KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2019.07.04

東京都交通局、京成電鉄(芝山鉄道)、京急電鉄、北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)の様々な車両が入り乱れ、百花繚乱の直通運転を行なっている"四直"。その中でも、唯一無二の形態を持つ車両たちが我々をさらに楽しませてくれている。そんな「四直の異端車たち」を適当に紹介していこう。

D32124.jpg

芝山鉄道3500形 3540編成
2019.5.31/柴 又

▲2013年4月より芝山鉄道の所属となっている3500形3540編成。京成車と運用が共通のため金町線を走ることもある

異端車その4として登場していただくのは芝山鉄道3500形である。3540編成が京成からリースされて芝山鉄道の車両として走っているが、東成田〜芝山千代田間2.2kmという日本一短い鉄道事業者である同社に所属する車両はこの1編成のみ。まさに存在自体が異端と言えよう。

3540編成が芝山鉄道所属となったのは2013年4月のこと。それまで芝山鉄道所属車両として開業時より孤軍奮闘してきた3600形3618編成からバトンタッチする格好で貸し出された。芝山鉄道は運転業務を京成に委託しているものの、鉄道施設や車両を自ら保有して鉄道事業を行う第一種鉄道事業者。この3540編成でもって京成線と相互直通運転を実施しているというわけだ。

3618編成が車体に芝山鉄道のコーポレートカラーである赤+緑の帯を巻いていたので、3540編成も同様の姿になるものと期待が高まっていたが、今日にいたるまでカラーリングの変更はされずに京成カラーのまま走っている。なので、3540編成が京成3500形と異なるところと言えば、社名プレートが「芝山鉄道」になっていることと、京成グループのロゴマークがないといった程度。このほか、2013年5月より筆頭株主である成田国際空港による広告ジャックがなされており、車体に貼付されている広告も同編成の大きな特徴になっている。

X75195.jpg

芝山鉄道3500形 社名プレート
2019.5.31/**

▲芝山鉄道の社名プレート。コーポレートカラーである緑色が使われている
X75192.jpg

芝山鉄道3500形 社名プレート
2019.5.31/**

▲おやおや、角度をつけて覗き込むとなにやらアヤシイ文字が・・・
X75187.jpg

芝山鉄道3500形 車内
2019.5.31/**

▲成田空港の広告で埋め尽くされている3540編成の車内。一部の広告の貼り方が京成車と異なっており、ドアステッカーと広告が重なってしまっている
X73100.jpg

芝山鉄道3500形 3540編成
2018.12.4/谷津〜京成津田沼

▲普通上野行として走る3540編成。2018年12月ダイヤ修正で4両編成の運用が大幅削減され、同編成は上野に入線することはなくなった

3540編成は芝山鉄道所属ということで2013年4月より一貫して4両編成のままで走っており、京成車と混結で6両編成や8両編成になったことは今のところ1度もない。運用は以前の記事でもご紹介したとおり京成車と共通運用になっており、京成の4両編成が走るところなら3540編成も走る。ただし、4両編成の運用は2018年12月ダイヤ修正で大幅削減されており、現行ダイヤにおいては宗吾参道〜芝山千代田間と金町線の普通列車、および高砂〜宗吾参道間の不定期回送のみ。そして、共通運用とは言うものの3540編成は宗吾参道〜芝山千代田間のみを走る平日81運行に充当する傾向が強いように思われる。

京成の4両編成なら例えば動揺測定などの不定期列車で上野や押上、千葉・千原線への入線機会もあるけれど、3540編成はやはり芝山鉄道所属ということで充当されたことがない。4両編成の減少と相まって、少し影が薄い車両になってしまっているのは少し残念なところである。

関連記事

四直の異端車たち 5 - 京成3600形3668編成

東京都交通局、京成電鉄(芝山鉄道)、京急電鉄、北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)の様々な車両が入り乱れ、百花繚乱の直通運転を行っている"四直"。その中でも、唯一無二の形態を持つ車両たちが我々を...

四直の異端車たち 5 - 京成3600形3668編成
四直の異端車たち 3 - 北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)9200形・9800形

東京都交通局、京成電鉄(芝山鉄道)、京急電鉄、北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)の様々な車両が入り乱れ、百花繚乱の直通運転を行なっている"四直"。その中でも、唯一無二の形態を持つ車両たちが我々を...

四直の異端車たち 3 - 北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)9200形・9800形
四直の異端車たち 2 - 京急新1000形1367編成

東京都交通局、京成電鉄(芝山鉄道)、京急電鉄、北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)の様々な車両が入り乱れ、百花繚乱の直通運転を行なっている"四直"。その中でも、唯一無二の形態を持つ車両たちが我々を...

四直の異端車たち 2 - 京急新1000形1367編成
四直の異端車たち 1 - 都営5300形5327編成

東京都交通局、京成電鉄(芝山鉄道)、京急電鉄、北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)の様々な車両が入り乱れ、百花繚乱の直通運転を行なっている"四直"。その中でも、唯一無二の形態を持つ車両たちが我々を...

四直の異端車たち 1 - 都営5300形5327編成
芝山鉄道3500形 登場

芝山鉄道による壮大なエイプリルフールネタである(違) 芝山鉄道の3月29日付けのプレスリリースの通り、4月1日をもって芝山鉄道の所属車両が変更となった。京成3500形3540編成が芝山鉄道...

芝山鉄道3500形 登場

最新記事

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも17日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。まず、この...

京成電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

5月11日、京急電鉄は2022年度の鉄道事業設備投資計画を発表した。これを読んで、同社の今後の動きを探ってみよう。まず車両について見てみよう。最も気になる車両の新造については、プレスリリース内を...

京急電鉄「2022年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与

L/C座席にトイレ付という仕様で2021年5月に導入された1000形1890番台。11月からは2021年度導入の3編成も順次加わり、計5編成となって活躍の場を拡げている。2022年3月、そんな...

京急1000形1890番台 愛称「Le Ciel(ル・シエル)」を付与
京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定

2002年4月15日、ある車両がデビューした。その名は1000形。それから20年、1000形は驚くべきことにいまだ導入が続けられている。そんな1000形という車両に敬意を表して、1000形の...

京急1000形 20年間の軌跡 2 - 変革、そして安定
京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

京成電鉄、新京成電鉄を完全子会社化へ。4月28日、京成電鉄はグループ関連企業の新京成電鉄を完全子会社化すると発表した。京成は3月末現在において新京成の株式を44.64%保有、同社を持分法適用...

京成電鉄 新京成電鉄を完全子会社化

芝山鉄道タグはありません