KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2019.07.27

京成電鉄の新型車両3100形(3150形)。その実車がついにお目見えした。

X75644.jpg

京成3150形 3152編成
2019.7.24/神奈川新町

▲ついに実車がお目見えした新型車両3100形(3150形)。24日から26日にかけて3152編成が3600形3668編成の牽引で宗吾車両基地に回送された

かねてより今年の秋にデビュー予定として発表されている京成3100形(3150形)だが、その実車がついに姿を現した。その第一陣となったのは、総合車両製作所(J-TREC)で製造されていた3152編成。7月24日から26日までの3日間、8両を3回に分けて総合車両製作所から宗吾車両基地に回送し、京成線への入線を果たした。

新型車両となるため、回送は自走ではなく牽引によるものとされた。24日に3152-8〜3152-6号車が、25日に3152-5〜3152-3号車が、26日に3152-2、3152-1号車がそれぞれ総合車両製作所を出場し、回送されている。牽引役を務めたのは3600形3668編成で、3600形が京急線に入線するのは2010年6月に実施された3050形3056編成の牽引回送以来、実に9年ぶりのこと。回送列車の運行番号は31Kであった。

3100形(3150形) 写真あれこれ
X75658.jpg

京成3150形 前面
2019.7.24/**

▲前面は見た目より複雑な造形。下の方で折れて後退角がつけられているあたりは3700形を彷彿とさせる。カラーリングは新しくオレンジ色となったが、赤と青の飛行機が3050形より継承されている。車両番号のフォントは「フルティガー」
X75659.jpg

京成3150形 車体側面
2019.7.24/**

▲車体側面の様子。車体は3000形と同じ日車式ブロック工法で、カラーリング以外の見た目は3000形とほぼほぼ同じ。デザインのアクセントとして戸袋部分に沿線の名所のイラストが描かれているの特徴で、手前に見えるイラストは「千葉県側からの富士山遠景」
X75665.jpg

京成3150形 車体側面
2019.7.24/**

▲車両中央のドア付近。ホームドアを意識してのことか京成グループロゴと車両番号が従来より高い位置に貼付されている。車両番号は3500形から続くプレートによるものではなく、車体に数字を直接貼り付ける方式になった。弱冷房車のステッカーが新京成と同じデザインに変更されている。沿線の名所イラストは「浅草雷門とスカイツリー」
X75662.jpg

京成3150形 沿線の名所のイラスト
2019.7.24/**

▲「成田山新勝寺」のイラスト。沿線の名所イラストは各車両に3ヶ所、海側山側ともに上野方から「千葉県側からの富士山遠景」「浅草雷門とスカイツリー」「成田山新勝寺」の順に配置されている
X75661.jpg

京成3150形 行先表示器(側面)
2019.7.24/**

▲表示領域が48ドットx192ドットに拡大され、見た目にも大きくなった側面の行先表示器。従来よりも内容の充実が期待されるが、実際の表示がどうなるか楽しみなところ
X75669.jpg

京成3150形 車内
2019.7.24/**

▲車内側のドアまわり。ドアの構造そのものは3031編成より採用しているものに準じているが、大きく変わったのが車内側の化粧板。ステンレスがむき出しでないドアは3200形8M車以来となる。カモイ部には17インチワイドサイズのLCD案内表示器が2画面設置されているほか、LCDの右上に防犯カメラ。ドアの開閉を光でお知らせする表示灯もある。つり革は従来の丸型から変わって三角型になった
X75663.jpg

京成3150形 座席
2019.7.24/**

▲座席。モケット生地は成田スカイアクセス線のイメージに合わせてオレンジ色を採用(優先席は青色)。ハイバックシートが採用されており、背もたれが大型化した。8人がけのロングシートは3-2-3で分割され、中央の2席が噂の折り畳み座席となる。付近に座席の格納状況を示すランプと「ランプ消灯中は座席をご利用いただけます」と書かれたステッカーがあることから、折り畳み座席は車両側から一斉にロックがかけられる仕様となっている模様。走行線区や混雑具合に応じて、スーツケース置き場とするか座席として使用するかを使い分けるものとみられる

関連記事

京成3100形 行先表示LEDシミュレーター

JavaScriptというプログラミング言語の勉強を兼ねて、京成3100形の行先表示LEDを模したシミュレーターを作ってみましたよっ。お暇なときにでも遊んでみてくださいな。 ※実車が運用開始前...

京成3100形 行先表示LEDシミュレーター
成田スカイアクセス線9周年 京成3050形の今後

祝・成田スカイアクセス線9周年。2019年7月17日に、成田スカイアクセス線は開業から9周年を迎えることとなった。都心〜成田空港の最速ルートとなる成田スカイアクセス線の利用者数は、2011年3月...

成田スカイアクセス線9周年 京成3050形の今後
京成電鉄「2019年度 鉄道事業設備投資計画」を読む

今年も大型連休が終わり、鉄道各社から今年度における設備投資計画が発表される季節がやってきた。京成電鉄でも13日の夕方に発表があったところなので、これを読んで今後の動きを探ってみよう。今年度は...

京成電鉄「2019年度 鉄道事業設備投資計画」を読む
新型車両 京成3100形(3150形)を考察する

ついにベールを脱いだ京成電鉄の新型車両、3100形(3150形)。京成電鉄では、かねてより2019年度中における新形式通勤型車両の導入を明らかにしていたが、このほどその新型車両が3100形として...

新型車両 京成3100形(3150形)を考察する
京成3050形 登場!

9月15日から16日にかけて豊川(日本車両)からの甲種輸送が実施された京成3050形だが、24日から26日にかけて金沢八景(東急車輛)から京成線への搬入が行なわれた。かねてより登場が発表されて...

京成3050形 登場!

最新記事

まだまだ頑張る京成3500形更新車

まだまだ頑張る京成3500形更新車。京成では現在3100形の導入と、3600形と3400形の廃車が進められていることは車両の動きでもお伝えしているとおりである。そんな3600形や3400形を...

まだまだ頑張る京成3500形更新車
都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況

増える5500形、減る5300形。東京都交通局では2017年度より浅草線に5500形を導入している。5500形は2018年6月の営業運転開始以降、順次導入が続けられ、現在は22編成が運用入り...

都営浅草線 5500形導入と5300形の置換え状況
京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更

3月27日、京成線では新型コロナウイルス感染症の流行による深夜の鉄道利用の減少と、夜間の保守作業の時間確保を目的としたダイヤ変更を実施した。終電の繰上げと始発の繰下げが主な内容となっているが...

京成線 終電繰上げと始発繰下げに伴うダイヤ変更
京成グループ 車両の動き(2020年度)

年度末ということで、京成グループにおける2020年度の車両の動きをまとめてみよう。2020年度、京成電鉄は3100形8両編成2本を導入した。2本はいずれも成田スカイアクセス線仕様の3150番台で...

京成グループ 車両の動き(2020年度)
四直珍列車研究 113 - 平日 2361K

29年間、おつかれさま。平日2361Kレは、西馬込始発通勤特急京成佐倉行である。京成本線の下り終電として走る同列車だが、3月27日に実施される終電繰上げ・始発繰下げに伴うダイヤ変更により運転を...

四直珍列車研究 113 - 平日 2361K