KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.06.17

バンコクを走るBTSスカイトレイン。交通渋滞の激しいバンコク中心部を移動するには大変便利な乗りものだが、既存市街地の中を高架で建設しただけあってところどころにちょっとこれ強引じゃね? と思ってしまいたくなるような箇所が存在する。そんなスカイトレインのちょっと強引な線形を見ていこう。

X63108.jpg

バンコクBTS
2016.10.24/**

▲バンコクの一大交通結節点、戦勝記念塔の大ロータリー。路線バスやミニバスが多数発着するほか、スカイトレインもここを走る

サイアムから北に2km、パホンヨーティン通りとラチャウィティ通りが交差する地点にある戦勝記念塔。これは、1940年に勃発したインドシナ国境紛争への勝利と、同紛争で戦没したタイ軍兵士の慰霊のため、翌1941年につくられた記念の塔である。ここはこのモニュメントを中心として巨大なロータリー(ラウンドアバウト)を形成しており、都内を走る路線バスや地方都市へ向かうロットゥ(ワゴン車を使用したミニバス)が数多く発着する交通結節点になっている1)。何年か前のいすゞ自動車のテレビCMで、お馴染みの歌とともにこのロータリーを走る同社のトラックが映し出されていた2)ので、目にされたことのある方も多いと思われる。

さて、BTSが運行する2線のうち、スクンヴィット線はサイアムよりパホンヨーティン通り上を北上する。戦勝記念塔の至近にはそのものズバリ戦勝記念塔駅が設けられて、これによって路線バスやロットゥはスカイトレインとも結節することになった。駅から延びるベデストリアンデッキには常に人が溢れており、ここが乗り換えポイントである証左になっている。

ところで、パホンヨーティン通り上を南北に走るスクンヴィット線の高架線は、そのまままっすぐ走ると戦勝記念塔にぶつかってしまう。スクンヴィット線のこの区間が開業したのは1999年末のこと。それより半世紀以上も前の1941年につくられた、ましてや国を守るために戦った兵士たちを慰霊したモニュメントをどかすわけにもいかず、スカイトレインは申し訳無さそうに避けて走ることになったとさ。

Z00001.jpg

戦勝記念塔駅付近の航空写真

▲戦勝記念塔駅付近の航空写真。中央が戦勝記念塔の大ロータリー。左下が戦勝記念塔駅。南北方向に走るスカイトレインの軌道がものの見事にロータリーを避けていることがおわかりいただけよう
X63116.jpg

バンコクBTS
2016.10.24/戦勝記念塔

▲戦勝記念塔駅から戦勝記念塔方を眺める。電車は奥から右に左に振ってからホームに滑りこんでくる

せっかくの高速大量輸送機関も歴史的なモニュメントには勝てず、ここはS字カーブの連続する区間になった。その線形はちょっとしたΩカーブのようである。もし仮にBTSが地下鉄として建設されていたなら、記念塔の真下を走るなどして難なくクリアしていたかもしれないが、高架で建設されたがゆえの苦労が垣間見れるところである。

  • 1)ロットゥについては都内の渋滞緩和のため、発着点が郊外のバスターミナルに移転しつつあるとのこと。
  • 2)https://www.youtube.com/watch?v=3W-Zbk6_Bso これの10秒くらいからのシーン。

関連記事

バンコクBTSのちょっと強引な線形 2 - サイアム要塞

バンコクを走るBTSスカイトレイン。交通渋滞の激しいバンコク中心部を移動するには大変便利な乗りものだが、既存市街地の中を高架で建設しただけあってところどころにちょっとこれ強引じゃね? と思って...

バンコクBTSのちょっと強引な線形 2 - サイアム要塞
タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 4 - 『戦場にかける橋』クウェー川鉄橋

タイ国鉄ナムトック支線をナムトックまで乗り通し、カンチャナブリーまで戻ってきた。カンチャナブリーの1つ手前、クウェー川鉄橋駅で列車を降りる。泰緬鉄道のハイライトとも言えるのが、タイ国鉄...

タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 4 - 『戦場にかける橋』クウェー川鉄橋
タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 3 - ナムトック支線を行く

泰緬鉄道を訪ねてみようってことでバンコクからの1dayトリップ。バンコクのトンブリー駅から客車に揺られて3時間弱、泰緬鉄道観光の要所カンチャナブリーに着いた。ここからさらに4時間ほど、ナムトック...

タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 3 - ナムトック支線を行く
タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 2 - ナムトック行鈍行257レ

さて、泰緬鉄道を訪ねてみようってことでバンコクからの1dayトリップ。バンコク=トンブリー駅からナムトック行の鈍行列車257レに乗る。列車は機関車+客車6両という構成。最後尾の1両が業務用を...

タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 2 - ナムトック行鈍行257レ
タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 1 - 早朝のバンコク=トンブリー駅

タイ国鉄の列車に乗って1dayトリップ。2015年2月にタイを訪れた時はメークローン線の線路市場を見に行ったけど、今回はさらに足を延ばして泰緬鉄道を訪ねてみた。泰緬鉄道とは、字のごとくタイと...

タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 1 - 早朝のバンコク=トンブリー駅

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

海外の鉄道海外