KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.11.11

2018年2月より使用している日暮里駅のホームドア。京成線としては初めてとなるホームドアだが、先日同駅を利用した際にその稼働状況を少しばかり見てきたので、レポートしよう(今さら)。

X72667.jpg

京成線日暮里駅 ホームドア
2018.11.10/**

▲京成では初めてホームドアが設置された日暮里駅の下りホーム。ホームドアは他の事業者でも採用されている一般的なタイプで、扉の色は京成のイメージに合わせて深い青色が選択されている

昨今、特に利用者の多い駅で広がりを見せているホームドア。国土交通省では、旅客の相次ぐホームからの転落事故を受けて10万人以上の利用者数のある駅についてホームドアを原則2020年までに設置することを数値目標として示しており、ホームドアの普及はこの流れに沿ったものである。

そして、いよいよ京成にもホームドアがやってきた。2018年2月24日より日暮里駅の下りホームにて使用開始されたホームドアが、京成線における初めてのホームドアとなっている。日暮里駅はそもそも10万人前後の利用があること、扉の位置が一般の通勤型車両とスカイライナーなどに使用されるAE形とで異なる京成において、一般列車とライナー列車で乗車ホームを分けており、ホームドア設置に対する障壁が比較的少なかったことが、日暮里駅をホームドア第1号にさせたものと思われる。

ホームドアの動作は車両との連動でドアが開閉する事例が多いが、京成では車両に対する改修等の負担を避け、乗務員(車掌)が車両のドアとは別にホームドアの開閉を操作する方式1)を採用。また、ホームドア設置に伴い列車の停止位置がよりシビアなものとなるが、これについてもTASC2)などの運転支援機器に頼らずに乗務員(運転士)が気合で合わせることとした。この停止位置の厳格化とホームドア操作に係わる時間の確保のため、2017年10月ダイヤ改正において上野線の停車時分および運転時分が見直され、上野→青砥の所要時間が1分近く延びたのは以前の記事でお伝えしたとおりである。

このほか、ホームドア設置に伴い日暮里駅周辺における信号機の建植位置が新設を含めて変更されており、あらゆる部門を巻き込んで大がかりなものとなっている。社会的な要請からホームドアの設置は急務となっているものの、実際にやるとなるとこれはなかなか大変だったのでは・・・と思う。なお、実際のホームドア設置については、このタイプのホームドアは列車で輸送してそのまま現場で設置できるような設計となっているため、そのための列車が宗吾参道〜上野間で運転されている。ホームドアの設置は1月13日と20日の終電後に実施され、S95運行なる臨時列車が宗吾参道〜上野間で運転された3)

◆ ◆ ◆

さて、前置きが長くなってしまったが、ホームドアの動作状況を見てみよう。前述のようにホームドアの開閉は車掌の操作によっており、列車の到着から発車までにホームドア開→車両のドア開→乗降→車両のドア閉→ホームドア閉という順序で扱いが行なわれる。この記事を公開した時点でホームドアの使用開始から既に9ヶ月、ホームドアの動作状況を観察するために列車を何本か見送ったが、さすがに現場はもう慣れたもので、各列車とも違和感なくスムーズに発着していった。

X72682.jpg

京成線日暮里駅 ホームドア
2018.11.10/**

▲3600形の特急が到着し、ホームドアが開扉するところ。今のところホームドアの作動は車両と連動しておらず、ホームドアの開閉は車掌が行なっている。ホームドアが開いた後、車両のドアが開けられる
X72669.jpg

京成線日暮里駅 ホームドア
2018.11.10/**

▲ホームドアの線路側に設置されている、車掌がホームドアを開閉するための操作盤。写真は1番線側のAE形用のもの。特に2番線の8両編成と6両編成で同一の操作盤を使用することから、列車の車両判定によるメッセージの表示や操作するべきボタンが光るなどの、誤操作を防ぐための数々のギミックが盛り込まれている
X72671.jpg

