KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2019.02.17

21年ぶりにその閉ざされた扉が開く。

X73497.jpg

京成線 旧博物館動物園駅舎
2019.2.15/**

▲東京国立博物館の脇に佇む京成線の旧博物館動物園駅舎。営業休止から21年の時を経て、内部の一般公開が行なわれることになった

2018年11月23日より、京成線旧博物館動物園駅舎の一般公開が実施されている。1997年3月末に営業休止してから初めてとなる同駅舎の一般公開、私も遅ればせながら2月のある日に見に行ってきたので、その様子をレポートしよう。

旧博物館動物園駅舎の「東京都選定歴史的建造物」選定とリニューアル

1997年に営業を休止し、そのまま2004年に廃止となった京成線博物館動物園駅。昭和8年の駅開業時に建てられた特徴ある駅舎は、廃止以来、何をどうするわけでもなく半ば放置状態となっていた。東京国立博物館の脇にポツリと佇む旧駅舎は、そこだけ時間の進みが止まっていたかのようであった。

そんな博物館動物園駅が再び脚光を浴びることになったのは、2018年4月のこと。旧駅舎が特に景観上重要な歴史的価値をもつ建造物として、「東京都選定歴史的建造物」に選定されることになった。鉄道施設が「東京都選定歴史的建造物」に選定されるのは初めての事例だという。合わせて、旧駅舎のリニューアルを実施。旧駅舎の保存と活用が一気に具体化していった。そして、11月23日より、ついにその内部が一般に公開されることになった。

X73477.jpg

京成線 旧博物館動物園駅舎
2019.2.15/**

▲旧駅舎のリニューアルで外観上最も大きく変わったのが扉。東京藝術大学の美術学部長でありアーティストでもある日比野克彦氏によるデザインは、上野エリアの文化・芸術施設をモチーフとしたもの
旧駅舎の一般公開『アナウサギを追いかけて』

今回の旧博物館動物園駅舎の一般公開は施設を所有する京成電鉄ではなく、上野文化の杜新構想実行委員会とアーツカウンシル東京(公益社団法人東京都歴史文化財団)が主催するアートイベント『アナウサギを追いかけて』として開催されている。東京都美術館や国立西洋美術館、上野の森美術館といった文化施設が集積している土地柄だろうか、鉄道が好きで旧駅舎を見てみたいという人だけでなく芸術が好きな人の関心も集め、公開日は連日大盛況。旧駅舎に入るには当日10時から配布される整理券を必要としているが、特に土日はその整理券がものの10分程度ではけてしまっているそう。

前述のとおり旧駅舎は一般公開に先立ってリニューアルが実施されているが、大部分において休止当時のままの姿がよく残されており、まるで自分がタイムスリップしたかのよう。私としてはこの空間に足を踏み入れるのは初めてで、現役当時の博物館動物園駅を利用したことがなかったので懐かしいとかそういった感情は生まれなかったのだが、写真でよく見た空間に自分がいままさに立っているというのはなんとも不思議な感じである。

一般公開の範囲は、改札へ向かう階段の踊り場までとなっていた。これには、特に旧駅舎そのものを見に来たという人にはいささかの物足りなさが感じられたことだろう。しかし、主催が京成電鉄でないことやそれに伴う保安上の理由を勘案すると今回は致し方ないといったところか。今後も何らかの形で旧駅舎が公開されることはあるだろうから、いずれホーム付近まで立ち入れる機会があることを期待したいものだ。かの有名なペンギンの壁画をぜひとも間近で見てみたい。

