tは陰のロングラン列車だった。

C00932.jpg

都営5300形 5325編成
2003.7.9/四ツ木

▲都営車の快速三崎口行は今のところこれが最初で最後

そして、京成線内の快速三崎口行というのも1400Tが珍列車たらしめるものであった。2002年10月のこのダイヤ改正は、京成線内で現行の快速や通勤特急などが新設された大きなものだったが、平日に1本だけ設定された快速三崎口行は快速という新しい種別に彩りを添えてくれた。快速三崎口行が設定されるのはもちろんこの時が初めて。しかもそれが成田始発ときたものだから驚きだ。押上線では当たり前の存在の三崎口行だが、まさか京成本線で見られるとは思わなかったものである。

そんな1400Tだが、翌2003年7月ダイヤ修正で行先が羽田空港に変更されてしまい、残念ながらロングラン列車でも珍列車でもなくなってしまった。快速三崎口行はこのあとも何度か設定され、現行ダイヤでも1680Hとして設定があるが、それらはいずれも京急車の運用とされたので、都営車の快速三崎口行は今のところこの1400Tが最初で最後の列車となっている。

  • 1)当時は成田スカイアクセス線など存在しないので、もちろん京成本線経由である。

関連記事

四直珍列車研究 99 - 平日 694K

押上線を走る6両編成が3年ぶりに復活。平日694Kレは平日の早朝に運転される普通押上行である。この列車の最大の特徴は6両編成という点で、現行ダイヤでは押上線を走る6両編成はこの押上行とこの列車の...

四直珍列車研究 99 - 平日 694K
四直珍列車研究 97 - 平日 2472H・土休日 2462H

平日2472Hレ、土休日2462Hレは京急車の普通浅草橋行である。以前の記事でもご紹介したように、京成押上線の上り終電は普通浅草橋行というこの列車でしか見られない珍列車として運行されている...

四直珍列車研究 97 - 平日 2472H・土休日 2462H
四直珍列車研究 96 - 平日 853

平日853レは4両編成で運転される普通成田行である。たびたび話題にしているように、京成電鉄ではここ数年で4両編成の列車の削減を行なっている。特に2014年11月ダイヤ改正と2016年11月ダイヤ...

四直珍列車研究 96 - 平日 853
四直珍列車研究 95 - 平日 2370H

平日2370Hレは成田スカイアクセス線上り最終のアクセス特急金沢文庫行である。2017年10月28日に実施された京成線のダイヤ改正は、成田空港アクセスの需要増に対応して、同空港への更なる利便性向上...

四直珍列車研究 95 - 平日 2370H
四直珍列車研究 94 - 平日 2324・土休日 2320

さて、まもなくダイヤ改正が行なわれる。ということで、恒例ながらダイヤ改正で消えてしまう珍列車を取り上げてみよう。平日2324レ・土休日2320レ、成田空港始発の京成津田沼行である。京成本線...

四直珍列車研究 94 - 平日 2324・土休日 2320

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

東京都交通局珍列車