KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2019.06.25

京成電鉄では、3月上旬より押上線四ツ木駅において「キャプテン翼」の特別装飾を行なっている。見に行ってみたのでレポートしてみよう。

X75136.jpg

京成線 四ツ木駅『キャプテン翼』特別装飾
2019.5.31/**

▲四ツ木駅で実施されている『キャプテン翼』の特別装飾。ここはサッカーのフィールドか? 否、駅のコンコースである
『キャプテン翼』で染まった四ツ木駅

『男はつらいよ』や『こちら葛飾区亀有公園前派出所』などさまざまなコンテンツを擁する葛飾区。サッカーを題材とした漫画『キャプテン翼』も原作者である高橋陽一先生が同区の出身ということで、葛飾区が中心となって四ツ木・立石周辺に『キャプテン翼』に登場するキャラクターの銅像が設置されているところである。そんな縁もあって、このほど四ツ木駅に『キャプテン翼』の特別装飾が実現されることになった。

特別装飾っていったって、せいぜい登場キャラクターを壁に貼り出すくらいのものだろう? と思っていたら、これは大間違い。実際に四ツ木駅を訪れてみると、そこには想像を越える光景が広がっていた。特に改札階は壁から床から天井に至るまで何から何までフルラッピング。自分がサッカーのフィールドに立っていると錯覚させられるかのような空間に仕上がっている。こりゃすげえ。

さらに、駅構内で流れる自動放送音声もアニメ『キャプテン翼』の各キャラクターの声に置換えられているほか、列車接近メロディーとしてアニメのエンディング曲「燃えてヒーロー」を採用するなど、特別装飾を目で見るだけでなく耳でも楽しめる内容となっている。京成線において列車接近メロディーはこれまで導入されたことがなく、今回の四ツ木駅が初めての事例となった。

X75167.jpg

京成線 四ツ木駅『キャプテン翼』特別装飾
2019.5.31/**

▲駅入口の看板も特別仕様に
X75178.jpg

京成線 四ツ木駅『キャプテン翼』特別装飾
2019.5.31/**

▲翼くんと岬くんのツインシュートでお出迎え
X75161.jpg

京成線 四ツ木駅『キャプテン翼』特別装飾
2019.5.31/**

▲コンコース。天井の照明カバーもサッカーボール柄になっていて芸が細かい
X75141.jpg

京成線 四ツ木駅『キャプテン翼』特別装飾
2019.5.31/**

▲エレベーター付近にはロッカールームを模した空間も。そこに鎮座するのは本企画のオフィシャルサポーターに就任したイニエスタ(等身大)
X75134.jpg

京成線 四ツ木駅『キャプテン翼』特別装飾
2019.5.31/**

▲階段部分の装飾
X75130.jpg

京成線 四ツ木駅『キャプテン翼』特別装飾
2019.5.31/**

▲ホームにも控えめながら装飾がしてある
四ツ木駅にイニエスタ現る

この『キャプテン翼』特別装飾に関連して、3月4日にはその完成を記念したオープニングセレモニーが開催されている。そして、この企画のオフィシャルサポーターとしてゲストに呼ばれたのは、あの神戸の32億円プレーヤー、アンドレス・イニエスタ・・・! これはすごいとしか言いようがない。いったいいくら金を積んだんだってんだ?! 彼は2018年にスペインの名門クラブであるFCバルセロナを去り、現在はヴィッセル神戸でプレーしているので多少は呼びやすい状況にあったとはいえ、世界屈指の超一流プレーヤーを四ツ木に来させてしまうのだからこの企画の本気度が伝わってくるというものである。

もっとも、イニエスタは『キャプテン翼』の大ファン1)として知られている。彼のオフィシャルサポーター就任は、話題性はもちろんのことファン代表としてもこれ以上ない人選と言えるだろう。イニエスタはこの日の様子を自身のTwitterとインスタグラムで報告しており、合わせて5500万の世界中のフォロワーに四ツ木駅のことが拡散された。四ツ木は世界のYotsugiになったのだ。

  • 1)『キャプテン翼』のアニメ版は世界50ヶ国以上で放映され、イニエスタの母国であるスペインでは『Oliver y Benji』というタイトルで親しまれている。イニエスタだけでなく『キャプテン翼』の影響を受けたプロサッカー選手は国内外問わず多い。

関連記事

京成線 新しい駅スタンプを集めてみた

京成線の駅スタンプを集めてみた。駅スタンプというのがある。駅スタンプとは、その名のとおり駅に置かれている記念用のスタンプのこと。旅の思い出に押印するのもよし、スタンプを集めて回るのもよし、その...

京成線 新しい駅スタンプを集めてみた
京成線 日暮里駅のインターナショナルな案内サイン

京成線では2013年度より各駅における案内サインのリニューアルを行なっている。そんな中、2019年3月に更新された日暮里駅の案内サインがずいぶん思い切った内容になっているということで、見に行って...

京成線 日暮里駅のインターナショナルな案内サイン
京成線 市川真間駅が「市川ママ駅」になる

市川真間駅が「市川ママ駅」になる。市川真間・・・60数ある京成線の駅の中でも、独特の響きを持つ駅名だと思う。駅が市川市の真間にあるということでそのまんまの駅名なのだが、連想されるのはやはりママー...

京成線 市川真間駅が「市川ママ駅」になる
京成線 旧博物館動物園駅舎の一般公開

21年ぶりにその閉ざされた扉が開く。2018年11月23日より、京成線旧博物館動物園駅舎の一般公開が実施されている。1997年3月末に営業休止してから初めてとなる同駅舎の一般公開、私も遅れ...

京成線 旧博物館動物園駅舎の一般公開
京成線 日暮里駅ホームドアの動作状況を見る

2018年2月より使用している日暮里駅のホームドア。京成線としては初めてとなるホームドアだが、先日同駅を利用した際にその動作状況を少しばかり見てきたので、レポートしよう。昨今、特に利用者の多い...

京成線 日暮里駅ホームドアの動作状況を見る

最新記事

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる

列車無線のデジタル化に新しい動き。2017年度より列車無線の更新を実施している京成電鉄。4月には新しい無線となるデジタルSR無線の運用が始まったところである。車両に対する改造工事は3000形や...

京成3500形 デジタルSR無線対応工事始まる
京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

11月4日、京成電鉄は2021年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。例年は5月中旬頃に発表されている京成の鉄道事業設備投資計画だが、今年度も昨年度に...

京成電鉄「2021年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京成3100形3155編成・3156編成 登場

9月下旬より、京成3100形の3次車にあたる3155編成と3156編成がお目見えしている。3次車の特徴と営業運転開始までの動きをまとめておこう。京成電鉄では、2021年度の新造車として3100形...

京成3100形3155編成・3156編成 登場
京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用

京成3050形に異変。9月下旬より今年度新造の3100形が営業運転を開始したのに伴い、3050形が成田スカイアクセス線から京成本線に転用されている。3156編成の導入により3054編成が10月...

京成3050形3054編成・3055編成 成田スカイアクセス線仕様のまま本線転用
京成3500形3520編成 営業運転終了

京成3500形に廃車が発生。3100形3155編成の導入に伴い、車両に動きが生じている。3500形3520編成が11日の(B21→)05運行をもって営業運転を離脱。いっしょに編成を組んでいた...

京成3500形3520編成 営業運転終了

京成駅施設