KSWeb

鉄道やバスなど、公共交通に関するディープな話題をお届けしています。

etc...

エトセトラ

2019.08.21

東京都交通局、京成電鉄(芝山鉄道)、京急電鉄、北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)の様々な車両が入り乱れ、百花繚乱の直通運転を行っている"四直"。その中でも、唯一無二の形態を持つ車両たちが我々をさらに楽しませてくれている。そんな「四直の異端車たち」を適当に紹介していこう。

Y52853.jpg

京成3600形 3668編成
2016.5.26/ユーカリが丘〜うすい

▲普通成田空港行として走る京成3600形3668編成。「ターボくん」として親しまれている同編成だが、四直随一の異端車でもある

「四直の異端車たち」では、過去4回にわたり四直界隈の変な車両を取り上げてきたつもりである。そして、最終回となる5回目にご登場いただくのはやはりこの車両をおいて他にはないだろう、変なヤツof変なヤツ、京成3600形3668編成である。編成は上野方から3668-3621-3608-3601-3628-3661という6両編成だったが、2017年2月に3000形の増備に伴って中間の3608と3601が廃車になり、現在は4両編成として走っている。

3668編成が異端車であることは、まずその見た目からして明らかであろう。2+2+2というふうに組成されていた6両編成からは、明らかに何かありそうな雰囲気が漂っている。どうして先頭車両ばかりの編成になっているか・・・は、広く知られているところだと思うが、改めて説明すると、編成を組換えた際に余った車両を寄せ集めてつくったため。京成では1997〜1999年にかけて3600形の6両編成→8両編成化を実施したが、既存の車両だけで組換えを行ったため、先頭車両が6両ばかり余ってしまった。その6両を廃車にすることなく、有効活用した結果が3668編成だった。

そして、見た目だけではなく3668編成をさらに異端車たらしめているのが床下の機器類。元来の3600形の先頭車は制御車であるため、それらを繋いだだけでは自走することができない。そこで、編成を組成するにあたり3668、3621、3628、3661の4両が電動車化され、3700形に準じたVVVFインバーター制御の電動車になった。

他方、電動発動機(MG)や空気圧縮機(CP)といった補機類は3100形など赤電からの再用品とされている。この結果、3668編成は赤電世代のMGやCP、3600形世代のコルゲート付ステンレス車体、3700形世代のVVVFインバーターという3世代が同居することになった。3600形なのに古風なMGやCPの音がするかと思ったら、3700形と同じ音で走り出すわけである。こんなメチャクチャな電車、京成随一どころか全国的に見てもトップクラスの変態車両であろうかと思われる。

ただし、全ての車両が先頭車というのはあくまでも見た目だけ。各車の車種は3668(M1c)-3621(M2)-3608(T1)-3601(T2)-3628(M1)-3661(M2c)とされており、先頭車然とした中間車はれっきとした中間車である。中間車となった元先頭車の運転台は機能が殺されて使用不可となったため、乗務員室だった部分は完全なデッドスペースと化している。したがって、例えば2+2+2を分割して2両で走らせる、などといったことはできない。

そんな3668編成は「ターボくん」として親しまれている。もとは「ターボ車」として乗務員から広まった非公式な愛称(?)だが、今では広く認知されており、TwitterをはじめとしたSNSなどでもその名を目にすることができる。「ターボ」の由来は、一説によれば、3700形と同等の性能であるはずなのにどういうわけか3700形よりよく走りよく止まる(加速が良くてブレーキもよく効く)から、ということのよう。

D30660.jpg

京成3600形 3668編成
2018.8.14/お花茶屋

▲2017年2月に中間の2両が廃車となり、4両編成になった3668編成。ダイヤ改正により4両編成の運用が削減され、現在は上野に入線する機会は失われている

さて、3600形の廃車が進んでいる現状において、3668編成ははたしてどうなるだろうか。3668編成の動向を考える上で難しいのが、3668編成がVVVFインバーター制御の4両編成ということ。3600形の廃車が進んでいるとは言え、それはあくまでもチョッパ制御の8両編成の話。3668編成とは分けて考える必要があろうかと思われる。

また、4両編成ということで、4両編成には3500形もいるということに注意したい。3668編成と3500形を比べた場合、3668編成の方が車体も足回りも新しい。したがって、3668編成よりも3500形の廃車の方が先行する可能性がある。他方、新車として導入される3100形が8両編成という点で、しばらく4両編成の置換えがなさそうな雰囲気も漂っている。これらを勘案すると、3600形の8両編成がいなくなっても3668編成だけはしばらく生き残りそうな感じ・・・?

