KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2019.01.14

祝・羽田空港国際線ターミナル駅&けいきゅん7周年。

D31191.jpg

京急2100形 2133編成
2019.1.12/平和島

▲「けいきゅん」の7歳の誕生日を記念して運転されたラッピング電車「けいきゅん号」

​京急電鉄では、2018年10月21日から1月13日まで2100形2133編成"京急ブルースカイトレイン"を使用した「けいきゅん号」の運転を行なった。同社のマスコットキャラクターである「けいきゅん」をラッピングした「けいきゅん号」の運転は、昨年に引き続き2回目。前回の「けいきゅん号」は京急創立120周年に合わせての運転だったが、今回は「けいきゅん」が誕生してから7回目のお誕生日(10月21日)を記念したものということだそう。

2回目となる「けいきゅん号」だが、前回の運転と同じく車外のヘッドマークやラッピングだけでなく、車内の中吊り広告やマナーステッカー、一部の座席のマクラカバーなどにも「けいきゅん」を散りばめたたいへん凝った装飾となっていた。このほか「けいきゅん号」の運転に連動した「きゅんペーン」なるキャンペーンが行なわれたほか、1月1日に運転された団体臨時列車「みうら元旦号」にはこの「けいきゅん号」が使用されている。じわじわと存在感が増している気がする「けいきゅん」だが、はたして来年の運転はあるだろうか。

関連記事

京急2100形「初日号」 都営浅草線で営業運転

あけましておめでとうございます。2019年もよろしくお願いいたします。しかし、新年早々にとんでもないネタをぶっこんできたものである。京急電鉄では12月31日〜1月1日の終夜運転において三浦海岸や...

京急2100形「初日号」 都営浅草線で営業運転
京急電鉄「リラックマ15周年×京急120周年記念」ラッピング電車

京急線に1年半ぶりのリラックマが登場。京急電鉄では2月25日に創立120周年を迎えるにあたり、さまざまなキャンペーンや施策を行なっている。3月5日から人気キャラクターの「リラックマ」とコラボ...

京急電鉄「リラックマ15周年×京急120周年記念」ラッピング電車
京急1500形 特別ラッピング電車「京急120年の歩み号」運転

京急電鉄120年の歴史が凝縮された列車が登場。2018年2月25日に創立120周年を迎えた京急電鉄では、2017年10月から2018年度末までを京急創立120周年期間としてさまざまな記念イベント...

京急1500形 特別ラッピング電車「京急120年の歩み号」運転
京急2100形 ロゴ無しKEIKYU BLUE SKY TRAIN

京急2100形2133編成KEIKYU BLUE SKY TRAINに異変。2100形2133編成のKEIKYU BLUE SKY TRAINがロゴ無し状態で走っている。1月下旬より...

京急2100形 ロゴ無しKEIKYU BLUE SKY TRAIN
京急2100形「けいきゅん号」

祝・京急創立120周年。京急電鉄では、10月1日より2100形「けいきゅん号」の運転を行なっている。同社の創立120周年に合わせたラッピング電車となっており、前面には創立120周年を記念して...

京急2100形「けいきゅん号」

最新記事

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現

新京成8800形に新たな形態が出現。新京成8800形で2016年度より進められている車体のリニューアル工事について、異変が生じている。8800形のリニューアル工事は、VVVFインバーター装置の...

新京成8800形 機器非更新のリニューアル車が出現
京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示

京成3400形に残る「北総・公団線」表記。京成高砂から東松戸、新鎌ヶ谷を抜けて千葉ニュータウンに至る北総線は、かつて北総・公団線と言っていた。千葉ニュータウン内の鉄道整備において、諸々の事情から...

京成3400形 3418編成に残る「北総・公団線」表示
京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク

パンダが日本に来てから半世紀。京成電鉄では、10月下旬から12月末まで3000形に「パンダ来日50周年記念」ヘッドマークの掲出を行った。1972年10月に日本で初めてジャイアントパンダ「カンカン...

京成3000形 「パンダ来日50周年記念」ヘッドマーク
新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。新京成電鉄では、今年も毎年恒例の新年ヘッドマークの掲出を行っている。今年で15年目となるヘッドマークの干支は「卯」。新年...

新京成電鉄 新年ヘッドマーク(2023年)
京成3500形 走り続けて50周年

走り続けて半世紀。京成電鉄における最古参の車両として走る3500形。そんな3500形は2022年12月、めでたくデビュー50周年を迎えた。1972年12月26日に竣工(入籍)した3504編成...

京成3500形 走り続けて50周年