KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.06.26

ちばシティバスC207号車は、2016年2月に導入された車両である(いすゞQKG-LV290Q1)。

X68807.jpg

ちばシティバス C207号車
2018.2.16/千葉市美浜区豊砂

▲2016年2月に導入されたちばシティバスC207号車。登録番号は導入当初「千葉200か2819」であったが、2017年にオリパラナンバー化とともに社番に合わせた希望ナンバーとされた
X66870.jpg

ちばシティバス C207号車
2017.10.20/千葉市美浜区豊砂

▲うしろ側

2000年1月に京成バス千葉営業所新宿車庫の分社化により営業を開始したちばシティバス。千葉県の県都である千葉を走る爽やかな青いボディのバスからは何とも都会的なイメージが漂うが、そのイメージとは裏腹に所属する車両は京成バスを中心にグループ各社から移籍してきた経年の車両ばかり。2015年末の時点で自社で導入した車両といえば、マイクロバス2台と中型の一般路線型車両6台、高速バス2台という状況で、特に一般の路線型車両については2006年に導入した2台を最後に10年近く新規導入がない状態が続いていた。

そんな折、2016年2月にC207号車がやってきたのである。いすゞエルガとして導入されたC207号車は、一般路線型車両としては10年ぶりとなる自社発注車で、かつ自社発注では初の大型車となった。折しもいすゞエルガは日野ブルーリボンとともに2015年にフルモデルチェンジしたばかり、まだ新型というイメージが大きかったので、それがちばシティバスに来たというインパクトは大きなものであった。塗装はちばシティバスの青を基本としていながら、黒歴史となっていたはずのピンク色のリボンが車体に描かれ、水玉模様とともに他の車両とは一線を画すたいへんにぎやかなものに仕上がっている。それはまるで新車の導入がなかった10年間の鬱憤を晴らしてやろうと言わんばかりに・・・。

C207号車だが、長尺というアドバンテージを生かして乗客の多いメッセ新都心線、イオンモール幕張新都心線を中心に運用されている。両者はいずれも海浜幕張駅〜イオンモール幕張新都心を通るので、比較的捕まえやすい車両と言えるだろう。C207号車は10年ぶりの自社導入の一般路線型車両となったわけだが、次に新車が導入されるのは果たしていつになるだろうか。

関連記事

千葉内陸バス1205号車 トミーテック×千葉内陸バス記念号

千葉内陸バスとトミーテックのコラボレーションが実現。千葉内陸バス1205号車は、2017年12月に導入された日野ブルーリボンハイブリッド(2SG-HL2ANBP)である。同社では初となる...

千葉内陸バス1205号車 トミーテック×千葉内陸バス記念号
ちばグリーンバスCG-305号車 いすゞエルガJ

世の中には珍車とかレア車とか言われるバスが存在する。ちばグリーンバスのCG-305号車を紹介しよう。さて、このCG-305号車のどこが珍しいのだろうか。そこらへんでよく見かける日野のレインボー...

ちばグリーンバスCG-305号車 いすゞエルガJ
京成バス0800号車 高速バス仕様のリエッセ

京成バスに1台だけ在籍する、高速バス仕様のリエッセという世にも珍しい車両をご紹介しよう。京成バス習志野出張所に在籍していた0800号車である。ただの貸切用車両のように見えるが、実は高速バス仕様の...

京成バス0800号車 高速バス仕様のリエッセ
船橋新京成バスM68号車 さようなら「赤バス」旧ボディカラー車両

「29年ありがとう赤バス」。9月4日、新京成バスで「赤バス」として親しまれてきた新京成電鉄自動車部時代のカラーリングをまとった車両が運行を終了した。最後の「赤バス」だったのは、船橋新京成バス...

船橋新京成バスM68号車 さようなら「赤バス」旧ボディカラー車両
京成バス 車両番号の基礎知識

京成バスでは各車両に対して4桁の英字または数字を漏れなく付しており、これを車両番号(社番)として各車両の管理に使用している。今回はこの車両番号について、その付番の法則などを簡単にまとめてみた...

京成バス 車両番号の基礎知識

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成バスタグはありません