関連記事

四直の異端車たち 4 - 芝山鉄道3500形

東京都交通局、京成電鉄(芝山鉄道)、京急電鉄、北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)の様々な車両が入り乱れ、百花繚乱の直通運転を行なっている"四直"。その中でも、唯一無二の形態を持つ車両たちが我々を...

四直の異端車たち 4 - 芝山鉄道3500形
四直の異端車たち 3 - 北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)9200形・9800形

東京都交通局、京成電鉄(芝山鉄道)、京急電鉄、北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)の様々な車両が入り乱れ、百花繚乱の直通運転を行なっている"四直"。その中でも、唯一無二の形態を持つ車両たちが我々を...

四直の異端車たち 3 - 北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)9200形・9800形
四直の異端車たち 2 - 京急新1000形1367編成

東京都交通局、京成電鉄(芝山鉄道)、京急電鉄、北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)の様々な車両が入り乱れ、百花繚乱の直通運転を行なっている"四直"。その中でも、唯一無二の形態を持つ車両たちが我々を...

四直の異端車たち 2 - 京急新1000形1367編成
四直の異端車たち 1 - 都営5300形5327編成

東京都交通局、京成電鉄(芝山鉄道)、京急電鉄、北総鉄道(千葉ニュータウン鉄道)の様々な車両が入り乱れ、百花繚乱の直通運転を行なっている"四直"。その中でも、唯一無二の形態を持つ車両たちが我々を...

四直の異端車たち 1 - 都営5300形5327編成
京成3600形3668編成 4両編成に

京成3600形3668編成、約17年半ぶりに4両編成に。3600形では唯一の6両編成となっている3668編成が2月16日をもって6両編成としての運用を終了し、4両編成となっている。3668編成の...

京成3600形3668編成 4両編成に

最新記事

東京BRT プレ運行開始 1 - 東京BRTの概要

祝・東京BRTプレ運行開始。2020年10月1日、東京BRTが開業した。まずはプレ運行(1次)ということで虎ノ門ヒルズ~新橋~晴海BRTターミナルの1系統のみの運行となっているが、11月のある日...

東京BRT プレ運行開始 1 - 東京BRTの概要
夜行快速「ムーンライトながら」の思い出

さようなら、ムーンライトながら。1月22日、JR東海は春の臨時列車の運転計画の中で臨時快速「ムーンライトながら」の運転終了を発表した。人々の行動様式の変化による列車の使命の薄れや使用車両の...

夜行快速「ムーンライトながら」の思い出
京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む

2月18日、運輸安全委員会は2019年9月5日に発生した京急線神奈川新町駅構内における踏切脱線事故についての調査報告書を公開した。私としてもこの事故がどうして起きてしまったのか気になっていた...

京急線 神奈川新町駅構内における踏切脱線事故の調査報告書を読む
京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング

やるのか、やらないのか。1月下旬より、京成AE形にて「東京オリンピック・パラリンピック」のラッピング電車が走っている。ラッピングの対象となっているのはAE8編成。当該のラッピングについては、京成...

京成AE形 「東京オリンピック・パラリンピック」ラッピング
京急大師線 干支ヘッドマーク(2021年)

京急大師線、毎年恒例の干支ヘッドマーク。京急電鉄では、1月1日より毎年恒例となっている大師線の干支ヘッドマークの掲出を実施した。今年の干支は丑で、大師線を走る1500形に2種類のヘッドマークが...

京急大師線 干支ヘッドマーク(2021年)

京成タグはありません