KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2018.12.31

​​祝・東洋バス創立70周年。

X73161.jpg

東洋バス 70号車
2018.12.23/佐倉市西ユーカリが丘

▲ついに登場することになった東洋バスの復刻塗装車両。同社の創立70周年を記念したものとなっている。12月23日より勝田台駅北口を発着する宮ノ台線で運用中
X73147.jpg

東洋バス 70号車
2018.12.23/佐倉市宮ノ台

▲うしろ側

今年で創立70周年を迎えた東洋バス。当Webサイトでもご報告したように、これを記念したツアーが東洋バスと千葉シーサイドバスで合わせて3回開催されてきたところである。これまでこのようなことを一切してこなかった東洋バスがめでたき創立70周年の年に突如見せた奇怪な動き・・・これはこの流れでもしかしてアレの登場がワンチャンあるんじゃね? ・・・と思っていたら本当に出現してしまったのでござる。そう、世界中に散らばる東洋バスファンが待ちわびた復刻塗装車両が!

車両自体は既報のとおり千葉シーサイドバスのツアーでお披露目となっていたが、その後習志野230あ70という創立70周年を記念した車両に相応しい希望ナンバーを取得し、12月23日より運用に入っている。同社では登録番号をそのまま車号として用いているので、今回登場した復刻塗装車両は70号車ということになるだろうか。

今回復刻塗装となったのは、2006年式のエアロミディPA-MK25FJ。その正体はと言うと、既存車両の塗り替えではなく、成田空港交通からの移籍車となっている。成田空港交通では26号車として成田市内を循環するサークルバスで運用されていたものだが、2018年6月ダイヤ改正で余剰となっていたところを拾われたきたということのよう。東洋バスでは基本的に車両を新車で導入しているので、このような移籍車は珍しい事例となっている。また、東洋バスにおけるPA-MK25FJのエアロミディは2016年までに全車が千葉シーサイドバスに転属となっていたので、これが久々に復活することになった。

X73225.jpg

東洋バス 三菱ふそうのエンブレム
2018.12.23/**

▲車両の前面に鎮座する三菱ふそうのエンブレム。これがあるかないかで大きな差。実にカッコイイ!
X73229.jpg

東洋バス 冷房車ステッカー
2018.12.23/**

▲リアの窓ガラスには「冷房車」ステッカーも。分かる人には分かる、こだわり抜いた演出が素晴らしい

違和感のない素晴らしい塗装もさることながら、やはり目につくのはその装飾類。何と言っても、正面に装着された昔懐かしい三菱ふそうのエンブレムがひときわの輝きを見せている。ここ数年、各地で流行りを見せている復刻塗装の路線バスだが、こういったエンブレム類まで再現するという例は少ない。このほかにも車体の裾に取り付けられたふそうの銘板や、リアの窓に貼りつけられた冷房車のステッカーなど、細かいところにまでこだわりが散りばめられている。これまでこういったことをしてこなかった事業者のものとは思えない仕上がりには、ただただ驚くばかり。東洋バス・・・なんて恐ろしい子!

関連記事

東洋バス2095号車 いすゞエルガミオ2KG-LR290J3

東洋バスにいすゞエルガミオが初登場。当Webサイトでも再三にわたりお伝えしているように、東洋バスにおける2018年は特異な年であった。同社の創立70周年ということもあり、これを記念した路線バス...

東洋バス2095号車 いすゞエルガミオ2KG-LR290J3
東洋バス1107号車 三菱ふそうPDG-AJ820NAN

東洋バス1107号車は2009年に導入された中型ロング車である。​​型式は三菱ふそうPDG-AJ820NANで、スペースランナーJPのOEM版のエアロミディSである。当時、三菱ふそうでは日産...

東洋バス1107号車 三菱ふそうPDG-AJ820NAN
千葉シーサイドバス2682号車 三菱ふそうエアロミディS

東洋バスの子会社である千葉シーサイドバス。同社に所属する車両は東洋バスからの移籍車が多数を占めているが、自社で導入した車両もわずかながらに存在する。その中の1台、2682号車を紹介しよう...

千葉シーサイドバス2682号車 三菱ふそうエアロミディS
千葉シーサイドバス 車両一覧

本稿は千葉シーサイドバスに在籍している車両および過去に在籍していた車両を表にまとめたものである。2003年の設立からの全車両を掲載しているつもりである。千葉シーサイドバスではいわゆる社番が...

千葉シーサイドバス 車両一覧
東洋バス 車両一覧

東洋バスに在籍している車両および過去に在籍していた車両を表にまとめたものである。車両一覧というからには本来は創業時からの全車両を掲載すべきだが、過去にさかのぼればさかのぼるほどよくわからなく...

東洋バス 車両一覧

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化