KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.12.07

さて、まもなくダイヤ修正が行なわれる。というわけで、例によってダイヤ修正で消えてしまう珍列車を取り上げてみよう。

Y54278.jpg

京成3600形 3668編成
2018.5.9/大神宮下

▲普通上野行きとして走る3600形3668編成。4両編成の上野行は2016年11月ダイヤ修正の時点で平日・土休日ともに1本のみという希少な存在となっていた
  • [平日]1050 普通上 野行
  • 始発:京成津田沼1017 → 終着:上 野1113
  • ダイヤ:2016.11.19修正
  • 備考:

今回の京成線のダイヤ修正は、修正ということで比較的おとなしい内容となっているが、その中でも大きなトピックと言えば金町線と京成本線末端部を除いた4両編成の廃止であろう。成田スカイアクセス線が開業した2010年7月ダイヤ改正の時点で11本あった4両編成の運用も2014年11月ダイヤ改正と2016年11月ダイヤ修正で3本ずつ削減され、5本にまで減少。そして、今回のダイヤ修正ではさらに2本の4両編成が減らされることになり、ここ数年における一連の4両編成削減の完成形とも言えるダイヤとなる。

そんな中、数少ない京成本線を走る4両編成として設定されていたのが1050普通上野行である。4両編成の運用が5本となった2016年11月ダイヤ修正で設定されたもので、平日では唯一上野まで入線する4両編成となっていた。4両編成の運用は5本となった2016年11月ダイヤ修正の時点でかなり単純化されており、その内訳は金町線を終日走るものが2本と宗吾参道〜芝山千代田間を走るものが1本、残りの2本が京成本線と千葉・千原線を走るものとされた。しかし、4両編成2本が京成本線と千葉・千原線を走ると言っても、これらは朝のラッシュ時に千葉・千原線を少しだけ参加して、午前中のうちに高砂あるいは宗吾参道に入庫するという必要最低限のもの。要するに、表題の1050を含めて、京成本線を走る4両編成はもはや金町線に使う車両の送り込みとして残されたのに過ぎなかったのである。

来たるダイヤ修正では、これら京成本線と千葉・千原線を走る4両編成2本分が丸ごと6両編成とされ、これにより前述の通り金町線と京成本線の一部を除いて4両編成の列車の廃止が達成されることになった。したがって、表題の1050も6両編成となり、4両編成の上野行も消滅になる。輸送力の増強は喜ばしいこととは言え、4両編成の列車が堂々と上野まで乗入れるというある意味では京成を象徴していた光景が見られなくなるのは、一抹の寂しさを感じるものである。

X73100.jpg

芝山鉄道3500形 3540編成
2018.12.4/谷津〜京成津田沼

▲芝山鉄道所属の3540編成も上野まで走る機会があった。4両編成の上野入線は動揺測定などで引き続き見られることになろうが、動揺測定への使用実績がない芝山車が今後上野まで入ることはあるだろうか
Z96187.jpg

博物館動物園駅 時刻表?

▲おまけ:博物館動物園駅が現在も営業していたらという仮定で作ってみたポケット時刻表。4両編成までしか停車できない同駅に停まるのは、1050とその折返しの高砂行のみ。ダイヤ修正以降は上野線を走る4両編成そのものがないので、仮に博物館動物園駅が営業していたとしても停まる列車がなくなってしまう

関連記事

四直珍列車研究 103 - 土休日 2318

夜な夜な走る、上大岡行。深夜時間帯は珍列車の宝庫だ。車庫外の停泊や乗務員の労働条件などが絡んで、日中時間帯には見られない中途半端な行先の列車を見ることができる。過去に当Webサイトでご紹介した...

四直珍列車研究 103 - 土休日 2318
四直珍列車研究 101 - 平日 1657H

京急車が北総線内を急行として走る。平日1657Hレは、2015年12月ダイヤ改正で登場した京急車による急行印西牧の原行である。北総線の2015年12月ダイヤ改正と言えば、夜間下りにおける特急列車...

四直珍列車研究 101 - 平日 1657H
四直珍列車研究 100 - 試運転 S57

数々の珍列車を紹介してきたシリーズも今回でめでたく100回。第100回記念スペシャルということで、本当に珍しい不定期列車、S57運行の試運転を取り上げてみよう。S57運行・・・京成線をよく見て...

四直珍列車研究 100 - 試運転 S57
四直珍列車研究 99 - 平日 694K

押上線を走る6両編成が3年ぶりに復活。平日694Kレは平日の早朝に運転される普通押上行である。この列車の最大の特徴は6両編成という点で、現行ダイヤでは押上線を走る6両編成はこの押上行とこの列車の...

四直珍列車研究 99 - 平日 694K
四直珍列車研究 98 - 平日 1400T

都営浅草線の大門〜泉岳寺間の開通からまもなく50年。すなわち、京成電鉄〜東京都交通局〜京急電鉄の3者直通運転が50周年を迎えようとしている。・・・というわけで、今回は京成線〜都営浅草線〜京急線を...

四直珍列車研究 98 - 平日 1400T

最新記事

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b

ヤツは時刻表に2回現れる。土休日1846bレは、京成本線を走る珍列車である。この列車の面白さは時刻表に表れている。まずは京成時刻表を確認してみよう。時刻表で1846bレを探すと2本の列車が...

四直珍列車研究 118 - 土休日 1846b
京急大師線 干支ヘッドマークのない正月

京急大師線の少し寂しいお正月。1899年1月に開業した大師電気鉄道に始まり、現在も川崎大師への参拝の足として親しまれている京急大師線。2022年正月、そんな大師線に異変が生じている。毎年恒例の...

京急大師線 干支ヘッドマークのない正月
新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の干支ヘッドマークの掲出を行った。今年で14年目となるヘッドマークの干支は「寅」。干支...

新京成電鉄 干支ヘッドマーク(2022年)
北総7800形7838編成 登場

北総7800形にまさかの4本目の編成が登場。12月中旬より北総7800形7838編成が登場している。同編成はこれまでの7800形と同じく京成3700形のリース車両で、車両番号の変更は次の通り...

北総7800形7838編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成3050形3054編成と3055編成、京成カラーになる。12月上旬より京成3050形3054編成と3055編成がオレンジ色のアクセス線カラーから赤と青の京成カラーに変更され、運用に入っている...

京成3050形3054編成・3055編成 京成カラーに変更

京成珍列車