KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2019.05.18

北総線は走り続けて40年。

D31958.jpg

北総7500形 7501編成
2019.5.7/大 町

▲ヘッドマークを掲出した北総7500形
X75049.jpg

北総鉄道「北総線開業40周年記念」ヘッドマーク
2019.5.7/**

▲おかげさまで北総線は走り続けて40年

北総鉄道では、3月上旬より「北総線開業40周年記念」ヘッドマークの掲出を行なっている。これは、1979年3月9日に北総線の最初の区間である北初富〜小室間が開業してから今年で40周年となることを記念したもの。ヘッドマークは北総7500形3編成(7501編成・7502編成・7503編成)に掲出されているが、北総鉄道によれば7500形が開業当初より活躍した7000形の後継車両であるという意味を込めているとのこと。

惜しむらくは、この開業40周年というめでたき節目を迎えた春に、いつもなら4月下旬に恒例となっている「ほくそう春まつり」の開催がなさそうなことだ。今年の「ほくそう春まつり」については北総鉄道からも一切合切音沙汰がなく、開催するのかしないのかいまいち判然としない。いや、もしかして誰も知らないうちに開催してしまった・・・??(んなわけない)

いちおう暦としてはまだ春だけど、こうした状態では今年の「ほくそう春まつり」の開催はもはや絶望的と見るべきだろう。もっとも、例年ならば「ほくそう春まつり」のヘッドマークが掲出されているはずの時期に、7500形3編成に別のヘッドマークが出ていること自体が異例のこと。このあたりからも今年の「ほくそう春まつり」の開催はなしという北総鉄道からのメッセーが読み取れるかもしれない。

関連記事

臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2018年)

今年も春がやってきた。4月22日、北総鉄道が主催する千葉ニュータウン中央駅での「ほくそう春まつり」開催に合わせて、臨時列車「ほくそう春まつり号」が運転された。2009年以来運転されている毎年恒例...

臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2018年)
臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2017年)

今年も春がやってきた。​4月23日、北総鉄道が主催する千葉ニュータウン中央駅での「ほくそう春まつり」開催に合わせて、臨時列車「ほくそう春まつり号」が運転された。2009年以来運転されている...

臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2017年)
臨時快速「ほくそう春まつり号」運転(2016年)

今年も春がやってきた。4月24日、千葉ニュータウン中央駅で北総鉄道主催の「ほくそう春まつり」が開催、これに合わせて臨時列車「ほくそう春まつり号」が運転された。2009年以来運転されている...

臨時快速「ほくそう春まつり号」運転(2016年)
臨時急行「ほくそう春まつり号」運転(2015年)

今年も春がやってきた。4月26日、千葉ニュータウン中央駅で北総鉄道主催の「ほくそう春まつり」開催に合わせて、臨時急行「ほくそう春まつり号」が運転された。2009年以来毎年恒例となっている同列車...

臨時急行「ほくそう春まつり号」運転(2015年)
臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2014年)

今年も春がやってきた。4月27日、千葉ニュータウン中央駅で北総鉄道主催の「ほくそう春まつり」開催に合わせて、臨時特急「ほくそう春まつり号」が運転された。2009年以来運転されている毎年恒例の...

臨時特急「ほくそう春まつり号」運転(2014年)

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化