KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2019.04.16

ほんと、世の中なにが起きるか分からんで。

X74552.jpg

JR東日本209系 八トタ82編成
2019.4.7/三 鷹

▲3月のダイヤ改正から中央快速線を走る209系1000番台。松戸車両センターに所属していた2編成がともに豊田車両センターに転属し、同所の81編成・82編成になった

春は出会いの季節でもあり、別れの季節でもある。鉄道趣味の世界においては、JRグループとその直通各社で実施される春のダイヤ改正がそれに相当しよう。名門の特急列車が廃止されたり、はたまた長年の悲願であった新線が開通したりといったことは、春のダイヤ改正に合わせて行われることが多い。そんな中、今年の春のダイヤ改正で通勤電車界隈で大きなトピックといえば、これをおいてほかにないだろう。新製以来常磐線各駅停車として運用されてきた209系1000番台が松戸車両センターから豊田車両センターに転属し、ダイヤ改正から中央快速線を走るようになった。

それまで千代田線に直通していた209系1000番台が、オレンジ色の帯を巻いて中央快速線を走る。字面だけだと中学生くらいのオタクが考えそうな安易な妄想にしか見えないのだが、これが現実に起こってしまっているのだから訳がわからないのである。なぜ、209系1000番台が中央快速線を走るようになったのだろうか。

今回の209系1000番台の転属劇は、中央快速線を走るE233系を取り巻く車両事情が絡んでいる。JR東日本では、2015年2月に中央線および青梅線へのグリーン車導入を発表1)し、世間を驚かせたところである。その後、2018年4月にグリーン車投入計画の延期が発表されるものの、この時に新たに明らかになったのがE233系に対するトイレの設置2)。このトイレ設置工事3)によりE233系が一時的に不足することから、209系1000番台はその穴埋めということのよう。折しも、209系1000番台は常磐線各駅停車において小田急線に直通できないことや将来のホームドア対応などから運用上の足かせになっており、これらのことから白羽の矢が立ったということなのだろう。

さて、豊田車両センターに転属した209系1000番台であるが、E233系と取扱いが大きく異なることから、限定運用が組まれている。ネット上の情報によれば、所定となる運用は次のようである。

  • 97T(平日)
    豊田601○→東京710-15→高尾827-32→東京950-54→立川1045-53→東京1141/45→豊田1245△
  • 99T(平日)
    豊田553○→東京654/59→高尾813/19→東京940/44→武蔵小金井1027/34→東京1113/15→豊田1220△
  • 97T(土休日)
    豊田1400○→東京1459/1503→豊田1603△

もちろん、ダイヤが乱れ際にはこの限りではない。4月1日にはダイヤ乱れの影響で所定の運用を外れて中央特快として走ったほか、11日には同じくダイヤ乱れの影響で通勤快速と各駅停車が走っている。ただし、乗務員室内に「東京〜高尾・宮ノ平4)限定運用車」と書かれた貼り紙があるとのことなので、所定外の運用に入ったとしても例えば大月まで入線する・・・といった可能性は限りなく低いものとみられる5)

ステンレス車体にオレンジ帯ということで、E233系に紛れるように何食わぬ顔をして走っている209系1000番台だが、ドアの上のLCD案内表示器や自動放送がないことから早くもボロが出てしまっている様子。Twitterで「中央線 古い」などと検索すると、鉄道に興味のない一般の利用者も209系1000番台の存在にうすうす気づいている様子をうかがうことができる。中央快速線に突如として登場した古い新車は、はたしていつまで走るのだろうか。

関連記事

さようなら 横須賀・総武快速線「エアポート成田」

​JR東日本では、2018年3月のダイヤ改正にて横須賀・総武快速線で使用していた「エアポート成田」の愛称を廃止した。今さらながら、「エアポート成田」とはどんな列車だったのか、簡単に振り返って...

さようなら 横須賀・総武快速線「エアポート成田」
京葉車両センター「わくわく 京葉でんしゃまつり2015」開催

11月7日、JR東日本・京葉車両センターにて車両基地公開イベント「わくわく 京葉でんしゃまつり2015」が開催された。同所は定期的に施設公開をしている車両基地ではないが、今年は京葉線が...

京葉車両センター「わくわく 京葉でんしゃまつり2015」開催
E655系お召し列車、中央本線を走る

鉄道好きたるもの、1度は撮ってみたいお召し列車。やっとこさ撮れましたとさ。10月6日、中央本線でE655系を使用したお召し列車が運転された。山梨県内にある恩賜林を天皇皇后両陛下が視察されるのが...

E655系お召し列車、中央本線を走る
常磐線203系 引退へ

常磐線、やっぱり、あまり縁はなし。207系900番台引退の時にも似たようなことを書いたが、あまり常磐線に縁のない私にとって203系もあまり縁のない車両であった。とは言え、207系900番台が...

常磐線203系 引退へ
幕張区113系 引退へ

今年は随分と身近なところから車両が引退するもんである。6月に京葉線から201系が消え、今度は幕張区から113系が引退である。また、常磐線からも203系が引退する。これらの引退によって、201系...

幕張区113系 引退へ

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

JR東日本改造