KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.07.17

バンコクを走るBTSスカイトレイン。交通渋滞の激しいバンコク中心部を移動するには大変便利な乗りものだが、既存市街地の中を高架で建設しただけあってところどころにちょっとこれ強引じゃね? と思ってしまいたくなるような箇所が存在する。そんなスカイトレインのちょっと強引な線形を見ていこう。

X62828.jpg

バンコクBTS
2016.10.24/**

▲サイアム駅付近の高架線を走るBTSスカイトレイン。奥に見える屋根が2層高架のサイアム駅。高架全体がスクンヴィット通りの直上に構築されている

要塞と呼ばれている駅がある。要塞駅とはなんぞや・・・これは具体例を挙げれば分かりやすいだろうか。京成青砥、近鉄布施、京急蒲田、名鉄太田川etc... 要すれば、路線が二股に分岐するために多層高架で作られた駅の俗称である。確かに、これらの駅は駅そのものが巨大で、駅の中も一般的な駅と比較すると複雑な構造になっている。誰が言い出したか知らんけど、要塞とはなかなか言い得て妙な表現のように思ってしまう。

さて、多層高架の巨大駅を要塞駅と定義するならば、BTSスカイトレインにも要塞と言えるような駅が存在する。BTSが運行している2路線、スクンヴィット線とシーロム線が交わるサイアム駅は2層の高架駅となっており、要塞というのにふさわしい。しかも、サイアム駅は駅そのものがスクンヴィット通りの直上に作られているので、さながら空中要塞のようになっている。そして、それに続くマッシヴなコンクリート造の高架線が作り出す風景は、まさに都会の電車が走るところといった趣だ。

もとよりBTSスカイトレインは道路の直上に建設された高架線を走っており、駅も全て道路の直上につくられている。そのため、駅も道路の幅員に収めなければならず、通常であれば1面2線あるいは2面2線が限界。そんな中、2路線分の駅をスクンヴィット通りの空中に強引に押し込めたのがサイアム駅。サイアム駅が1面2線を重ねた構造の2層高架になったのは、スペースの関係で自然な流れと言える。っていうか、ほぼほぼこうするしかなかったのだろう。

Z00003.jpg

サイアム駅付近の航空写真

▲中央にあるグレーの長方形がサイアム駅。スクンヴィット線が左上からシーロム線に合流してきて、シーロム線が右下の方向へ分岐していく。左で見切れているのはシーロム線の都心側の終点、国立競技場駅
X62833.jpg

バンコクBTS
2016.10.24/**

▲ひとつ隣の国立競技場駅からサイアム駅方面を見たところ。サイアム駅から続く二層の高架線を走るスカイトレインの電車がよく見えて楽しい。スクンヴィット線の電車(左)とシーロム線の電車(右)がサイアム駅を同時発車に近いかたちで走ってきた

サイアム駅の構造は結果的に乗換えの利便性にも寄与しており、同じ方向の電車であれば対面乗換えになるし、反対方向の電車でも1回の上下移動だけで済む。先に挙げた日本の要塞駅でも感じられることだが、これはやはり便利な構造だ。スクンヴィット線とシーロム線の接続は特に考慮されていない模様だが、待てばすぐ次の電車がやってくるのでストレスはあまり感じない。赤坂見附駅での銀座線と丸ノ内線の乗換えの感じに近いと思う。

関連記事

バンコクBTSのちょっと強引な線形 3 - チョン・ノンシーのシケイン

バンコクを走るBTSスカイトレイン。交通渋滞の激しいバンコク中心部を移動するには大変便利な乗りものだが、既存市街地の中を高架で建設しただけあってところどころにちょっとこれ強引じゃね? と思って...

バンコクBTSのちょっと強引な線形 3 - チョン・ノンシーのシケイン
バンコクBTSのちょっと強引な線形 1 - 戦勝記念塔のΩカーブ

バンコクを走るBTSスカイトレイン。交通渋滞の激しいバンコク中心部を移動するには大変便利な乗りものだが、既存市街地の中を高架で建設しただけあってところどころにちょっとこれ強引じゃね? と思って...

バンコクBTSのちょっと強引な線形 1 - 戦勝記念塔のΩカーブ
タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 4 - 『戦場にかける橋』クウェー川鉄橋

タイ国鉄ナムトック支線をナムトックまで乗り通し、カンチャナブリーまで戻ってきた。カンチャナブリーの1つ手前、クウェー川鉄橋駅で列車を降りる。泰緬鉄道のハイライトとも言えるのが、タイ国鉄...

タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 4 - 『戦場にかける橋』クウェー川鉄橋
タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 3 - ナムトック支線を行く

泰緬鉄道を訪ねてみようってことでバンコクからの1dayトリップ。バンコクのトンブリー駅から客車に揺られて3時間弱、泰緬鉄道観光の要所カンチャナブリーに着いた。ここからさらに4時間ほど列車に乗り...

タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 3 - ナムトック支線を行く
タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 2 - ナムトック行鈍行257レ

さて、泰緬鉄道を訪ねてみようってことでバンコクからの1dayトリップ。バンコク=トンブリー駅からナムトック行の鈍行列車257レに乗る。列車は機関車+客車6両という構成。最後尾の1両が業務用を...

タイ国鉄 泰緬鉄道の旅 2 - ナムトック行鈍行257レ

最新記事

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始

半世紀ぶりの大変革。4月17日、京成線と北総線において始発列車よりデジタルSR列車無線(SR無線)の使用が開始された。SR無線を使用する区間は、京成線全線(北総線と重複する区間を除く)と北総線...

京成線・北総線 デジタルSR無線を使用開始
まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)

海外の鉄道海外 駅施設