X73743.jpg

京成線 旧博物館動物園駅舎
2019.2.15/**

▲入口を入ってすぐのところにアート作品がどどーんと展示。このアナウサギが参加者を旧駅舎の地下空間に誘うという設定
X73740.jpg

京成線 旧博物館動物園駅舎
2019.2.15/**

▲地下へ向かう下り階段。ダンジョンを進んでいくワクワクな感じ
X73606.jpg

京成線 旧博物館動物園駅舎
2019.2.15/**

▲階段を降りたところ、踊り場の様子。数々のアート作品が展示されている
X73700.jpg

京成線 旧博物館動物園駅舎
2019.2.15/**

▲左奥の仕切りの奥にホームに向かう下り階段が続いているが、今回の一般公開で入れるのはここまで
X73653.jpg

京成線 旧博物館動物園駅舎
2019.2.15/**

▲踊り場からその先の下り階段を望む。休止まで使われていた出札窓口と改札口がチラリズム
X73634.jpg

京成線 旧博物館動物園駅舎
2019.2.15/**

▲営業当時に使われていた案内サインがそのまま残る。休止間際に書かれたと思しき落書きが実に泣ける内容

関連記事

京成線 日暮里駅ホームドアの動作状況を見る

2018年2月より使用している日暮里駅のホームドア。京成線としては初めてとなるホームドアだが、先日同駅を利用した際にその動作状況を少しばかり見てきたので、レポートしよう。昨今、特に利用者の多い...

京成線 日暮里駅ホームドアの動作状況を見る
京成線 東成田駅「旧スカイライナー専用ホーム解禁イベント」開催

祝・成田空港輸送40周年。鉄道における空港輸送のパイオニアである京成電鉄では、2018年5月21日の東成田駅(旧成田空港駅)の開業40周年とともに成田空港輸送40周年を迎えることになった。これを...

京成線 東成田駅「旧スカイライナー専用ホーム解禁イベント」開催
京成線 真夜中の京成津田沼駅と津田沼車庫

時刻はまもなく丑三つ。そんな時間に京成津田沼駅に行ってみると・・・ 京成津田沼駅は言わずもがな、京成線では拠点となる駅のひとつ。千葉線と新京成線の接続駅であり、駅には車掌区も併設。列車によっては...

京成線 真夜中の京成津田沼駅と津田沼車庫
京成線の新デザイン駅名標 更新状況

2013年8月の曳舟駅上り線高架化を機に登場した、京成線の新デザイン駅名標。以降、駅舎の工事のついでや年度末の時期の予算消化的な感じで駅名標の更新が進んでいる。本稿は、そんな京成線の駅名標の...

京成線の新デザイン駅名標 更新状況
さようなら 京成線寛永寺坂駅舎

1953年2月に廃止となった京成線の寛永寺坂駅。その駅舎が63年の時を経ていよいよ解体へ・・・。寛永寺坂駅はかつて博物館動物園〜日暮里にあった駅である。1933年12月の上野〜日暮里間開通に伴い...

さようなら 京成線寛永寺坂駅舎

最新記事

京急線 平和島始発の普通品川行を見る

平和島始発の普通品川行を見る。新型コロナウイルス感染症の影響による利用状況の変化への対応や、夜間における保守作業時間の確保を目的として実施された2021年3月27日ダイヤ改正。そのダイヤ改正に...

京急線 平和島始発の普通品川行を見る
北総7300形「北総II期線開業30周年記念」ヘッドマーク

祝・北総II期線開業30周年。3月31日に北総II期線の開業から30周年を迎えた北総鉄道では、これを記念したヘッドマーク電車の運転を行っている。ヘッドマークを掲出しているのは7300形7308...

北総7300形「北総II期線開業30周年記念」ヘッドマーク
京急1000形1890番台 登場

5月6日、話題の新車、京急1000形1890番台が営業運転を開始した。遅ればせながら実車の様子を見に行ってきたので、レポートしよう。さて、1000形1890番台については最初にプレスリリースが...

京急1000形1890番台 登場
京成バス1009号車 いすゞエルガデュオLX525Z1

初物づくしの1台。2020年10月、東京都心と臨海副都心を結ぶ新しい交通機関として東京BRTが開業した。開業時より9台の車両で運行していることは以前の記事でご紹介したとおりだが、ここでは特に...

京成バス1009号車 いすゞエルガデュオLX525Z1
芝山鉄道3500形 広告なしの状態で運用中

芝山鉄道3500形に異変。芝山鉄道所属の3500形3540編成が、3月末より広告なしの状態で走っている。2013年4月より芝山鉄道所属になった3540編成は、同年5月より成田国際空港による...

芝山鉄道3500形 広告なしの状態で運用中

京成駅施設