京成線日暮里駅 ホームドア
2018.11.10/**

▲ホームの上部に何箇所か設置された乗務員表示器の動作状況。向かって左側のLEDがホームドア状態表示、右側のLEDが停車位置範囲表示となっており、それぞれのステータスをリアルタイムで表示する。1は列車がホームに在線していない時の表示。ホームドアが異常なく全閉状態になっていることを緑丸で示している。2は列車入線時の表示。列車が停止位置の範囲内に入ると四角が点滅し、停車すると四角が点灯状態になる。3は列車停止後の表示。列車が所定の位置に停止すると車両が判定され、停車位置範囲表示部にその内容が表示される。写真は6両編成の例。AE形は「AE」と表示される。4はホームドアを開けた時の表示。ホームドアが開状態になるとホームドア状態表示が赤丸になる

このほか、日暮里駅のホームドアについて興味深いものとして2番線の最後部のホームドアのみを開けるという機能が備わっている模様。2番線側のAE形用ホームドア操作盤にそのようなボタンがあるのを確認することができた。通常、スカイライナーの乗車は1番線からとなるが、スカイライナー利用者が誤って2番線に現れることを想定したものとみられ、そのような者を便宜的にAE形8号車の最後部ドアから乗車させることを図ったものである。もとよりこのタイプのホームドアは各ドアについて個別操作が可能となっているが、スカイライナー利用者が2番線に現れるというよくあるであろう事象に対する取扱いをあらかじめシステム内に組み込んでおり、その点でよく考えられたものになっているという印象である。

◆ ◆ ◆

京成では引き続きホームドアを整備するとしており、2018年度中に日暮里駅上りホーム(0番線)4)と空港第2ビル駅において、2020年までに成田空港駅においてホームドアの使用を開始させる予定である。

  • 1)同様の事例として、身近なところでは京急線の羽田空港国際線ターミナル駅がある。ただし、都営浅草線大門駅で試験していたようなQRコードを用いた車両とホームドアの連動技術が実用化されれば、将来的に乗務員に対する負担軽減のため日暮里駅のホームドアもこの方式に移行する可能性がある。
  • 2)Train Automatic Stop-position Controller。列車定位置停止装置。
  • 3)13日は3438編成が、20日は3408編成がそれぞれ充当。
  • 4)日暮里駅0番線はもともと固定柵を設置する予定であったが、ホームドアに計画が変更になっている。京成電鉄の11月1日付のプレスリリースにて、12月23日に使用開始予定となることがアナウンスされている。

関連記事

京成線 東成田駅「旧スカイライナー専用ホーム解禁イベント」開催

祝・成田空港輸送40周年。鉄道における空港輸送のパイオニアである京成電鉄では、2018年5月21日の東成田駅(旧成田空港駅)の開業40周年とともに成田空港輸送40周年を迎えることになった。これを...

京成線 東成田駅「旧スカイライナー専用ホーム解禁イベント」開催
京成電鉄「2018年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

新年度が始まって早1ヶ月。大型連休も終わってしまい、なんとなく憂鬱な気分の中で鉄道趣味界隈におけるこの時期の楽しみといえば、各社から発表される鉄道事業設備投資計画であろう。京成電鉄でも8日の夜に...

京成電鉄「2018年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
都営浅草線 大門駅のホームドア試験

11月末より都営浅草線の大門駅にホームドアが出現。新技術を用いた検証実験が実施されている。ホームドアが設置されたのは大門駅の1番線、押上方の最後尾車両ドア1枚分。東京都交通局とデンソーウェーブが...

都営浅草線 大門駅のホームドア試験
真夜中の京成津田沼駅と津田沼車庫

時刻はまもなく丑三つ。そんな時間に京成津田沼駅に行ってみると・・・ 京成津田沼駅は言わずもがな、京成線では拠点となる駅のひとつ。千葉線と新京成線の接続駅であり、駅には車掌区も併設。列車によっては...

真夜中の京成津田沼駅と津田沼車庫
京成線の新デザイン駅名標 更新状況

2013年8月の曳舟駅上り線高架化を機に登場した、京成線の新デザイン駅名標。以降、駅舎の工事のついでや年度末の時期の予算消化的な感じで駅名標の更新が進んでいる。本稿は、そんな京成線の駅名標の...

京成線の新デザイン駅名標 更新状況

京成駅施設