KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.10.27

京急車が北総線内を急行として走る。

D30678.jpg

京急新1000形 1065編成
2018.8.14/東松戸

▲北総線内を急行として走る京急新1000形
  • [平日]1657H 急行印西牧の原行
  • 始発:三崎口1654 → 終着:印西牧の原1924
  • ダイヤ:2015.12.5改正
  • 備考:品川まで特急、高砂まで普通

平日1657Hは、2015年12月ダイヤ改正で登場した京急車による急行印西牧の原行である。北総線の2015年12月ダイヤ改正と言えば、夜間下りにおける特急列車の新設が大きなトピックだった。一方、普通列車においても18時以降に5〜23分間隔と不均等になっていたものを概ね15分間隔にするなど、夕方から夜間時間帯のテコ入れを合わせて実施。その結果、従来は青砥止だった当列車も北総車との運用持ち替えという格好で北総線直通に変更されることになった。京急車による北総急行は約3年ぶりの登場であった。

行先を印西牧の原としているのが特徴で、現行ダイヤで3本が設定されている北総急行の中で、印西牧の原行というのはこの列車のみの存在。また、他の2本の北総急行は都営車の運用なので、1657Hは「京急車」の「急行印西牧の原行」という2つの意味で珍しい列車になっていると言える。京急車の北総急行そのものはこれまでもたびたび走っているが、印西牧の原行として走るのは初めての設定となるようだ。同改正では新設された下り北総特急においても京急車の運用が設定されており、京急車にとってはなかなかアツいダイヤ改正になっていた。

関連記事

四直珍列車研究 100 - 試運転 S57

数々の珍列車を紹介してきたシリーズも今回でめでたく100回。第100回記念スペシャルということで、本当に珍しい不定期列車、S57運行の試運転を取り上げてみよう。S57運行・・・京成線をよく見て...

四直珍列車研究 100 - 試運転 S57
四直珍列車研究 99 - 平日 694K

押上線を走る6両編成が3年ぶりに復活。平日694Kレは平日の早朝に運転される普通押上行である。この列車の最大の特徴は6両編成という点で、現行ダイヤでは押上線を走る6両編成はこの押上行とこの列車の...

四直珍列車研究 99 - 平日 694K
四直珍列車研究 98 - 平日 1400T

都営浅草線の大門〜泉岳寺間の開通からまもなく50年。すなわち、京成電鉄〜東京都交通局〜京急電鉄の3者直通運転が50周年を迎えようとしている。・・・というわけで、今回は京成線〜都営浅草線〜京急線を...

四直珍列車研究 98 - 平日 1400T
四直珍列車研究 97 - 平日 2472H・土休日 2462H

平日2472H、土休日2462Hは京急車の普通浅草橋行である。以前の記事でお伝えしたように、京成押上線の上り終電は普通浅草橋行というこの終電でしか見られない珍列車として運行されている。長らく...

四直珍列車研究 97 - 平日 2472H・土休日 2462H
四直珍列車研究 96 - 平日 853

平日853レは4両編成で運転される普通成田行である。たびたび話題にしているように、京成電鉄ではここ数年で4両編成の列車の削減を行なっている。特に2014年11月ダイヤ改正と2016年11月ダイヤ...

四直珍列車研究 96 - 平日 853

京急珍列車