KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.08.31

数々の珍列車を紹介してきたシリーズも今回でめでたく100回。第100回記念スペシャルということで、本当に珍しい不定期列車、S57運行の試運転を取り上げてみよう。

D16578.jpg

京成3500形 3596編成
2012.11.26/うすい〜佐倉

▲大雨の中で試運転を行なう3596編成。3500形未更新車にとっては「試」の種別板を掲出する貴重な機会であった
Z53304.jpg

京成3700形 3738編成
2012.11.26/うすい〜佐倉

▲試運転を実施する3738編成。全検・重検に伴う試運転は足回りから車体までピカピカな状態なのが特徴である
  • [平日]S57 試運転
  • 始発:宗吾参道**** 〜 終着:八千代台****
  • ダイヤ:2012.10.26改正
  • 備考:-

S57運行・・・京成線をよく見ている方にとってはお馴染みの番号であるかと思う。全般検査(全検)や重要部検査(重検)に伴う試運転がこの行路にて実施1)されており、Twitterなどでの目撃情報でもよく挙がる、注目度の高い行路だ。以前の記事で、不定期運行を示すSが頭文字となる運行番号のうちS30番台からS40番台にかけては高砂〜宗吾参道間の臨時回送にあらかじめ割り当てられていることをご紹介したが、S40番台からS60番台にかけては宗吾参道を発着する試運転列車として設定されている。S57運行はそのうちの1つとなっており、運転区間は宗吾参道から八千代台までの1往復。昼下がりの八千代台駅1番線に試運転と表示したピカピカな電車が停車していたならば、この列車と思っていただいて間違いない。

そのようなものなので、S57運行には宗吾車両基地にて全検あるいは重検を施工される車両であれば充当される可能性がある。全検・重検を京成に委託している北総車も、京成線内をこのS57運行の試運転で走る姿を見ることができる。このほか芝山鉄道と舞浜リゾートラインの車両も宗吾車両基地で全検・重検を実施しているが、これらは例外。芝山車はこれまでいずれもS57運行ではない行路での試運転となっている。全検あるいは重検に伴う試運転はその車両にとっての自社線内で実施する必要がある2)ようで、芝山鉄道の車両を芝山千代田まで入線させるための措置である。舞浜リゾートラインの車両は・・・これはいちいち説明しなくてもお分かりいただけると思う。

Z52807.jpg

北総7800形 7818編成
2016.11.1/うすい〜佐倉

▲S57運行として走る北総7818編成。北総鉄道
D29773.jpg

芝山鉄道3500形 3540編成
2018.3.27/ユーカリが丘〜うすい

▲2018年3月に重要部検査を実施した芝山鉄道所属の3540編成。この時の試運転はS75運行として設定され、芝山千代田まで入線する行路が組まれた

よく出場試運転などと言われるが、この試運転自体が全検あるいは重検の工程における最後の仕上げとなり、これに合格して初めて検査の完成(出場)となる。運行にあたっては検査担当の係員が乗車しており、駅間では急制動の試験をするなど、出場に向けた念入りなチェックが行なわれている様子を見ることができる。したがって、S57運行の試運転で不具合が見つかれば、さらに別の行路にて試運転を追加で実施する場合がある。また、AE形は成田スカイアクセス線内で160km/h運転を行なうゆえにS57運行の試運転だけでは出場とならず、後日に成田スカイアクセス線内でも試運転(AE47運行)を実施している。

なお、全検あるいは重検に伴う試運転は必ずしもS57運行で実施というわけではなく、他の不定期列車と運転日が重なっているという場合には別の行路で試運転を実施することがある。また、2011年3月の東日本大震災では、S57運行の運転区間内であるユーカリが丘〜うすい間の軌道が深刻なダメージを受けたため、しばらくの間、試運転を佐倉〜東成田間という全くの別行路で実施していたことがあった。

D27554.jpg

京成3600形 3678編成
2016.10.13/ユーカリが丘〜うすい

▲2016年10月に全検出場した3678編成。廃車が進行している3600形だが、3678編成は次に出場することはあるだろうか

以上、S57運行がどのような試運転かを長年の観察に基づいて記してみたが、細かいことを抜きにしても検査上がりたてのピカピカな車両3)を見るのはやはり気持ちが良い。その仕上がりからは宗吾車両基地の係員による懇切丁寧な作業の様子が想像できるというものだ。一方、車両の検査は法令等に則ったものであるため、S57運行は不定期列車といえども定期的に運転される性格のものとも解釈できる。そういった意味では、将来的に試運転の列車が走らなくなるということはありえない。ダイヤ改正で消滅する危険性を孕んでいる1日数本の定期列車の方がよほどレアになる可能性がある。

  • 1)S57運行は平日ダイヤの番号。土休日ダイヤの日に実施した場合、同様の行路は現行ダイヤではS53運行として運転される。
  • 2)これは北総車も同様だが、北総線内の試運転は後日に別途実施。
  • 3)2014年度より一部の車両を対象に新重検という新しい検査が実施されているが、この場合はあまりピカピカではない。

関連記事

四直珍列車研究 99 - 平日 694K

押上線を走る6両編成が3年ぶりに復活。平日694Kレは平日の早朝に運転される普通押上行である。この列車の最大の特徴は6両編成という点で、現行ダイヤでは押上線を走る6両編成はこの押上行とこの列車の...

四直珍列車研究 99 - 平日 694K
四直珍列車研究 98 - 平日 1400T

都営浅草線の大門〜泉岳寺間の開通からまもなく50年。すなわち、京成電鉄〜東京都交通局〜京急電鉄の3者直通運転が50周年を迎えようとしている。・・・というわけで、今回は京成線〜都営浅草線〜京急線を...

四直珍列車研究 98 - 平日 1400T
四直珍列車研究 97 - 平日 2472H・土休日 2462H

平日2472H、土休日2462Hは京急車の普通浅草橋行である。以前の記事でお伝えしたように、京成押上線の上り終電は普通浅草橋行というこの終電でしか見られない珍列車として運行されている。長らく...

四直珍列車研究 97 - 平日 2472H・土休日 2462H
四直珍列車研究 96 - 平日 853

平日853レは4両編成で運転される普通成田行である。たびたび話題にしているように、京成電鉄ではここ数年で4両編成の列車の削減を行なっている。特に2014年11月ダイヤ改正と2016年11月ダイヤ...

四直珍列車研究 96 - 平日 853
四直珍列車研究 95 - 平日 2370H

平日2370Hは成田スカイアクセス線上り最終のアクセス特急金沢文庫行である。2017年10月28日に実施された京成線のダイヤ改正は、成田空港アクセスの需要増に対応して、同空港への更なる利便性向上...

四直珍列車研究 95 - 平日 2370H